東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2011年度 | 2012年度 | 2013年度
 医学部 医学科 脳神経外科学講座(大橋)
 Department of Neurosurgery (Ohashi)

教授:
  岩渕 聡
准教授:
  青木 和哉
講師:
  伊藤 圭介
  櫻井 貴敏
  齋藤 紀彦
  中山 晴雄
■ 概要
現在行われている基礎的,臨床的研究を列挙する。
1.基礎的研究
1)動脈硬化と血管浸襲に関する実験的研究
2)脳画像診断3次元コンピューターを用いた白質内伝導路の研究
3)脳血管攣縮における細胞内情報伝達機構に関する研究
4)転移性脳腫瘍の成立機序に関する研究
5)脳梗塞の神経再生治療に関する基礎的研究
6)Autopsy imaging の応用
7)P38MAPキナーゼ蛋白質による神経幹細胞機能維持機構の解析
8)中枢神経真菌症の病態解析
9)脳血管障害におけるフリーラジカルの変動
10)誘導型癌幹細胞による脳腫瘍モデルマウスを用いた腫瘍幹細胞のテモゾロミド抵抗性に関する基礎研究
11)Glioma stem cell における分子標的薬に対する薬剤耐性機構の解析
12)骨髄幹細胞を用いた脳内免疫調節を介した神経救済機構の解析
13) グリオーマ幹痙攣重積に対するLevetiracetamの有効性の検討
14)痙攣重積に対するLevetiracetamの有効性の検討
15) 敗血症性DICに対する遺伝子組換え型ヒトトロンボモジュリン製剤の有効性に関する検討
16) 脳神経外科周術期における深在性真菌症治療の現状 -DPCデータを用いて-
17) Levetiracetamが骨密度へ与える影響の検討
18)脳神経外科領域におけるカテーテル関連血流感染症の傾向
19)脳振盪評価バイオマーカーの検討
20)脳振盪評価を目的としたSCAT2ベースラインデータベースの構築
21)歯科衛生士を含む嚥下チーム介入による脳卒中 急性期患者に対する院内肺炎予防効果の検討
22)細胞の放射線治療時における代謝変化
2.臨床的研究
1)脳血管内治療におけるデバイスの開発
2)モヤモヤ病の臨床研究
3)脳血管疾患後遺症、てんかんと精神心理学的研究
4)中枢神経系における3次元画像に関する研究
5)MRIによる脳機能診断
6)脳室鏡インストルメントの改良・開発
7)くも膜下出血後脳血管攣縮に対する治療
8)認知症における画像解析
9)血小板凝集抑制剤による認知機能および脳血流改善作用
10)頸動脈ステント留置前後の網膜循環評価
11)転移性脳腫瘍に対する神経放射線学的診断
12)海馬傍回の萎縮に関わる因子の検討
13) スポーツ頭部外傷と脳震盪の研究
14) 頸動脈狭窄症におけるプラークの診断
15)下肢感覚障害に対する漢方薬の効果
16)救急外来における疼痛に対する漢方薬の効果
17)DPP-4阻害薬による動脈硬化作用の検討
18)仙町関節由来の疼痛に関する臨床研究
19)腰部脊柱管狭窄症に関する臨床研究
20)頚椎症性脊髄症に対する環納式棘突起縦割椎弓形形成術
21)急性期脳卒中診療体制の構築
22)脳卒中における深部静脈血栓症、肺塞栓の予防
23)頚動脈プラークの組織画像診断
24)脳卒中患者における睡眠障害の臨床的研究
25)バイパス術後の過環流症候群の研究
26)脳血管障害患者における睡眠呼吸障害の検討
27)てんかん重積患者におけるレベチラセタムの有効性に関する検討
28)小児頭部外傷における画像診断の適応についての検討
29)高齢者glioblastoma の化学療法
