東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 眼科学講座(佐倉)
 Department of Ophthalmology (Sakura)

教授:
  前野 貴俊
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前野 貴俊   教授
  1  8  1        2
 12
 1
 1
 2
 1
産賀 真   助教
    2          
 3
 
 1
 
 
坂本 理之   助教
   6           1
 6
 
 
 
 1
永岡 卓   助教
              
 3
 
 
 
 
橋本 りゅう也   助教
  1 1 5          1
 5
 1
 1
 
 1
昌原 英隆   助教
    3          
 5
 
 1
 
 1
吉田 いづみ   助教
   1 6          2
 4
 
 
 
 1
 0 8  1 0  0  6
(0)
 2
(0)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yoshida I, Shiba T, Hori Y, Maeno T:  Relationships between retinal break locations and the shapes of the detachments.  Clinical Ophthalmology  12 (10) :2213 -2222 , 2018
2. Sakamoto M, Yoshida I, Hashimoto R, Masahara H, Maeno T:  Risk factors for retinal breaks during macular hole surgery.  Clinical Ophthalmology  12 :1981 -1985 , 2018
3. Masashi Sakamoto, Ryuya Hashimoto, Izumi Yoshida, Makoto Ubuka, Takathosi Maeno:  Risk factors for neovascular galucoma after vitrectomy in eyes with proliferative diabetic retinopathy.  Clinical Ophthalmology  (12) :2323 -2329 , 2018
4. Masashi Sakamoto, Ryuya Hashimoto, Izumi Yoshida, Hidetaka Masahara,Takatoshi Maeno.:  Short-Term Clinical Outcomes Following Baerveldt Glaucoma Implantation Performed via the Inferonasal Pars Plana Route.  EC Ophthalmology  9 (5) :281 -286 , 2018
5. Masashi Sakamoto, Izumi Yoshida, Hiroki Sato, Makoto Ubuka, Takatoshi Maeno:  Relationship between Age at Onset and Axial Length in Macular Hole.  EC ophthalmology  9 (12) :758 -764 , 2018
6. Masashi Sakamoto, Izumi Yoshida, Ryuya Hashimoto, Asao Sakai, Hidetaka Masahara, Takatoshi Maeno:  Short-Term Clinical Outocomes Following Baervedlt Glaucoma Implantation with Mitomycin C for NEovascular Glaucoma After Vitrectomy for Proliferative Diabetic Retinopathy.  EC ophthalmology  9 (12) :765 -769 , 2018
7. Sakamoto M, Hashimoto R, Yoshida I, Maeno T:  Risk factors for requirement of filtration surgery after vitrectomy in patients with proliferative diabetic retinopathy.  clinical ophthalmology  12 :733 -738 , 2018
症例報告
1. 矢田圭介, 橋本りゅう也, 原田雅史, 前野貴俊:  Laser speckle flowgraphyにより脈絡膜循環動態を観察できた硬膜動静脈廔の1例.  日本眼科学会雑誌  122 (11) :868 -874 , 2018
2. Hashimoto R, Oyamada M, Maeno T:  Analysis of Optic Nerve Head Circulation Using Laser Speckle Flowgraphy in a Case of Pediatric Optic Neuritis.  EC Ophthalmology  9 :572 -581 , 2018
