<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 皮膚科学講座(大橋)
 Department of Dermatology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















新山 史朗   准教授
  1            
 2
 
 
 
 
福田 英嗣   准教授
 1 3            
 3
 
 
 1
(1)
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 1
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














新山 史朗   准教授
         
 
 
福田 英嗣   准教授
 1        
 
 1
(1)
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 荒尾和哉, 向井秀樹, 福田英嗣:  デュピルマブの投与間隔の延長や中止に際し,対照的な経過をたどった脱ステロイド療法希望のアトピー性皮膚炎患者の2例..  皮膚病診療  43 (6) :560 -564 , 2021
総説及び解説
1. 福田英嗣:  ジベルばら色粃糠疹 人にうつりますか..  皮膚科の臨床  63 (6) :882 -883 , 2021
症例報告
1. 長澤知也, 新山史朗, 福田英嗣:  高温浴による温熱療法が有効であったMycobacterium marinum感染症の1例..  皮膚科の臨床  63 (7) :1048 -1051 , 2021
2. 荒尾和哉, 髙橋美咲, 浅川奈々絵, 福田英嗣:  異なるBlaschko線上に環状扁平苔癬と線状扁平苔癬を生じた1例..  皮膚科の臨床  63 (7) :1134 -1138 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎山本尭, 長澤知也, 新山史朗, 福田英嗣: 抗EGFR抗体薬投与後に皮膚障害を認めた1例..  第11回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京,  2021/07
2. ◎原田侑弥, 髙橋美咲, 新山史朗, 福田英嗣: 糖質制限ダイエットの中止のみで改善を認めた水疱性色素性痒疹の1例..  第897回東京地方会,  web開催,  2021/07
3. ◎松本千夏, 髙橋美咲, 新山史朗, 福田英嗣: 非侵襲的なダーモスコピー検査が診断に有用であった小児疥癬の1例..  第45回日本小児皮膚科学会学術大会,  東京,  2021/07
4. ◎原田侑弥, 髙橋美咲, 荒尾和哉, 長澤知也, 松本千夏, 新山史朗, 向井秀樹, 福田英嗣: 当院におけるアトピー性皮膚炎62例に対するデュピルマブの有効性および安全性の検討..  第120回日本皮膚科学会総会,  東京,  2021/06
5. ◎長澤知也, 島田長茂, 福田英嗣: オシメルチニブ治療中に皮膚障害を認めた1例..  第896回東京地方会,  web開催,  2021/05
6. ◎松本千夏, 髙橋美咲, 新山史朗, 向井秀樹, 福田英嗣: アトピー性皮膚炎患者に対する入院療法の有用性の検討..  第37回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会,  東京,  2021/04
その他
1. ◎福田英嗣: アトピー性皮膚炎治療~寛解導入から寛解維持へ~.  令和3年9月墨田区薬剤師会夜間研修会,  東京Web,  2021/09
2. ◎福田英嗣: アトピー性皮膚炎治療の新たな選択肢への期待..  AD治療病診連携講演会.,  東京,  2021/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者