東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 薬理学教室
 Department of Chemical Pharmacology

教授:
  田中 芳夫
講師:
  小原 圭将
  八巻 史子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 芳夫   教授
              1
 6
 
 3
 
 3
小原 圭将   講師
              1
 6
 2
 1
 
 3
八巻 史子   講師
              2
 5
 1
 2
 1
 2
 0 0  0 0  0  4
(0)
 3
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎八巻史子, 瀧川将央, 小原圭将, 田中芳夫: アンジオテンシンⅡによる神経伝達物質の遊離調節を介した膀胱・胃底平滑筋の収縮弛緩機能の制御の可能性.  第139回薬理学会関東部会,  東京都港区西新橋(東京慈恵会医科大学),  2018/10
2. ◎張瀟月, 小池杏奈, 河野曜, 小原圭将, 八巻史子, 田中芳夫: ラット胸部大動脈におけるカテコラミン代謝物の影響.  第62回日本薬学会関東支部大会,  東京都中野区中野(帝京平成大学薬学部),  2018/09
3. ◎八巻史子, 瀧川将央, 小原圭将, 田中芳夫: アンジオテンシンⅡによる自律神経活動の調節を介した平滑筋の収縮弛緩機能の制御:膀胱平滑筋と胃底平滑筋での関与の可能性の検討.  第62回日本薬学会関東支部大会,  東京都中野区中野(帝京平成大学薬学部),  2018/09
4. ◎小原圭将, 鈴木清那, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンによるラット排尿筋の弛緩反応に関わるβ-アドレナリン受容体サブタイプの薬理学的検討.  第60回日本平滑筋学会総会,  東京都港区(東京慈恵会医科大学),  2018/08
5. ◎田中芳夫, 道野真優美, 伊藤政義, 敖琳, 澤田彩乃, 八巻史子, 小原圭将: ラット輸精管標本の交感神経電気刺激(EFS)誘発性収縮に対するクロニジンの抑制作用の回復効果を指標とした各種抗うつ薬のα2-アドレナリン受容体(α2-AR)拮抗作用の評価.  第60回日本平滑筋学会総会,  東京都港区(東京慈恵会医科大学),  2018/08
6. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: イソプレナリンによるモルモット結腸縦走筋の弛緩反応にはβ1とβ3-アドレナリン受容体が関与する.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京都, 日本,  2018/08
7. ◎藤井彩乃, 小原圭将, 八巻史子, 田中芳夫: 各種統合失調症治療薬のアセチルコリンエステラーゼ(AChE)活性阻害作用の検討.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京都大田区(大田区産業プラザPiO),  2018/08
国際学会
1. ◎Yamaki F, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S, Obara K, Higai K, Tanaka Y: Pharmacological study of β-adrenoceptor subtypes that mediate isoprenaline-induced relaxation of guinea pig colonic longitudinal smooth muscles.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018),  Kyoto, Japan (Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto)),  2018/07
2. ◎Obara K, Suzuki H, Miyatani S, Imanaka S, Fukuhara H, Yamaki F, Yoshio T, Tanaka Y: Assessment of the effects of antidepressants on contractile function of guinea pig urinary bladder and urethra.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018),  Kyoto, Japan (Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto)),  2018/07
3. ◎Obara K, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S,Yamaki F, Higai K, Tanaka Y: The β1- and β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by isoprenaline in guinea pig colonic longitudinal smooth muscle.  Adrenoceptors 2018,  Shizuoka, Japan (Granship Convention Center),  2018/06
その他
1. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: モルモット結腸縦走筋におけるβ-アドレナリン受容体を介した弛緩反応に関する研究-β1とβ3サブタイプの関与-.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市(東邦大学薬学部),  2018/06
2. ◎八巻史子, 瀧川将央, 小原圭将, 田中芳夫: 自律神経活動の調節を介したアンジオテンシンⅡによる平滑筋の収縮弛緩機構の制御:循環器系での役割と消化器・泌尿器系での関与の可能性の検討.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市(東邦大学薬学部),  2018/06
3. ◎鈴木清那, 小原圭将, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンはラット膀胱平滑筋のβ3 -アドレナリン受容体の内因性リガンドとなりうるか?.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者