30)脳卒中後疼痛のボツリヌス療法に関する臨床的研究
31)脳卒中リハビリにおける運動・認知機能と栄養管理の検討
32)重傷下枝虚血に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
33)遷延性意識障害に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
34)パーキンソン病を中心とした周辺疾患による体幹姿勢異常に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
■ Keywords
くも膜下出血, 脳血管攣縮, 脳動脈瘤, 脳震盪, レーザー治療, 機能的画像診断, 脳腫瘍, 中枢神経感染症, 神経内視鏡, 認知症, スポーツ頭部外傷
■ 当該年度の研究費受入状況
その他
1.  平成25年度東邦大学創立60周年記念学術振興基金
 研究課題:グリオーマ幹細胞におけるNotchシグナルの機能解析と分子標的治療への応用  (研究代表者:齋藤紀彦)
 研究補助金:400000円  (代表)
2.  平成25年度柳瀬武司奨学基金
 研究課題:本邦における受傷前脳振盪評価規範データの構築  (研究代表者:中山晴雄)
 研究補助金:100000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  岩渕 聡 :日本脳神経外科学会評議員・代議員, 日本脳卒中学会評議員, 日本脳卒中の外科学会代議員・プログラム委員, 日本神経放射線学会評議員・プログラム委員, 日本脳神経血管内治療学会関東地方会運営委員, 関東脳神経外科懇話会幹事, 脳機能核医学画像解析研究会幹事, 城南脳卒中研究会世話人, 東京脳血管内治療研究会世話人, 東海くも膜下出血研究会幹事, Metro SCU Conference世話人, 城南脳神経外科懇話会幹事, 日本レーザー治療学会編集委員, EN・BT研究会世話人, 神経症状から学ぶ大橋の会代表世話人, Japan Stroke Forum 世話人, 財団法人額田医学生物学研究所評議員, Neuroligical Surgery 脳神経外科誌 編集同人, 東京労働局労災医員, 日本セーリング連盟医事科学委員, 日本自動車連盟モータースポーツ メディカル部会委員, International Cerebral Vasospasm Committee, WFITN(World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology) Senior Member, WFNRS(World Federation of Neuroradiological Societies) Scientific Committee
2.  青木和哉 :日本脳神経外科学会評議員
3.  櫻井貴敏 :日本脳神経外科学会評議員, 日本救急医学会広報委員
4.  伊藤圭介 :日本脳神経外科学会評議員
5.  齋藤紀彦 :日本脳神経外科学会評議員, 東京脳腫瘍研究会世話人
6.  中山晴雄 :日本脳神経外科学会評議員, 日本外科感染症学会評議員, 日本臨床スポーツ医学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩渕 聡   教授
医学博士
 5 6  1  1        3
 50
(1)
 3
 6
 6
 10
(3)
青木 和哉   准教授
医学博士
  4            
 29
 
