<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 耳鼻咽喉科学講座(佐倉)
 Department of Otorhinolaryngology (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















鈴木 光也   教授
 1 1  1  1        1
 8
 
 
 
 
太田 康   准教授
              1
 1
 
 
 
 
牛尾 宗貴   講師
 2             1
 4
 
 
 
 
高浪 太郎   助教
              
 1
 
 
 
 
 3 0  1 0  0  3
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














鈴木 光也   教授
 1   1     1
 
 
太田 康   准教授
         1
 
 
牛尾 宗貴   講師
 2        1
 
 
高浪 太郎   助教
         
 
 
 3 0  1 0  0  3
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. ◎牛尾 宗貴:  【エキスパートから学ぶめまい診療】小脳脳幹障害 脳血管障害.  ENTONI  249 :125 -132 , 2020
2. 鈴木光也:  スポーツ医学と耳鼻咽喉科 両耳聴の役割と視覚障害者スポーツ.  JOHNS  36 (5) :567 -570 , 2020
3. ◎牛尾 宗貴:  【最新知識からめまい症例を診る!】 症例から診るめまい診療 動揺病.  JOHNS  37 (1) :53 -58 , 2021
症例報告
1. Okamoto T, Shimizu A, Suzuki M:  Dizziness after an earthquake tilted the house.  Auris・Nasus・Larynx  47 (6) :1070 -1073 , 2020
■ 著書
1. 鈴木光也:  難聴のしくみと種類 検査・治療について.  「よく聞こえない」ときの耳の本  90-101.  朝日新聞出版,  東京, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎吉田友英, 山本昌彦, 鈴木光也, 川添雅代,: 神経耳科学的見地から長期間経過観察した Fabry 病の一例.  第79回日本めまい平衡医学会,  新横浜,  2020/11
2. ◎牛尾宗貴,片岡 学,井山建二,清水彩未,鈴木光也: 電気刺激による体平衡制御の試み―健常者を対象として―.  第79回日本めまい平衡医学会,  新横浜,  2020/11
3. ◎小山美咲,片岡 学,井山健二,清水彩未,牛尾宗貴,鈴木光也: 体平衡に対する両耳聴効果―前庭リハビリテーションへの応用を目指して―.  第79回日本めまい平衡医学会,  新横浜,  2020/11
4. ◎太田康, 谷口賢新郎, 鈴木光也: 好酸球性鼻副鼻腔炎症例に対してのステロイド経口投与.  第121回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会,  岡山,  2020/10
5. ◎谷口賢新郎, 太田康, 昌原英隆, 牛尾宗貴, 鈴木光也: 涙道内視鏡を併用して涙嚢鼻腔吻合術を施行した先天性涙道形成不全例.  第121回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会,  岡山,  2020/10
6. ◎倉持篤史, 太田康, 牛尾宗貴, 鈴木光也: 内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術の術後成績の検討.  第59回日本鼻科学会総会・学術講演会,  東京,  2020/10
7. ◎太田康, 石川文雄, 蛭田啓之, 北村真, 鈴木光也: 抗IL5抗体を投与した好酸球性鼻副鼻腔炎症例における鼻茸の組織学的検討.  第59回日本鼻科学会総会・学術講演会,  東京,  2020/10
8. ◎佐藤美都, 鈴木光也, 髙浪太郎, 牛尾宗貴: 音刺激によってめまいと眼振が誘発された人工内耳植込み症例.  第65回日本聴覚医医学会総会・学術講演会,  愛知,  2020/10
9. ◎鈴木光也: 超高齢社会の問題点と耳鼻咽喉科の役割..  医師を目指す中高生と保護者のための講演会,  東京,  2020/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者