東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 物理学科 素粒子物理学教室
 Particle Physics Laboratory

教授:
  小川 了
  渋谷 寛
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)  (研究課題番号:18K03680)
 研究課題:コンパクト・エマルション・スペクトロメーターを用いたタウニュートリノの研究  (研究代表者:渋谷寛, 小川了)
 研究補助金:1400000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  (研究課題番号:17H02888)
 研究課題:原子核乾板による電子ニュートリノ・原子核反応の精密測定  (研究分担者:渋谷寛)
 研究補助金:400000円  (分担)
3.  科学研究費助成事業 新学術領域研究  (研究課題番号:18H05541)
 研究課題:ニュートリノ精密測定にむけた原子核乾板開発  (研究分担者:渋谷寛)
 研究補助金:1200000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小川 了   教授
    2          1
 7
 
 
 
 
渋谷 寛   教授
    2          
 8
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. N. Agafonova, T. Fukuda, T. Matsuo, S. Mikado, S. Ogawa, H. Shibuya et al.
(The OPERA collaboration):  Final results of the search for νμ→νe oscillations with the OPERA detector in the CNGS beam.  Journal of High Energy Physics  2018 :151 , 2018
2. N. Agafonova, T. Fukuda, T. Matsuo, S. Mikado, S. Ogawa, H. Shibuya et al.
(OPERA Collaboration):  Final Results of the OPERA Experiment on ντ Appearance in the CNGS Neutrino Beam.  Physical Review Letters  120 :211801-1 -211801-7 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎佐々木真人, 大島仁, 小川了, 渋谷寛, 廣瀬寛士, 他 Ashra NTA Collaboration: Ashra による観測解析報告.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
2. ◎小松雅宏, 渋谷寛, 小川了, 松尾友和, 西村秋哉, 松本拓也, 渡部拓也, 河野歩実, 他 SHiP Collaboration: OPERA実験の最終結果とSHiP実験におけるタウニュートリノ物理.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
3. ◎小川了, 大島仁, 渋谷寛, 廣瀬寛士, 他 Ashra NTA Collaboration: Ashra/NTA 全体報告.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
4. ◎青木利文, 大島仁, 小川了, 渋谷寛, 廣瀬寛士, 他 Ashra NTA Collaboration: Ashra/NTA 実験に向けたトリガーシステムの試験観測.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
5. ◎大島仁, 渋谷寛, 小川了, 松尾友和, 森元祐介, 小坂井悠介, 他NINJA Collaboration: NINJA実験における反ミューニュートリノ-鉄 荷電カレント反応の解析.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
6. ◎福田努, 渋谷寛, 小川了, 松尾友和, 森元祐介, 大島仁, 小坂井悠介, 他NINJA Collaboration: NINJA実験によるニュートリノ-原子核反応の精密研究.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
7. ◎廣瀬寛士, 大島仁, 小川了, 渋谷寛, 他 Ashra NTA Collaboration: Ashra/NTA実験のためのMAPMTを用いたトリガーLSI開発.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
8. ◎河野歩実, 渋谷寛, 小川了, 福島知佳, 松尾友和, 森元祐介, 大島仁, 佐伯加奈, 廣瀬寛士, 他 SHiP Collaboration: SHiP実験に向けたコンパクトエマルションスペクトロメーターの開発.  日本物理学会 2018年秋季大会,  信州大学松本キャンパス(長野県松本市),  2018/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者