<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石田 政弘   教授
 1             
 3
(1)
 
 
 
 
石田 恭子   臨床教授
  2  2          
 
 
 
 
 
竹山 明日香   講師
              1
 2
(1)
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














石田 政弘   教授
 1        
 
 
石田 恭子   臨床教授
         
 
 
竹山 明日香   講師
         1
 
 
 1 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 井上 賢治, 朝比奈 裕美, 國松 志保, 石田 恭子, 富田 剛司.:  ブリンゾラミドからブリモニジン/ブリンゾラミド配合点眼薬への変更1年間の効果,安全性.  あたらしい眼科  41 (4) :439 -443 , 2024
2. 宮本 昌典, 戸塚 清人, 國松 志保, 石田 恭子, 溝田 淳, 井上 賢治:  西葛西・井上眼科病院における白内障手術併用iStent inject Wの短期成績.  臨床眼科  78 (4) :465 -472 , 2024
3. Inoue K, Shiokawa M, Kunimatsu-Sanuki S, Ishida K, Tomita G.:  Glaucoma progression due to refraining examination amid the pandemic of COVID-19.  International Ophthalmology  44 (1) :196 , 2024
4. Inoue K, Shiokawa M, Kunimatsu-Sanuki S, Kang J, Uraki T, Tomita G, Ishida K.:  Three-year efficacy and safety of omidenepag isopropyl in patients with normal tension glaucoma.  Japanese journal of ophthalmology  68 (3) :206 -210 , 2024
総説及び解説
1. 石田政弘:  網膜の解剖と疾患.  眼科ケア  26 (7) :655 -666 , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. 塚原 瞬、竹山明日香、石田政弘: 特発性黄斑円孔における歪視に関連する因子の検討 術前後の視機能と網膜移動量について.  第164回東邦医学会例会,  東京,  2024/06
2. 内藤紫緒里, 竹山明日香, 塚原瞬, 石田政弘: 増殖糖尿病網膜症の術後視力における因子の検討.  第30回 日本糖尿病眼学会総会,  東京,  2024/06
3. 竹山明日香,今村裕,藤本太一,飯田純也,小宮有子,石田政弘: 特発性黄斑円孔手術前後の不等像視における予測因子.  第816回 東京都眼科集談会,  東京,  2024/05
4. 塚原 瞬、竹山明日香、石田政弘: 特発性黄斑円孔における術前後の視機能と網膜移動量.  第128回日本眼科学会総会,  東京,  2024/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者