(最終更新日:2020-07-31 15:53:13)
  フジエ トモヤ   Fujie Tomoya
  藤江 智也
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   講師

学位


博士(薬学)

刊行論文


1. 原著  Possible mechanisms underlying transcriptional induction of metallothionein isoforms by tris(pentafluorophenyl)stibane, tris(pentafluorophenyl)arsane, and tris(pentafluorophenyl)phosphane in cultured bovine aortic endothelial cells. 2019/05
2. 原著  Urinary trimethyl tin reflects blood trimethyl tin in workers recycling organotins. 2019/03
3. 原著  Bis(1,4-dihydro-2-methyl-1-phenyl-4-thioxo-3-pyridiolato)zinc(II) exhibits strong cytotoxicity and a high intracellular accumulation in cultured vascular endothelial cells 2019/02
4. 原著  Zinc complexes that suppresses the expression of a reactive sulfur species-producing enzyme, cystathionine γ-lyase, in cultured vascular endothelial cells 2018/12
5. 原著  Copper(II) bis(diethyldithiocarbamate) induces the expression of syndecan-4, a transmembrane heparan sulfate proteoglycan, via p38 MAPK activation in vascular endothelial cells 2018/10
6. 原著  Synergistic cytotoxicity caused by forming a complex of copper and 2,9-dimethyl-1,10-phenanthroline in cultured vascular endothelial cells 2017/12
7. 原著  Copper diethyldithiocarbamate as an inhibitor of tissue plasminogen activator synthesis in cultured human coronary endothelial cells 2017/10
8. 総説  Toxicology of organic-inorganic hybrid molecules: Bio-organometallics and its toxicology 2016/12
9. 原著  Magnetic resonance imaging of leukoencephalopathy in amnestic workers exposed to organotin 2016/12
10. 原著  Transcriptional induction of metallothionein by tris(pentafluorophenyl)stibane in cultured bovine aortic endothelial cells 2016/08
全件表示(17件)

著書


1. 部分執筆  メタロチオネイン誘導機構解析ツールとしての有機-無機ハイブリッド分子「理大 科学フォーラム」 2018/02
2. 部分執筆  転写因子Nrf2は動脈硬化進展を抑制する?「ファルマシア」 2013/12
3. 部分執筆  領域を超えて金属・金属化合物を語ろう「薬事日報」 2013/03

学会発表


1. TGF-β1による血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/10/29
2. 鉛による血管内皮細胞の活性イオウ分子合成酵素CSE発現の誘導とその機構 (ポスター,一般) 2019/10/30
3. 血管内皮細胞におけるカドミウムおよび鉛の相互作用 (ポスター,一般) 2019/10/30
4. 血管内皮細胞において銅錯体Cu10はERK/p38MAPK経路を介して活性イオウ分子産生酵素CSEの転写を誘導する (ポスター,一般) 2019/10/29
5. カドミウムの内皮細胞毒性を担う金属輸送体ZIP8発現誘導とその機構 (ポスター,一般) 2019/10/29
6. 血管細胞における生体防御の解析ツールとしての有機-無機ハイブリッド分子 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/08/31
7. カドミウムによる血管内皮細胞の金属輸送体ZIP8の発現誘導はJNK-NF-κB経路によって介在される (ポスター,一般) 2019/08/31
8. 血管内皮細胞において銅錯体Cu10が活性化したERK/p38 MAPK経路によって介在される活性イオウ分子産生酵素CSEの転写誘導 (ポスター,一般) 2019/08/31
9. 有機-無機ハイブリッド分子による内皮細胞の生体防御機構解析 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/08/22
10. 血管内皮細胞において銅錯体Cu10はERK/p38 MAPK経路を介して活性イオウ分子産生酵素CSEの転写を誘導する (口頭発表,一般) 2019/08/22
全件表示(95件)
プロフィール

学歴


1. 2007/04~2013/03 東京理科大学 薬学部 薬学科 卒業
2. 2013/04~2016/03 東京理科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士課程修了 博士(薬学)

職歴


1. 2016/04~ 東邦大学 薬学部 助教
2. 2016/04~2018/03 東邦大学 薬学部 薬学科 助教
3. 2018/04~ 東邦大学 薬学部 講師
4. 2018/04~ 東邦大学 薬学部 薬学科 講師

現在の専門分野


キーワード:環境健康学、バイオオルガノメタリクス、毒性学 

ホームページ


   https://www.c-yamamoto.phar.toho-u.ac.jp/

所属学会


1. 2011/04~ 日本毒性学会
2. 2018/07~ ∟ 生体金属部会 幹事
3. 2019/06~ ∟ 評議員
4. 2011/08~ 日本薬学会

受賞学術賞


1. 2012/03 日本薬学会 日本薬学会第132年会 学生優秀発表賞
2. 2014/09 日本薬学会 日本薬学会環境・衛生部会 優秀若手研究者賞 (銅錯体を活用した血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導機構の解析)
3. 2017/10 日本毒性学会生体金属部会 メタルバイオサイエンス研究会2017 メタルバイオサイエンス研究会2017 実行委員長賞 (銅錯体による血管内皮細胞におけるZIP7発現の誘導を介したメタロチオネイン誘導)
4. 2018/07 日本毒性学会 日本毒性学会 ファイザー賞(高頻度被引用論文賞) (The cytotoxicity of organobismuth compounds with certain molecular structures can be diminished by replacing the bismuth atom with an antimony atom in the molecules)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2018/04~2021/03  血管内皮細胞の線溶調節を担う細胞内シグナル経路の解析  
2. 2019/04~2022/03  カドミウムの腎障害に関与する内皮細胞毒性を担う金属輸送体の発現制御機構  
3. 2019/04~2022/03  血管内皮細胞において重金属相互作用を担う責任分子と機構の解明