東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカバヤシ オサム   Nakabayashi Osamu
  中林 修
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   助教
    (最終更新日:2019-08-14 11:19:04)
■ 学位
1. 博士(農学)
■ 刊行論文
1. 原著  Depletion of myeloid cells exacerbates hepatitis and induces an aberrant increase in histone H3 in mouse serum 2017/01
2. 総説  FLIP the Switch: Regulation of Apoptosis and Necroptosis by cFLIP. 2015/12
3. 原著  A single base-pair deletion in exon 7 in qgaa1 gene responsible for acid maltase deficiency in Japanese quail (Coturnix coturnix japonica). 2005/01
4. 原著  Z and W chromosomes of chickens 2002/04
5. 原著  Transcripts of the MHM region on the chicken Z chromosome accumulate as non-coding RNA in the nucleus of female cells adjacent to the DMRT1 locus 2001/04
■ 学会発表
1. MIND BOMB-2はcFLIPLをユビキチン化することで細胞死を抑制する (口頭発表,一般) 2017/12/08
2. ネクロプトーシスをモニターするFRETバイオセンサーによるDAMPs放出メカニズムの解明 (口頭発表) 2017/12/08
3. 肝特異的cFLIP低発現マウスを用いた肝障害モデルの解析 (口頭発表,一般) 2017/07/25
4. 細胞死制御因子cFLIPの肝細胞特異的欠損マウスを用いた肝障害モデルにおけるクッパー細胞および骨髄由来細胞の役割 (口頭発表,一般) 2016/09/26
5. ネクロプトーシスをモニターするFRETプローブの開発 (口頭発表,一般) 2016/09/10
6. SPB構成因子Cdc31のDNA複製開始における制御機構の解析 (口頭発表,一般) 2014/06/12
7. 分裂酵母のSPB構成因子Cdc31のG1-S期における機能解析 (口頭発表,一般) 2014/03/29
8. 分裂酵母におけるMcm6発現系を用いた細胞周期の解析 (ポスター,一般) 2012/12/16
9. 細胞周期におけるSPB構成因子cdc31pの機能解析 (口頭発表,一般) 2012/11/09
10. DNA複製開始におけるSPB構成因子cdc31pの機構解析 (口頭発表,一般) 2011/02/18
全件表示(18件)
■ 職歴
1. 2007/04~2014/11 東邦大学 医学部 医学科 助教
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  敗血症におけるヒストン誘導性細胞死の機構解明 挑戦的萌芽研究