東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 化学科 物性化学教室
 Material Research Laboratory

准教授:
  菅井 俊樹
講師:
  桒原 彰太
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















菅井 俊樹   准教授
              4
(4)
 7
(7)
 
 
 
 
桒原 彰太   講師
              
 3
(3)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  4
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎星野裕大, 城涼佳, 桒原彰太, 菅井俊樹: イオントラップ型移動度測定システムを用いたグラフェン量子ドットの高分解能測定.  第56回FNTG学会,  東京都文京区,  2019/03
2. ◎寺田夏樹,菅井俊樹: 気相移動度質量分析のためのイオン収束装置の開発.  第12回分子科学討論会,  福岡県博多市,  2018/09
3. ◎星野裕大, 内山史章, 菅井俊樹: トラップ型気相移動度測定装置によるグラフェン量子ドットの高分解能移動度測定.  第12回分子科学討論会,  福岡県博多市,  2018/09
4. 星野裕大,寺田夏樹,内山史章,宮本莉央奈,◎菅井俊樹: 高分解能トラップ型気相移動度システムの開発.  第12回分子科学討論会,  福岡県博多市,  2018/09
5. ◎志村 英里子, 菅井 俊樹, 桒原 彰太: 温度応答性ポリマーを用いた半導体単層カーボンナノチューブの選択的抽出.  第55回FNTG学会,  宮城県仙台市,  2018/09
6. ◎城 涼佳, 森田 博暉, 菅井 俊樹, 桒原 彰太: グラフェン量子ドット増感太陽電池の創製.  第55回FNTG学会,  宮城県仙台市,  2018/09
7. ◎内山史章,宮本莉央奈,星野裕大, 寺田夏樹,菅井俊樹: 移動度測定によるエレクトロスプレーイオン化の荷電状態の評価.  第12回分子科学討論会,  福岡県博多市,  2018/09
8. ◎星野 裕大, 寺田 夏樹, 内山 史章, 宮本 莉央奈, 菅井 俊樹: イオントラップ気相移動度複合測定システムの開発.  第55回FNTG学会,  宮城県仙台市,  2018/09
9. 星野裕大, 宮本莉央奈, 内山史章, 寺田夏樹, ◎菅井俊樹: トラップ型移動度測定システムの開発とナノ物質の測定.  第66回質量分析総合討論会,  大阪府吹田市,  2018/05
10. 星野裕大, 森田博暉, 染井一優, 陣内涼太, 宮本莉央奈, 内山史章, 寺田夏樹, ◎菅井俊樹: トラップ型気相移動度システムの開発とナノ物質の測定.  第16回ナノ学会,  東京都文京区,  2018/05
11. ◎星野裕大, 森田博暉, 染井一優, 菅井俊樹: グラフェン量子ドットの移動度測定.  移動度研究会,  東京都豊島区,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者