東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


2018年度
 理学部 生命圏環境科学科 地球環境科学部門 尾﨑研究室(地球惑星システム学研究室)
 Earth and Planetary System Science Lab

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















尾﨑 和海   講師
   1           2
 
 
 1
 
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kazumi Ozaki, Christopher T. Reinhard, Eiichi Tajika:  A sluggish mid-Proterozoic biosphere and its effect on Earth's redox balance.  Geobiology  :1 -9 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 尾﨑和海, 田近英一, Chris T. Reinhard: 原生代中期の"停滞した生物活動"とその酸素収支への影響.  地球環境史学会 年会,  仙台(東北大学 青葉山キャンパス),  2018/11
2. 尾﨑和海, Christopher T. Reinhard: 富酸素地球大気の持続期間.  日本地球化学会年会,  那覇(琉球大学),  2018/09
国際学会
1. 尾﨑和海: Effects of primitive biosphere and reductant supply from the mantle on the Earth's early climate.  地球惑星科学連合大会2018年大会,  海浜幕張,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者