東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ソネ マサキ   Sone Masaki
  曽根 雅紀
   所属   東邦大学  理学部 生物分子科学科
   職種   准教授
    (最終更新日:2019-08-14 11:19:04)
■ 学位
1. 博士(理学)
■ 刊行論文
1. 原著  Characterization of the activity of beta-galactosidase from Escherichia coli and Drosophila melanogaster in fixed and non-fixed Drosophila tissues 2016/12
2. 原著  Systematic analysis of fly models with multiple drivers reveals different effects of Ataxin-1 and Huntigtin in neuron subtype-specific expression. 2014/12
3. 原著  Systems biology alalysis of Drosophila in vivo screen data elucidates core networks for DNA damage repair in SCA1. 2013/10
4. 原著  A functional deficiency of TERA/VCP/p97 contributes to impaired DNA repair in multiple polyglutamine diseases. 2013/05
5. 原著  A restricted level of PQBP1 is needed for the best longevity of Drosophila. 2013/01
6. 原著  Ku70 alleviates neurodegeneration in Drosophila models of Huntington's disease. 2011/11
7. 原著  Drosophila PQBP1 regulates learning acquisition at projection neurons in aversive olfactory conditioning. 2010/10
8. 原著  Suppression of the novel ER protein Maxer by mutant ataxin-1 in Bergman glia
contributes to non-cell-autonomous toxicity. 2010/06
9. 原著  Mutant huntingtin impairs Ku70-mediated DNA repair. 2010/05
10. 原著  Loss of yata, a novel gene regulating the subcellular localization of APPL, induces deterioration of neural tissues and lifespan shortening. 2009/02
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. APPタンパク質の細胞内輸送異常を示すショウジョウバエyata変異体複眼においてみられる細胞内微細形態異常 (ポスター,一般) 2017/12/08
2. yata機能欠損によるAPPシナプス輸送特異的阻害のショウジョウバエアルツハイマー病モデル表現型への効果 (ポスター,一般) 2017/12/08
3. シナプス間隙タンパク質HigはDα5サブユニットを介してアセチルコリン受容体の集積を制御する (ポスター,一般) 2017/12/06
4. yata機能欠損によるAPPシナプス輸送の特異的阻害によるショウジョウバエアルツハイマー病モデルの病態回復 (口頭発表,一般) 2017/07/21
5. シナプス間隙タンパク質Higと特定のアセチルコリン受容体サブユニットとの相互作用によるアセチルコリン受容体集積の調節 (ポスター,一般) 2017/07/21
6. 自閉症感受性遺伝子Auts2欠損による大脳神経細胞の過剰なシナプス形成の誘発 (ポスター,一般) 2017/07/20
7. Effect of specific inhibition of synaptic delivery of APP by loss-of-function of yata in the Drosophila Alzheimer's disease model. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/01/25
8. アセチルコリン受容体集積を制御する分泌性シナプス間隙タンパク質Hig (ポスター,一般) 2016/12/02
9. ショウジョウバエHikaru genkiタンパク質のシナプス輸送における発生時期特異的な制御機構 (ポスター,一般) 2016/12/02
10. yata機能欠損によるAPPシナプス輸送阻害のショウジョウバエアルツハイマー病モデルへの効果 (ポスター,一般) 2016/12/01
全件表示(74件)
■ 学歴
1. 1986/04~1990/03 東京大学 理学部 生物化学科 卒業 学士(理学)
2. 1990/04~1992/03 東京大学 理学系研究科 生物化学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 1992/04~1995/03 東京大学 理学系研究科 生物化学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 1996/10/28
(学位取得)
東京大学 博士(理学)
■ 職歴
1. 1995/04~1997/06 国立精神神経センター 神経研究所 流動研究員
2. 1997/07~2000/03 科学技術振興事業団 科学技術特別研究員
3. 2000/04~2002/10 京都大学 医学研究科 日本学術振興会特別研究員
4. 2002/11~2003/09 科学技術振興事業団 さきがけ研究者
5. 2003/10~2006/03 独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ研究者
6. 2004/05~2005/03 京都大学 医学研究科 助教授(特任)
7. 2005/04~2007/01 京都大学 医学研究科 COE助教授
8. 2007/02~2010/03 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 特任講師
9. 2010/04~2012/03 東邦大学 理学部 生物分子科学科 講師
10. 2012/04~ 東邦大学 理学部 生物分子科学科 准教授
■ 現在の専門分野
遺伝・染色体動態, 分子生物学, 細胞生物学, 発生生物学, 神経生理学・神経科学一般, 基盤・社会脳科学 (キーワード:ショウジョウバエ) 
■ ホームページ
   http://www.lab.toho-u.ac.jp/sci/biomol/sone/index.html
■ 所属学会
1. 1990/08~ 日本分子生物学会
2. 1995/04~ 日本神経科学学会
3. 1997/04~ 日本発生生物学会
4. 1999/04~ 北米神経科学学会
5. 2005/04~ 日本生化学会
6. 2005/04~2009/03 ∟ 「生化学」企画協力委員
7. 2009/07~ 日本認知症学会
8. 2010/04~ 日本神経学会
9. 2012/01~ 日本動物学会
■ 受賞学術賞
1. 2018/03 教育賞
■ 取得特許
1. 2011/02/18 アルツハイマー病発症機構に関わる遺伝子(4694189)
2. 2013/02/26 細胞種選択的に光活性化可能なケージド化合物
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2011/03  神経変性の分子メカニズム:ショウジョウバエ遺伝学を用いた解析 平成22年度理学部スタートアップ研究 
2. 2011/04~2012/03  モデル動物を用いた神経変性疾患の新しい治療標的・治療法の探索  
3. 2011/04~2014/03  細胞内蛋白質輸送の異常によって生じる神経変性機構 基盤研究(C) 
4. 2014/04~2017/03  個体遺伝学による神経変性の普遍的分子機構解明:細胞内蛋白質輸送異常の関与 基盤研究(C)