東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 薬学部 薬理学教室
 Department of Chemical Pharmacology

教授:
  田中 芳夫
講師:
  小原 圭将
  八巻 史子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 芳夫   教授
  1  5          1
 5
(1)
 
 
 
 3
小原 圭将   講師
  1 5           3
(1)
 3
 
 
 
 3
八巻 史子   講師
 1   4          1
 5
(1)
 
 
 
 3
 1 5  0 0  0  5
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Obara K, Suzuki S, Shibata H, Yoneyama N, Hamamatsu S, Yamaki F, Higai K, Tanaka Y:  Noradrenaline-induced relaxation of urinary bladder smooth muscle is primarily triggered through the β₃-adrenoceptor in rats.  Biological & Pharmaceutical Bulletin  42 (5) :736 -743 , 2019
2. Obara K, Imanaka S, Fukuhara H, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y:  Evaluation of the potentiating effects of antidepressants on the contractile response to noradrenaline in guinea pig urethra smooth muscles.  Clinical and experimental pharmacology & physiology  46 (5) :444 -455 , 2019
3. Obara K, Horiguchi S, Shimada T, Ikarashi T, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y:  Characterization of binding of antipsychotics to muscarinic receptors using mouse cerebral cortex.  Journal of pharmacological sciences  140 (2) :197 -200 , 2019
4. Obara K, Fujii A, Arie C, Harada N, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y:  Inhibition of recombinant human acetylcholinesterase activity by antipsychotics.  Pharmacology  104 (1-2) :43 -50 , 2019
総説及び解説
1. 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫:  アンジオテンシンⅡによる心筋および平滑筋の収縮機能の調節:自律神経の神経伝達物質の遊離調節を介した機序.  薬学雑誌  139 (5) :793 -805 , 2019
2. Obara K, Tanaka Y:  Effects of distigmine on the mechanical activity of urinary bladder smooth muscle.  Biological & pharmaceutical bulletin  42 (7) :1064 -1068 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小原圭将, 島田刀摩, 堀口早紀, 五十嵐巧, 八巻史子, 田中芳夫: [N-Methyl-3H]scopolamine([3H]NMS)を用いた抗精神病薬の抗コリン作用の評価.  生体機能と創薬シンポジウム2019,  東京都港区(北里大学薬学部),  2019/08
2. ◎八巻史子, 塩田菜々子, 張瀟月, 吉岡健人, 小原圭将, 田中芳夫: カテコラミン代謝物の平滑筋収縮作用に関与するα-アドレナリン受容体(α-AR)サブタイプの検討:主としてラット胸部大動脈の収縮反応を指標とした評価.  生体機能と創薬シンポジウム2019,  東京都港区(北里大学薬学部),  2019/08
3. ◎欧光瀚, 徐可悦, 梅村美穂, 金子千尋, 小林加奈美, 吉岡健人, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫: モルモット膀胱平滑筋及び胃底平滑筋の収縮反応に対するドコサヘキサエン酸(DHA)の影響の評価.  第61回日本平滑筋学会総会,  愛知県名古屋市(名古屋大学 野依記念学術交流館),  2019/08
4. ◎小原圭将, 松岡佑佳, 岩田直也, 塩田菜々子, 阿部友佳子, 池上陽平, 堀口早紀, 島田刀摩, 五十嵐巧, 服部幸芽, 濱松笙子, 吉岡健人, 八巻史子, 田中芳夫: 各種統合失調症治療薬の排尿筋収縮に対する影響の評価-アセチルコリン誘発性収縮抑制効果とムスカリン受容体結合抑制効果の関連性の検討-.  第61回日本平滑筋学会総会,  愛知県名古屋市(名古屋大学 野依記念学術交流館),  2019/08
5. ◎田中芳夫, 塩田菜々子, 張瀟月, 吉岡健人, 八巻史子, 小原圭将: 各種カテコラミン代謝物のα1-アドレナリン受容体(α1-AR)を介した薬理学作用の評価:主としてラット胸部大動脈標本の収縮反応を指標とした活性評価とα1-ARサブタイプの検討.  第61回日本平滑筋学会総会,  愛知県名古屋市(名古屋大学 野依記念学術交流館),  2019/08
6. ◎小原圭将, 八巻史子, 田中芳夫: 向精神薬による尿排出機能障害の評価-膀胱及び尿道の収縮機能に対する影響-.  第140回 日本薬理学会関東部会,  東京都品川区(星薬科大学),  2019/07
その他
1. ◎塩田菜々子, 張瀟月, 吉岡健人, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫: ノルメタアドレナリンとメタアドレナリンは α1D-アドレナリン受容体(α1D-AR)を介してラット胸部大動脈標本を収縮させる.  第3回下総薬理学研究会,  千葉県千葉市(千葉大学医学部本館),  2019/06
2. ◎松岡佑佳, 岩田直也, 阿部友佳子, 池上陽平, 塩田菜々子, 服部幸芽, 濱松笙子, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫: ラット排尿筋のアセチルコリンによる収縮反応に対する各種統合失調症治療薬の抑制効果の比較とその機序の検討.  第3回下総薬理学研究会,  千葉県千葉市(千葉大学医学部本館),  2019/06
3. ◎島田刀摩, 堀口早紀, 五十嵐巧, 八巻史子, 小原圭将, 田中芳夫: マウス大脳皮質を用いた各種統合失調症治療薬のムスカリン受容体への結合性について:アルツハイマー型認知症の周辺症状の軽減を目的として使用される統合失調症治療薬の抗コリン作用の発現を抑えた処方に向けて.  第3回下総薬理学研究会,  千葉県千葉市(千葉大学医学部本館),  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者