<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(大橋)
 Department of Anesthesiology (Ohashi)

教授:
  小竹 良文
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小竹 良文   教授
 6 1  1  1        5
(5)
 4
 1
(1)
 
 
 
小野寺 潤   助教
              
 1
 
 
 
 
冨地 恵子   助教
              
 1
 
 
 
 
豊田 大介   助教
  1  1          
 4
 
 1
(1)
 
 
牧 裕一   助教
  1  1          
 4
 
 1
(1)
 
 
 6 0  1 0  0  5
(5)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hiroki Kimura, Yuichi Maki, Daisuke Toyoda, Yoshifumi Kotake:  Prediction of intraoperative pressure responsiveness by dynamic arterial elastance in patients undergoing major abdominal surgery.  Toho Journal of Medicine  5 (3) :120 -127 , 2019
総説及び解説
1. 小竹良文, 豊田大介, 牧裕一:  加速度感知型の使い方:残存筋弛緩の回避から研究データ収集まで.  LiSA  26 (5) :460 -465 , 2019
2. 小竹良文:  手術部位感染(SSI)予防.  救急・集中治療  31 (4) :1499 -1501 , 2020
3. 小竹良文:  周術期の抗血小板薬の管理(緊急手術対策も含む).  救急・集中治療  31 (4) :1554 -1556 , 2020
4. 小竹良文:  緊急時の術前評価.  救急・集中治療  31 (4) :1571 -1573 , 2020
その他
1. 小竹良文:  学術論文査読の作法.  東邦医学会雑誌  67 (1) :37 , 2020
2. 岩渕聡, 小竹良文:  ICUの療養環境について.  病院設備  61 (2) :44 -47 , 2019
3. 小竹良文:  緒言とまとめ「周術期血糖管理up-to-date」.  麻酔  69 (1) :2 -4 , 2020
■ 著書
1. 小竹良文:  心拍出量モニタ.  急性循環不全  89-97.  中山書店,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 小竹良文: 査読者の立場から見たうまくいかない臨床研究の解決法.  第47回日本集中治療医学会学術集会,  名古屋,  2020/03
2. 小竹良文: 重症患者に対するフェーズ別輸液戦略とモニタリング.  第47回日本集中治療医学会学術集会,  名古屋,  2020/03
3. 小竹良文: 血行動態モニタを用いたショックの診断と治療.  第40回日本循環制御医学会,  軽井沢,  2019/06
4. 小竹良文: 論文査読の作法と論文査読を論文作成に生かすための戦略.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/06
5. 川原小百合, 山本達夫, 小野寺潤, 牧裕一, 豊田大介, 小竹良文: 手術前後のフィブリノーゲン濃度変化に及ぼす術中アシドーシスの影響.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/05
6. 木下純貴, 田渕麻記子, 坂本安優, 豊田大介, 牧裕一, 小竹良文: 心臓外科手術患者におけるpCO2動静脈較差を用いた循環動態評価.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/05
7. 坂本安優, 木下純貴, 川原小百合, 牧裕一, 豊田大介, 小竹良文: 上大静脈径の呼吸性変動による前負荷反応性の評価.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/05
8. 小竹良文: 術中のlung recruitment.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/05
9. 田渕麻記子, 阿部理沙, 冨地恵子, 牧裕一, 豊田大介, 小竹良文: 皺眉筋におえるTOFC=1は深い筋弛緩状態の指標となり得るか?.  第66回日本麻酔科学会学術集会,  神戸,  2019/05
国際学会
1. Kotake Y, Maki Y, Toyoda D, Tabuchi M, Abe R, Kawahara S, Yamamoto T, Sakamoto Y, Kinoshita J: Influence of Age on the Onset and Duration of Neuromuscular Blockade of Rocuronium: Comparison Between Septuagenarian and Octogenarian.  American Society of Anesthesiologists, Annual Meeting,  Orlando, USA,  2019/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者