東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 整形外科学講座(佐倉)
 Department of Orthopedic Surgery (Sakura)

教授:
  中川 晃一
准教授:
  中島 新
講師:
  園部 正人
  高橋 宏
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中川 晃一   教授
              
 1
 
 
 
 
中島 新   准教授
              2
 2
(2)
 
 
 
 
園部 正人   講師
              
 4
(2)
 
 
 
 
高橋 宏   講師
              
 2
 
 
 
 
赤津 頼一   助教
              
 1
 
 
 
 
齊藤 淳哉   助教
              
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中島 新,園部正人,高橋 宏,赤津頼一,斎藤淳哉,山田 学,坂本卓弥,秋山友紀,柳澤啓太,船登規孝,中川晃一: 生理的な関節面を再現する人工膝関節置換術後の下肢アライメントと患者立脚型評価の関連.  日本整形外科学会学術総会,  横浜,  2019/05
2. ◎窪田綾子,勝呂 徹,中島 新,園部正人,高橋 寛: 生物学的製剤使用前後における関節リウマチ滑膜組織の病理学的変化.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
3. ◎中島 新,園部正人,高橋 宏,谷口慎治,山田 学,中野志保,中川晃一: トシリズマブ投与後12週の血中酸化ストレスマーカーROMは52週のDAS寛解を予測しうる.  日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
4. ◎窪田綾子,関口昌之,中島 新,園部正人,勝呂 徹,高橋 寛: 関節リウマチ手関節におけるSauve-kapandji法の治療成績.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
国際学会
1. ◎Sekiguchi M, Kubota A, Sakurai T, Tsuji K, Arai T, Taniguchi S, Takeuchi S, Sako T, Takahashi H: Reconstruction of Extensor Tendons in Multiple Subcutaneous Rupture of Rheumatoid Fingers.  14th IFSSH 11th IFSHT Triennial Congress 2019,  Berlin,Germany,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者