東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 眼科学講座(佐倉)
 Department of Ophthalmology (Sakura)

教授:
  前野 貴俊
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前野 貴俊   教授
    1  1        2
 1
 1
 
 
 
産賀 真   助教
              
 1
 
 1
 
 
坂本 理之   助教
   1           
 1
 
 
 
 
永岡 卓   助教
              
 1
 
 
 
 
橋本 りゅう也   助教
    1          
 
 
 1
 
 
昌原 英隆   助教
              
 1
 
 1
 
 
吉田 いづみ   助教
    1          
 1
 
 
 
 
 0 1  1 0  0  2
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sakamoto M, Hashimoto R, Yoshida I, Maeno T:  Risk factors for requirement of filtration surgery after vitrectomy in patients with proliferative diabetic retinopathy.  clinical ophthalmology  12 :733 -738 , 2018
■ 著書
1. 前野貴俊:  網膜疾患―観血的治療.  わかりやすい感覚器疾患  242-243.  日本医師会,  東京、日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎前野貴俊: 糖尿病網膜症に対する外科的治療アップデート.  道南眼科集談会,  函館、日本,  2018/06
2. ◎佐藤宏樹, 昌原英隆, 小野田康孝, 永岡卓, 吉田いづみ, 坂本理之, 産賀真, 木下太賀, 前野貴俊: 裂孔原性網膜剥離に対する手術前後でのM-CHARTSによる歪視量の変化.  第122回日本眼科学会総会,  大阪市、日本,  2018/04
3. ◎前野貴俊: 糖尿病網膜症に対する外科的治療戦略.  静岡県眼科医会総会,  静岡、日本,  2018/04
国際学会
1. ◎Maeno T, Hashimoto R, Yamazaki R, Aso K, Yata K, Ubuka M, Masahara H: Efficacy of a combination of arteriovenous sheathotomy without vitrectomy and anti-VEGF injections in the treatment of BRVO.  Annual Meeting of the ARVO,  Honolulu, USA,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者