東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナガタ キサブロウ   Nagata Kisaburou
  永田 喜三郎
   所属   東邦大学  理学部 生物分子科学科
   職種   教授
    (最終更新日:2019-08-14 11:19:04)
■ 学位
1. 博士(薬学)
■ 刊行論文
1. 原著  Changes in the function and phenotype of resident peritoneal macrophagesafter housing in an enriched environment. 2018/12
2. 原著  Protective effect of pre- and post-vitamin C treatments on UVB-irradiation-induced skin damage. 2018/11
3. 原著  Skewing of peritoneal resident macrophages toward M1-like is involved in enhancement of inflammatory responses induced by secondary necrotic neutrophils in aged mice. 2016/07
4. 原著  Suppression of macrophage-mediated phagocytosis of apoptotic cells by soluble β-glucan due to a failure of PKC-βII translaction. 2016/01
5. 原著  Attenuated phagocytosis of secondary necrotic neutrophils by macrophages in aged and SMP30 knockout mice. 2016/01
6. 原著  Cytokine Secretion from human monocytes potentiated by P-selectin-mediated cell adhesion. 2013/01
7. 原著  The importance of infiltrating neutrophils in SDF-1 production leading to regeneration of the thymus after whole-body X-irradiation. 2011/02
8. 原著  Neurophils accelerate macrophage-mediated digestion of apoptotic cells in vivo as well as in vitro 2005/05
9. 原著  Inhibition by adiponectin of IL-8 production by human macrophages upon coculturing with late apoptotic cells 2005/09
10. 原著  Pivotal Advance; A suppressive role of nitric oxide in MIP-2 production by macrophages upon coculturing with apoptotic cells 2006/04
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. ヒト培養表皮を用いた紫外線照射によるビタミンCの細胞傷害抑制効果 (ポスター,一般) 2016/11/30
2. 様々ながんにおける腫瘍抑制遺伝子PHLDA3の機能喪失型変異の同定と機構解析 (ポスター,一般) 2016/12/01
3. ネクローシス細胞により誘導される炎症応答におけるS100A8およびA9の役割 (口頭発表,一般) 2015/11/20
4. 老化マウスでは、マクロファージの貪食能が減弱する (ポスター,一般) 2014/12/11
5. 好中球の浸潤は、水浴ストレス下におけるマウス胃粘膜傷害に必須である。 (ポスター,一般) 2015/11/18
6. マクロファージによるアポトーシス細胞貪食のβ-グルカンを介する抑制機構 (ポスター,一般) 2015/11/19
7. β-グルカンを介するマクロファージによるアポトーシス細胞の貪食の抑制機構 (ポスター,一般) 2014/12/11
8. マウスストレス誘導型胃障害における好中球浸潤と虚血との関係 (ポスター,一般) 2014/12/11
9. Macrophage in aged mice are pre-activated. (口頭発表,一般) 2012/12/05
10. The role of S100A9 protein in the late stage of inflammatory response induced necrotic cells. (ポスター,一般) 2012/12/07
全件表示(92件)
■ 職歴
1. 2008/04~2016/03 東邦大学 理学部 生物分子科学科 准教授
■ 所属学会
1. 1992/12 日本免疫学会
2. 1993 日本生化学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~2000/03  プレB細胞受容体シグナルによりチロシンリン酸化される36kDタンパク質の解析 文部省科学研究費補助金(奨励(A)) 
2. 2000/04~2002/03  プレB細胞受容体シグナルによりチロシンリン酸化される新規36kD蛋白質の機能解析 文部省科学研究費補助金(奨励(A)) 
3. 2004/04~2006/03  貪食巣におけるマクロファージによる炎症反応の制御機構の解明 文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B)) 
4. 2007/04~2009/03  好中球による自然免疫応答活性化の仕組みの解明とその応用 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C)) 
5. 2009/04~2012/03  ネクローシス細胞が誘発する炎症応答の発症および終息におけるDAMPsの役割 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C)) 
6. 2012/04~2015/03  死細胞により誘導される炎症応答に対して老化が及ぼす影響とそのメカニズムの解明 基盤研究C