東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2018年度 | 2019年度
 薬学部 薬品物理化学教室
 Department of Physical Chemistry

教授:
  坂田 健
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















坂田 健   教授
    1          1
 
 1
(1)
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kazunari Nakajima, Hiroki Toda, Ken Sakata, and Yoshiaki Nishibayashi:  Ruthenium-Catalysed Oxidative Conversion of Ammonia into Dinitrogen.  Nature Chemistry  11 (8) :702 -709 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎坂田 健, 戸田 広樹, 中島 一成, 西林 仁昭: ルテニウム触媒を用いたアンモニア酸化反応に関するDFT計算.  第13回分子科学討論会,  名古屋市,  2019/09
国際学会
1. Ken Sakata, Kazunari Nakajima, and Yoshiaki Nishibayashi: Ruthenium-Catalyzed Oxidation Reactions of Dihydrogen and Ammonia: DFT Study.  10th Biennial International Conference of The Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-10),  香港,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者