東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 薬学部 薬品分析学教室
 Department of Analytical Chemistry

教授:
  福島 健
講師:
  一場 秀章
助教:
  小野里 磨優
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:血清由来エクソソーム含有低~中分子の定性・定量と統合失調症リスク診断への展開  (研究代表者:小野里 磨優)
 研究補助金:1000000円  (代表)
2.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:新規モデルマウスを用いたシェーグレン症候群発症機構の解明  (研究分担者:小野里 磨優)
 研究補助金:1100000円  (分担)
3.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:ARMS患者血清中低分子濃度解析ならびに新規ARMS診断分析法の開発  (研究代表者:福島 健)
 研究補助金:700000円  (代表)
その他
1.  2019年度薬学部共同研究助成金
 研究課題:服薬困難な患者に対する服薬支援で生じる問題に関する研究  (研究分担者:小野里 磨優, 一場 秀章, 福島 健)
 研究補助金:500000円  (分担)
2.  東邦大学薬学部奨励研究
 研究課題:UHPLC-HRMSを用いたヒト血清ノンターゲットメタボロミクス研究  (研究代表者:植草 秀介(博士課程大学院生))
 研究補助金:500000円  (代表)
3.  平成31年度東邦大学学内共同研究補助金
 研究課題:精神病発症危険状態(ARMS)における血清中低分子濃度の解析  (研究代表者:福島 健)
 研究補助金:2500000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















福島 健   教授
    2          
 3
 1
 2
 
 
一場 秀章   講師
    2          
 
 
 2
 
 
小野里 磨優   助教
   2           1
 2
 1
 2
 
 
 0 2  0 0  0  1
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Onozato M, Umino M, Shoji A, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T:  Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 -1 , 2019
2. Onozato M, Okanishi Y, Akutsu M, Okumura I, Nemoto A, Takano K, Sakamoto T, Ichiba H, Fukushima T:  Alteration in plasma docosahexaenoic acid levels following oral administration of ethyl icosapentate to rats.  Practical Laboratory Medicine  1 (1) :1 -1 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎ 田形 弘実, 辻野 尚久, 小野里 磨優, 舩渡川 智之, 山口 大樹, 片桐 直之, 根本 隆洋, 福島 健, 水野 雅文: 抗精神病薬未服薬の早期精神病における血清中グルタミン酸代謝物の解析.  第29回日本臨床精神神経薬理学会,  福岡,  2019/10
2. ◎田中ゆり子, 井上彰子, 小野里磨優, 福島健, 近藤元就: シェーグレン症候群疾患モデルマウスの病態解析と発症初期新規分子マーカーの探索.  第28回 日本シェーグレン症候群学会学術集会,  徳島市,  2019/09
3. ◎小野里 磨優, 田中 ゆり子, 井上 彰子, 近藤 元就, 福島 健: LC-MS/MS によるシェーグレン症候群疾患モデルマウス血清中 L-トリプトファン及び L-キヌレニンの定量.  第32回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2019),  東京,  2019/08
国際学会
1. ◎Tsujino N, Tagata H, Onozato M, Sakamoto T, Funatogawa T, Kimura I, Katagiri N, Yamaguchi T, Nemoto T, Fukushima T, Mizuno M: Analyses of metabolites related to polyunsaturated fatty acids in serum of antipsychotic-naïve individuals with an 'at-risk mental state'(ARMS).  第6回アジア神経精神薬理学会 (AsCNP 2019),  福岡,  2019/10
2. ◎Mayu Onozato, Maho Umino, Ayako Shoji, Hideaki Ichiba, Naohisa Tsujino, Tomoyuki Funatogawa, Hiromi Tagata, Takahiro Nemoto, Masafumi Mizuno, Takeshi Fukushima: Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  The 4th International Conference of D-amino acid research (IDAR2019),  Tokyo,  2019/09
3. ◎Takeshi Fukushima, Takurou Nishizawa, Mizuho Fukuda, Shoko Furukawa, Miyu Sasaki, Tatsuya Sakamoto, Mayu Onozato, Hideaki Ichiba, Tatsumi Nagahama: Development of a chiral derivatization reagent, COXA-OSu, by LC-MS/MS and its application to determine amino acids in biological samples.  The 4th International Conference of D-amino acid research (IDAR2019),  Tokyo,  2019/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者