東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 看護学部 看護学科 小児看護学研究室
 Department of Child Health Nursing

教授:
  出野 慶子
准教授:
  河上 智香
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















出野 慶子   教授
 1   1          
 5
(1)
 
 1
 
 
河上 智香   准教授
  1            1
 1
(1)
 
 
 
 
天野 里奈   助教
  1            1
(1)
 1
 
 
 
 
髙山 充   助教
  1            
 1
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 出野慶子,髙山充,河上智香,天野里奈,中村伸枝,金丸友:  インスリンポンプを使用している小学生の学校生活の現状.  日本糖尿病教育・看護学会誌  23 (1) :999 -999 , 2019
2. Nobue Nakamura, Yuko Yakushijin, Tomo Kanamaru, Hiroe Tani, Keiko Ideno, Aya Nakai:  Development and validity testing of the revised diabetes self-care inventory for children and adolescents.  Diabetology international  28 (September) :1 -9 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中村伸枝, 仲井あや, 雨宮歩, 中島由紀子, 下屋聡平, 出野慶子, 金丸友: インスリンポンプ療法を行う小児の皮膚トラブルと対処.  第23回日本糖尿病教育・看護学会学術集会,  茨城県水戸市,  2018/09
2. ◎岸 太一, 中田亜希子, 高山 充, 高橋瑞穂, 村上好恵, 廣井直樹: 臨床倫理検討による卒前多職種間連携教育の有用性の検討.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
3. ◎中村伸枝, 出野慶子, 金丸友, 仲井あや, 谷洋江, 薬師神裕子, 高橋弥生, 中水流彩: 1型糖尿病をもつ小学校低学年以下の子どもと親の援助指針と評価ツールの検討.  第6回日本糖尿病療養指導学術集会,  京都市,  2018/07
4. ◎中村伸枝, 出野慶子, 金丸友, 仲井あや, 谷洋江, 薬師神裕子, 高橋弥生, 中水流彩: 1型糖尿病をもつ小学校低学年以下の子どもの糖尿病セルフケアにむけた親のかかわり尺度の信頼性・妥当性の検討.  第24回日本小児・思春期糖尿病学会年次学術集会,  大阪市,  2018/07
5. ◎天野里奈, 河上智香, 出野慶子, 小川純子, 石川福江, 井上雅美, 大橋一友: 健康障害をもつ子ども(発達障害児)と家族のレジリエンスに関する文献検討.  第65回日本小児保健協会学術集会,  鳥取県米子市,  2018/06
6. 河上智香, 出野慶子, 天野里奈,小川純子, 石川福江, 井上雅美, 大橋一友: 健康障害をもつ子ども(重症心身障害児)と家族のレジリエンスに関する文献検討.  第65回日本小児保健協会学術集会,  鳥取市,  2018/06
国際学会
1. ◎Tomo Kanamaru, Chiho Ito, Nobue Nakamura, Keiko Ideno, Yumi Koshikawa,
Yuko Kamiya, Fumi Suzuki, Junko Yoshida: Difficulties and coping strategies among Japanese nurses in pediatric wards for educating children with type1 diabetes and their families.  12th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress & 10th Scientific Meeting of Asian Association for the Study of Diabetes,  Kuala Lumpur (Malaysia),  2018/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者