<<< 前 2015年度 | 2016年度
 理学部 生物学科 進化・生態学部門 分子・細胞遺伝学研究室
 Laboratory of Molecular Genetics and Cytogenetics

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















久保田 宗一郎   教授
    1          
 2
 
 1
 
 
後藤 友二   講師
   1 1          
 3
 
 1
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














久保田 宗一郎   教授
         
 
 
後藤 友二   講師
  1       
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Goto Y, Osawa D, Kubota S.:  Preferential demethylation of DNA cytosine on the chromosomes restricted to germ cells of the spermatocytes, but not the spermatogonia in inshore hagfish, Eptatretus burgeri.  Chromosome Science  19 :11 -18 , 2017
2. Hara S, Kato C, Goto Y, Kubota S, Tamano M, Terao M, Takada S.:  Microinjection-based generation of mutant mice with a double mutation and a 0.5 Mb deletion in their genome by the CRISPR/Cas9 system.  Journal of Reproduction and Development  62 :531 -536 , 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田辺駿樹、佐藤理恵子・猪田利夫・北野忠・中島淳・後藤友二・久保田宗一郎: ミトコンドリア DNAを用いた日本産ゲンゴロウ属の分子系統解析.  日本動物学会 関東支部大会,  東京、日本,  2017/03
2. ◎長尾康平、小堤朋子、茅根一美、松田真生子、後藤友二、久保田宗一郎: ヌタウナギ染色体における高頻度反復配列の分布解析.  日本染色体学会,  東京、日本,  2016/11
3. ◎岸伸行、原聡史、高田修治、後藤友二、久保田宗一郎: 円口類ヌタウナギにおける生殖細胞特異的なsmall RNAであるpiRNAの検出.  日本遺伝学会,  三島、日本,  2016/09
国際学会
1. ◎Kuwata Y, Goto Y, and Kubota S.: Chromosome elimination in hagfish species - a living fossil with two genomes.  The 22nd International Congress of Zoology and the 87th meeting of Zoological Society of Japan,  沖縄、日本,  2016/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者