■ 著書
1. 前野貴俊:  網膜疾患―観血的治療.  わかりやすい感覚器疾患  242-243.  日本医師会,  東京、日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎吉田いづみ, 坂本理之, 袖野貴弘, 谷口ひかり, 酒井麻夫, 前野貴俊: 裂孔原性網膜剥離の形と裂孔の位置における屈折と以前の白内障手術の関連.  第72回日本臨床眼科学会,  東京都,  2018/10
2. ◎袖野貴弘, 坂本理之, 吉田いづみ, 酒井麻夫, 前野貴俊: 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー1型に合併したCoats様病変に硝子体手術施行した1例.  第72回日本臨床眼科学会,  東京都,  2018/10
3. ◎阿部佳史, 永岡卓, 昌原英隆, 前野貴俊: ピッグテールプローブを用いて対側涙点よりチューブを留置できた涙小管断裂の1例.  第72回日本臨床眼科学会,  東京都,  2018/10
4. ◎坂本理之, 吉田いづみ, 橋本りゅう也, 昌原英隆, 前野貴俊: 特発性黄斑円孔に対する術中網膜裂孔発症要因の検討.  第72回日本臨床眼科学会,  東京都,  2018/10
5. ◎酒井麻夫, 坂本理之, 酒井祐佳, 前野貴俊: Pit-macular 症候群に対してInverted ILM flaptechnique併用硝子体手術を施行した1例.  第72回日本臨床眼科学会,  東京都,  2018/10
6. ◎橋本りゅう也, 袖野貴弘, 矢田圭介, 杉山哲也, 前野貴俊: 豚眼におけるレーザースペックル法を用いた視神経乳頭・網膜血管・脈絡膜血流の評価.  第35回日本眼循環学会,  松本市、日本,  2018/07
7. ◎麻生健一朗, 橋本りゅう也, 廣田亜沙都, 酒井麻夫, 矢田圭介, 川村樹里, 小山田瑞歩, 吉田いづみ, 坂本理之, 産賀真, 昌原英隆, 前野貴俊: アフリベルセプト投与前後の網膜静脈分枝閉塞症における脈絡膜血流・脈絡膜厚変化.  第35回日本眼循環学会,  松本市、日本,  2018/07
8. ◎矢田圭介, 橋本りゅう也, 永岡卓, 前野貴俊: 両眼に発症した動脈炎性虚血性視神経症の発症前後における眼血流動態の変化.  第35回日本眼循環学会,  松本市、日本,  2018/07
9. ◎山崎僚, 橋本りゅう也, 小山田瑞歩, 前野貴俊: 虹彩ルベオーシスを伴う眼虚血症候群の眼血流変化を追えた一例.  第35回日本眼循環学会,  松本市、日本,  2018/07
10. ◎川村樹里, 橋本りゅう也, 廣田亜沙都, 酒井麻夫, 矢田圭介, 小山田瑞歩, 産賀真, 昌原英隆, 前野貴俊: 遠視性不同視弱視7眼における眼鏡装用・健眼遮蔽による脈絡膜循環動態の経時的変化.  第35回日本眼循環学会,  松本市、日本,  2018/07
11. ◎前野貴俊: 糖尿病網膜症に対する外科的治療アップデート.  道南眼科集談会,  函館、日本,  2018/06
12. ◎佐藤宏樹, 昌原英隆, 小野田康孝, 永岡卓, 吉田いづみ, 坂本理之, 産賀真, 木下太賀, 前野貴俊: 裂孔原性網膜剥離に対する手術前後でのM-CHARTSによる歪視量の変化.  第122回日本眼科学会総会,  大阪市、日本,  2018/04
13. ◎前野貴俊: 糖尿病網膜症に対する外科的治療戦略.  静岡県眼科医会総会,  静岡、日本,  2018/04
国際学会
1. ◎Hashimoto R, Jyuri Kawamura, Maeno T: Changes in choroidal blood flow and thickness after treatment in patients with anisohypermetropic amblyopia.  Annual Meeting of AAO,  シカゴ、米国,  2018/10
2. ◎Maeno T, Hashimoto R, Yamazaki R, Aso K, Yata K, Ubuka M, Masahara H: Efficacy of a combination of arteriovenous sheathotomy without vitrectomy and anti-VEGF injections in the treatment of BRVO.  Annual Meeting of the ARVO,  Honolulu, USA,  2018/05
その他
1. 坂本理之 吉田いづみ 橋本りゅう也 昌原英隆 前野貴俊: 特発性黄斑円孔に対する術中網膜裂孔発症要因の検討.  第272回 千葉眼科集談会,  千葉市,  2018/09
2. ◎前野貴俊: 硝子体手術のアップデートと教育システム.  第7回Hill Top Retina Seminar,  東京、日本,  2018/07
3. ◎前野貴俊: 硝子体手術におけるTips & Pitfalls.  千葉県眼科医会学術講演会,  千葉市、日本,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者