(最終更新日:2020-03-10 10:42:04)
  キムラ ソウイチロウ   Kimura Soichiro
  木村 聡一郎
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授

学位


博士(農学)

刊行論文


1. 原著  Pneumococcal conjugate vaccine modulates macrophage-mediated innate immunity in pneumonia caused by Streptococcus pneumoniae following influenza 2020/04
2. 原著  Does vitamin D3 prevent the inhibitory effect of vancomycin on osteoblasts? 2019/11/26
3. 原著  Equol Inhibits Growth and Spore Formation of Clostridioides difficile 2019/08
4. 原著  Analysis of synergy between beta-lactams and anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents from the standpoint of strain characteristics and binding action 2019/03
5. 原著  Role of interleukin-17 in a murine community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus pneumonia model 2019/02
6. 原著  Evidence of latent molecular diversity determining the virulence of community-associated MRSA USA300 clones in mice. 2018/09
7. 原著  Mupirocin at Subinhibitory Concentrations Induce Biofilm Formation in Staphylococcus aureus 2018/04
8. 原著  Metformin Mediates Protection against Legionella Pneumonia through Activation of AMPK and Mitochondrial Reactive Oxygen Species 2018/01
9. その他  緑膿菌感染症 2018/01
10. 原著  Azithromycin Modulates 3ʹ,5ʹ-cyclic Diguanylic Acid Signaling in Pseudomonas aeruginosa 2017/06
全件表示(67件)

著書


1. 部分執筆  MRSAの病原性「MRSA -基礎・臨床・対策- 改訂版」 2010/08
2. 翻訳  イラストレイテッド微生物学[第2版] 2009/07
3. その他  レンサ球菌(連鎖球菌), イラストレイテッド微生物学(2版)(山口惠三,松本哲哉監訳)p87-99 2008/01
4. その他  MRSAの病原性, MRSA-基礎・臨床・対策(河野 茂編) 2006/04
5. その他  New insights into pathogenesis of Legionella pneumophila infection; from bedside findings to animal models, Legionella, State of the art 30 years after its recognition(Nicholas P. Cianciotto et al) 2006/04

学会発表


1. 肺炎球菌に対する宿主応答の基礎的解析 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/02/19
2. Prevention Of The Inhibitory Effect Of Vancomycin On Osteogenesis By Co-administration Of Vitamin D3 (ポスター,一般) 2020/02/08
3. 肺炎球菌性重症化肺炎マウスモデルを利用した疾患感受性遺伝領域の探索 (口頭発表,一般) 2019/08/28
4. バンコマイシンの骨形成阻害作用の解析と阻害緩和能を有する活性型ビタミンD3の有用性 (口頭発表,一般) 2019/07/19
5. Japanese traditional herbal medicine "Hochu-ekki-to" promotes clearance of pneumococcal nasopharyngeal colonization via macrophage activation in mice (ポスター,一般) 2019/04/13
6. マウス志賀毒素投与モデルにおける尿細管間質障害の組織学的検討 (口頭発表,一般) 2019/03/02
7. 不思議なミクロの世界 -目からウロコの微生物学講座- 肺炎球菌 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/02/03
8. インフルエンザ後の二次性肺炎球菌肺炎マウスモデルにおける肺炎球菌結合型ワクチンの自然免疫活性化作用の検討 (口頭発表,一般) 2018/10/25
9. Quorum sensing機構とc-di-GMPシグナル伝達機構を介した緑膿菌の病原性およびバイオフィルムへの影響 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/08/28
10. 肺炎球菌保菌マウスモデルを利用した病態解析 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/03/29
全件表示(135件)
プロフィール

職歴


1. 2005/08~2007/03 東邦大学 医学部 医学科 助手
2. 2007/04~2016/05 東邦大学 医学部 医学科 助教
3. 2010/04~2013/03 文京学院大学 保健医療技術学部 非常勤講師
4. 2012/04~ 東邦大学大学院 医学研究科看護学専攻 兼担講師
5. 2013/08~2014/07 University of Michigan Department of Pathology Visiting Research Scholar
6. 2014/08~2014/12 University of Michigan Department of Pathology Senior Research Fellow
7. 2015/04~ 文京学院大学 保健医療技術学部 非常勤講師

受賞学術賞


1. 2011/02 緑膿菌感染症研究会・みのるメモリアル賞(研究奨励賞)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2003/09~2003/09  CTX-M型ラクタマーゼのセフタジジム分解性における167番目のアミノ酸変異の役割  
2. 2004/10~2004/11  Mutational substitution at a Position 167 Plays a Critical Role in Ceftazidime Hydrolysis in CTX-M-type beta-lactamase Family  
3. 2005/09~2005/09  CTX-M型ラクタマーゼ群が167番目のアミノ酸の変異によりセフタジジムを分解する可能性  
4. 2006/04~2008/03  Quorum-sensing分子を利用した異属細菌間情報伝達システムの解析  
5. 2007/04~2008/03  環境中におけるAutoinducer分子を介した多種生物間コミュニケーションシステムの解析  
6. 2008/04~2011/03  肺炎球菌性肺炎の重症化に関わる新規疾患感受性遺伝子の探索と解析  
7. 2011/04~2014/03  環状ジグアニル酸を介する病原性制御機構をターゲットとした新規感染症治療法の探索  
8. 2011/04~2012/03  細菌の病原性に基づいた新規感染症治療薬およびそのターゲット分子の探索  
9. 2013/08~2014/08  細菌性肺炎の自然免疫に関わる各種T細胞の挙動および免疫終息因子に関する研究  
10. 2017/04~2021/03  肺炎球菌性肺炎の重症化に関わる疾患感受性遺伝子の同定とその機能解析