<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 整形外科学講座(大橋)
 Department of Orthopedic Surgery (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















池上 博泰   教授
       1       6
 2
 
 
 1
 
武者 芳朗   教授
              
 8
 
 
 
 
辻 収彦   講師
              5
 9
 
 
 5
 
石井 秀明   助教
              
 3
 
 
 
 
高田 和孝   助教
              
 2
 
 
 
 
松本 太輔   助教
              
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  11
(0)
 0
(0)
 6
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














池上 博泰   教授
         6
 
 1
武者 芳朗   教授
         
 
 
辻 収彦   講師
         5
 
 5
石井 秀明   助教
         
 
 
高田 和孝   助教
         
 
 
松本 太輔   助教
         
 
 
 0 0  0 0  0  11
(0)
 0
(0)
 6
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 著書
1. 池上博泰:    整形外科保存治療ハンドブック  60-60.  中外医学社,  東京, 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎辻収彦: 脊髄腫瘍術後遺残疼痛・しびれの治療 (ワークショップ).  日本ペインクリニック学会第58回学術集会,  宇都宮,  2024/07
2. ◎辻収彦: スペシャリストが語る痛みの臨床研究-脊髄髄内腫瘍術後疼痛のバイオマーカー探索研究-(教育講演).  日本ペインクリニック学会第58回学術集会,  宇都宮,  2024/07
3. ◎辻収彦: 脊髄腫瘍の疫学と臨床(ランチョンセミナー).  第21回 整形外科痛みを語る会,  新潟,  2024/07
4. ◎池上博泰、本間友康、前田隆浩、阪元美里、吉澤秀、武者芳朗、辻収彦、石井秀明: 肩関節周辺のインプラント周囲骨折 (シンポ).  第50回日本骨折治療学会学術集会,  仙台,  2024/06
5. ◎池上博泰、本間友康、前田隆浩、阪元美里、吉澤秀、武者芳朗、辻収彦、石井秀明: 肩関節近傍骨折に対する治療 骨接合術vs一期的人工関節全置換術 (シンポ).  第50回日本骨折治療学会学術集会,  仙台,  2024/06
6. ◎中村真衣、石井克尚、松本太輔、畠山浩太朗、池上博泰、武者芳朗: 足関節果部骨折術後の後療法の違いによる治療成績の比較.  第50回日本骨折治療学会学術集会,  仙台,  2024/06
7. ◎下山渉太、伊豆蔵英明、武者芳朗: 腰部脊柱管狭窄症の術後リハビリテーションにおける低出力レーザー治療効果(シンポ).  第35回日本レーザー治療学会総会・学術大会,  東京,  2024/06
8. ◎下山涼太、伊豆蔵英明、武者芳朗: 3軸加速度センサーを用いた歩行解析に基づく、腰部脊柱管狭窄症術後患者への低出力レーザー治療の効果検証(シンポ).  第35回日本レーザー治療学会総会・学術大会,  東京,  2024/06
9. ◎池上博泰: 上腕骨近位部骨折の治療 -特にピットフォールについて-.  第21回埼玉骨折治療研究会,  川越市,  2024/06
10. ◎伊藤圭介, 高田和孝, 佐藤詳, 坂本徹夫, 武者芳朗: 骨粗鬆症性椎体骨折に対する早期経皮的椎体形成術の臨床成績.  第39回日本脊髄外科学会,  大阪,  2024/06
11. ◎池上博泰: RSA本邦導入10年を振り返り.  RSA 10years Anniversary Symposium -Advance course-,  品川,  2024/06
12. ◎大久保寿樹、名越慈人、辻収彦、尾崎正大、鈴木悟士、高橋洋平、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 後方片側進入法を用いた頚椎ダンベル型神経鞘腫摘出術における頚椎機能および治療成績への影響.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
13. ◎辻収彦、名越慈人、大久保寿樹、尾崎正大、鈴木悟士、高橋洋平、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 脊髄血管芽細胞腫に伴う脊髄空洞症の画像評価 ―手術成績との関連―.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
14. ◎橋本将吾、名越慈人、辻収彦松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 脊髄腫瘍の術前画像診断と術中・術後病理組織診断の正誤率に関して ―単一施設20年間1600例の手術症例による検討―.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
15. ◎鈴木悟士、高橋洋平、大久保寿樹、尾崎正大、辻収彦、名越慈人、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 思春期特発性側弯症術後10年におけるカーブタイプ別の非固定部腰椎椎間板変性に関与する検討.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
16. ◎浅野尚文、渡辺航太、神尾聡、鈴木悟士、森智章、高橋洋平、辻収彦、名越慈人、中山ロバート、松本守雄、中村雅也: 脊椎・傍脊椎悪性腫瘍に対する外科治療の現状.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
17. ◎池上博泰、本間友康、前田隆浩、眞宅崇徳、吉澤秀、阪元美里、武者芳朗、石井秀明: 上腕骨外側上顆炎の保存療法 (シンポ).  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
18. ◎三島裕市、高田和孝、甲斐秀毅、藤本拓也、池上博泰、武者芳朗: 大腿骨近位部骨折の早期手術を阻害する因子ー重回帰分析を用いた検討ー.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
19. ◎藤井武、大久保寿樹、尾崎正大、鈴木悟士、高橋洋平、辻収彦、名越慈人、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 腰部脊柱管狭窄症に対する後方除圧術後例における椎間板変性の進行に関するMRI を用いた10年間の縦断研究 ―健常例との比較―.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
20. ◎尾崎正大、鈴木悟士、大久保寿樹、高橋洋平、辻収彦、名越慈人、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: びまん性特発性骨増殖症が腰椎後方椎体間固定術の治療成績に与える影響.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
21. ◎武田和樹、大久保寿樹、鈴木悟士、高橋洋平、尾崎正大、辻収彦、名越慈人、松本守雄、中村雅也、渡辺航太: 腰椎形成不全性すべり症に対する1 椎間後方椎体間固定術による矯正が術後合併症と脊柱矢状面アライメントに与える影響の検討.  第97回日本整形外科学会学術総会,  福岡,  2024/05
22. ◎辻収彦: 第15回Asian Traveling Fellowship 台湾・タイ訪問記(ポスター).  第53回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  横浜,  2024/04
23. ◎池上博泰: 術式選択の基本(保存・骨接合からRSAまで).  瀬戸内上腕骨近位端骨折セミナー,  岡山市,  2024/04
その他
1. ◎辻収彦: 運動器疼痛に対するオピオイド治療と副作用対策~OIC治療をどのように捉え、どう対処すべきか?~.  茨城県臨床整形外科医会,  茨城,  2024/09
2. ◎辻収彦: 脊椎脊髄疾患術前後の神経障害性疼痛~MiroTAS研究を中心に~.  整形外科疾患医療連携セミナー,  東京 Web開催,  2024/07
3. ◎辻収彦: 脊椎脊髄疾患術前後の神経障害性疼痛~MiroTAS研究を中心に~.  目黒区医師会学区術講演会,  東京,  2024/06
4. ◎辻収彦: 慢性疼痛・神経障害性疼痛治療とトラマドール製剤.  疼痛治療 Special Seminar,  Web,  2024/04
5. ◎池上博泰: 上腕骨近位部骨折の治療戦略-脱臼骨折を中心に-.  第51回整形外科アップデートセミナー,  東京,  2024/04
6. ◎辻収彦: 実臨床における骨粗鬆症治療の選択肢.  相模原市医師会整形外科医会学術講演会,  町田市,  2024/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者