<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 薬化学教室
 Department of Organic Chemistry

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















加藤 恵介   教授
    2          
 
 
 
 
 
高橋 圭介   准教授
    1          
 
 
 
 
 
日下部 太一   講師
    2          
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














加藤 恵介   教授
         
 
 
高橋 圭介   准教授
         
 
 
日下部 太一   講師
         
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kawakami S, Takada K, Aimoto M, Nagasawa Y, Kusakabe T, Kato K, Takahara A:  The antiarrhythmic action of the Na+/Ca2+ exchanger inhibitor SEA0400 on drug-induced long QT syndrome depends on the severity of proarrhythmic conditions in anesthetized atrioventricular block rabbits.  Biological & Pharmaceutical Bulletin  46 (8) :1120 -1127 , 2023
2. Kazuki Takeda, Keita Shimizu, Miyu Sato, Masafumi Katayama, Shouta M. M. Nakayama, Kotaro Tanaka, Yoshinori Ikenaka , Takuma Hashimoto, Ryuichi Minato, Yusuke Oyamada, Kazuyuki D. Tanaka, Goro Kimura, Tsutomu Tanikawa, Keisuke Kato, Taichi Kusakabe, Mayumi Ishizuka, Ryo Kamata:  Sensitivity assessment of diphacinone by pharmacokinetic analysis in invasive black rats in the Bonin (Ogasawara) Archipelago, Japan.  Pesticide Biochemistry and Physiology  199 :105767 , 2024
  :Corresponding Author
  :本学研究者