東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  トミダ タイチロウ   Tomida Taichiro
  冨田 太一郎
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 博士(医学)
■ 刊行論文
1. 原著  A FRET biosensor for necroptosis uncovers two different modes of the release of DAMPs 2018/10
2. その他  FRETを用いたイメージング技術 2017/12
3. その他  p38活性のオシレーションと炎症遺伝子の制御 2017/12
4. 原著  Oscillation of p38 activity controls efficient pro-inflammatory gene expression. 2015/09
5. 原著  Spatio-temporal Dynamics and Mechanisms of Stress Granule Assembly 2015/06
6. 原著  MCRIP1, an ERK substrate, mediates ERK-induced gene silencing during epithelial-mesenchymal transition by regulating the co-repressor CtBP. 2015/04
7. 総説  Visualization of the spatial and temporal dynamics of MAPK signaling using fluorescence imaging techniques 2015/01
8. 原著  The Temporal Pattern of Stimulation Determines the Extent and Duration of MAPK Activation in a Caenorhabditis elegans Sensory Neuron 2012/10
9. 原著  Stimulus-specific distinctions in spatial and temporal dynamics of stress-activated protein kinase activity as revealed by a fluorescent resonance energy transfer biosensor. 2009/11
10. 原著  Transmembrane mucins Hkr1 and Msb2 are putative osmosensors in the SHO1 branch of yeast HOG pathway. 2007/08
全件表示(14件)
■ 著書
1. 部分執筆  炎症シグナルにおけるp38活性オシレーションの解析「実験医学(増刊) 生命科学で使えるはじめての数理モデルとシミュレーション」 2017/03
2. 部分執筆  Stochastic simulations of stress granules., Protein modifications in pathogenic dysregulation of signaling. 2015/09
■ 学会発表
1. STARD10 promotes lipid droplet formation cooperatively with LPCAT1 (ポスター,一般) 2019/03/30
2. Insulin signaling deficiency is responsible for diastolic dysfunction of diabetic cardiomyopathy (ポスター,一般) 2019/03/29
3. Single-cell imaging analysis of inflammatory JNK signaling (ポスター,一般) 2019/03/29
4. 糖尿病に起因した心室拡張障害の分子機序 (口頭発表,一般) 2019/03/16
5. 骨格筋形成の細胞融合のシグナル伝達 (口頭発表) 2019/03/14
6. 脂質転移タンパク質とリゾリン脂質アシル基転移酵素による脂肪滴形成促進機構 (口頭発表,一般) 2019/03/14
7. 肝細胞脂肪滴形成における脂質転移タンパク質STARD10 (Steroidogenic acute regulatory protein-related lipid transfer domain containing 10) の役割について (口頭発表,一般) 2018/12/15
8. 炎症シグナルにおけるJNK制御の1細胞可視化解析 (口頭発表,一般) 2018/12/07
9. 糖尿病性心筋症の病態進展に寄与するCa2+シグナル制御破綻の分子機序 (口頭発表,一般) 2018/12/07
10. Molecular mechanism of diastolic dysfunction in the early stage of diabetic cardiomyopathy (ポスター,一般) 2018/11/30
全件表示(75件)
■ 学歴
1. 1993/04~1997/03 東京大学 薬学部 薬学科 卒業
2. 1998/04~2000/03 東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2000/04~2004/03 東京大学大学院 医学系研究科 機能生物学専攻 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2004/04~2004/10 東京大学 医科学研究所・分子細胞情報分野 博士研究員(常勤)
2. 2004/11~2007/03 東京大学 医科学研究所・分子細胞情報分野 助手
3. 2007/04~2015/03 東京大学 医科学研究所・分子細胞情報分野 助教
■ 現在の専門分野
生理学一般, 薬理学一般, 機能生物化学 (キーワード:細胞内情報伝達、蛍光生体イメージング、シミュレーション) 
■ 所属学会
1. 2000 日本薬理学会
2. 2015/04~ ∟ 評議員
3. 2016/10~2018/09 ∟ 代議員
4. 2018/10~ ∟ 代議員(2期)
5. 2014/04~ 日本生理学会
■ 受賞学術賞
1. 2014 第130回日本薬理学会関東部会 Young Investigator Award
■ その他
Google Scholar
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2009/03  MAPKKK活性化のリアルタイムな可視化によるストレス受容機構の研究 若手研究B 
2. 2009/04~2011/03  MAPKKK活性化の時空間動態を指標とするストレス受容機構の研究 若手研究B 
3. 2009/04~2011/03  MAPKリン酸化シグナルのイメージングによる線虫の環境応答行動の研究 新学術領域研究「神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学」 公募研究 
4. 2010/06~2015/03  SUMO化及びO-GlcNAc化によるMAPキナーゼ経路の活性制御機構と疾患 新学術領域研究「修飾シグナル病」 計画研究 
5. 2011/04~2013/03  JNKとp38キナーセ活性の可視化と操作によるストレス応答の特異性決定機構の研究 若手研究B 
6. 2011/04~2013/03  感覚神経MAPK制御のリアルタイムな可視化による線虫の環境応答行動の研究 新学術領域研究「神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学」 公募研究 
7. 2013/04~2016/03  MAPキナーゼ活性化動態の可視化と操作によるストレス応答特異性決定機構の解明 基盤研究C 
8. 2015/07~2016/03  東邦大学医学部プロジェクト研究:光学的MAPK活性操作による細胞生死シグナル制御機構の研究  
9. 2016/04~  光学的MAPK活性操作による細胞生死シグナル制御機構の研究 基盤研究(C) 
10. 2016/04~2017/03  代謝性疾患に起因した細胞内カルシウムシグナル制御の破綻による不整脈発症機構の研究  
全件表示(14件)