 6
 4
 4
伊藤 圭介   講師
医学博士
 3 2  2          8
(1)
 26
(5)
 
 2
 1
 2
櫻井 貴敏   講師
医学博士
 1 3            2
 8
 
 
 6
 1
伊豆蔵 英明   助教
 2 2            
 14
 
 
 
 
木村 仁   助教
医学博士
  1     1       
 5
 
 
 
 1
齋藤 紀彦   助教
医学博士
 2  1    1       5
 12
 3
 2
 2
 1
佐藤 健一郎   助教
  2            5
 23
 1
 4
 1
 7
(2)
中山 晴雄   助教
医学博士
 3 5  5          10
(1)
 37
 4
 9
 20
 3
林 盛人   助教
医学博士
 1      1       5
 17
 2
 3
 1
 5
(1)
原科 純一   助教
  1  1   1       2
 22
 
 2
 4
 3
平田 容子   助教
医学博士
              
 2
 
 2
 1
 
谷 真理子
              
 
 
 
 
 
 17 1  1 0  0  40
(2)
 13
(0)
 46
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 岩渕聡:  急性脳主幹動脈閉塞に対する自己拡張ステント型血栓回収デバイスの有用性.  Brain & Nerve  19 (1) :4 -5 , 2014
2. 服部尚史, 長谷川誠, 中野晃枝, 飯塚有応, 岩渕聡, 五味達哉:  頚動脈プラーク撮像法のコントラクトの比較.  MEDIX  60 (1) :22 -25 , 2014
3. 中山晴雄:  脳震盪からの競技復帰.  スポーツ医学  31 (3) :246 -251 , 2014
4. 中山晴雄:  スポーツ頭部外傷に関する提言が与える脳震盪抑制効果に関する検討.  メディカル朝日  2 :36 -37 , 2014
5. 永廣信治, 谷諭, 荻野雅宏, 川又達朗, 前田剛, 野路雅人, 成相直, 中山晴雄, 福田修, 阿部俊昭, 鈴木倫保, 山田和雄, 片山容一:  スポーツ頭部外傷における脳神経外科医の対応―ガイドライン作成に向けた中間提言.  神経外傷  36 (2) :119 -128 , 2013
6. 齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 石井匡, 平元侑, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 原科純一, 伊豆蔵英明, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, Dimpy Koul, Roel G.W.Verhaak, Jun Fu, Jun Yao, W.K.Alfred Yung, 岩渕聡:  The Cancer Genome Atlas (TCGA) データのGlioma stem cell 研究への応用: 新規分子標的治療の開発を目指して.  第45回ニューロ・オンコロジィの会(2013,7)機関誌  23 (1) :29 -35 , 2013
7. 林盛人, 岩渕聡, 佐藤健一郎, 秋山真美, 木村仁, 青木和哉, 中山晴雄, 岩間淳哉, 服部尚史, 上原英夫, 宇都宮誠, 飯塚有応, 五味達哉:  頚動脈プラークイメージングの検討:Non-gated MRプラークイメージとIB-IVUSとの比較.  日本血管内治療学会誌  14 (1) :14 -17 , 2013
8. 伊藤圭介, 武者芳朗:  顕微鏡下棘突起縦割還納式後方除圧法の術後腰椎矢状面alignmentの変化.  日本脊髄障害医学会誌  26 (1) :140 -141 , 2013
9. 荻野雅宏, 中山晴雄, 藤谷博人, 川又達朗:  アメリカンフットボールにおける脳震盪のマネージマント.  日本臨床スポーツ医学会誌  21 (2) :363 -366 , 2013
10. 藤谷博人, 川原貴, 月村秦規, 立石智彦, 反町武史, 中山晴雄, 麻生敬, 福田崇:  高校アメリカンフットボールにおける練習時の医療体制について. 関東高等学校アメリカンフットボール連盟安全対策委員会.  日本臨床スポーツ医学会誌  21 (3) :588 -592 , 2013
11. 伊豆蔵英明, 武者芳朗, 貫井勇介, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡:  脳出血後下肢痙攣に対して芍薬甘草湯が有効であった1例.  脳神経外科と漢方  21 :22 -25 , 2013
12. 伊豆蔵英明, 武者芳朗, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡:  痙縮に伴う疼痛に対する芍薬甘草湯の使用経験.  慢性疼痛  32 (1) :249 -252 , 2013
13. 櫻井貴敏, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 岩渕聡, 青山幸生:  神経障害性疼痛に対するプレガバリン使用経験について.  慢性疼痛  32 (1) :281 -284 , 2013
14. 中山晴雄:  【スポーツ現場での頭頚部外傷】現場でのケアのヒント・指針 脳震盪からの競技復帰.  臨床スポーツ医学  31 (3) :246 -251 , 2014
15. Yuzhu Zhi, Sasai D, Okubo Y, Shinozaki M, Nakayama H, Murayama S, Wakayama M, Ide T, Zean Zhang, Shibuya K:  Comparison between the Effectiveness of Polymerase Chain Reaction and In Situ Hybridization in Detecting the Presence of Pathogenic Fungi by Using the Preserved DNA in Formalin-Fixed and Paraffin-Embedded Tissues.  Japanese Journal of Infectious Diseases  66 (3) :173 -179 , 2013
16. Okubo Y, Wakayama M, Ohno H, Yamamoto S, Tochigi N, Tanabe K, Kaneko Y, Yamagoe S, Umeyama T, Shinozaki M, Nemoto T, Nakayama H, Sasai D, Ishiwatari T, Shimodaira K, Yamamoto Y, Kamei K, Miyazaki Y, Shibuya K:  Histopathological study of murine pulmonary cryptococcosis induced by C. gattii and C. neoformans.  Japanese Journal of Infectious Diseases  66 (3) :216 -221 , 2013
17. Sunakawa T, Kaneko T, Umeda T, Ito K, Ikegami H, Musha Y:  Development and evaluation of a novel bone hemostatic agent that does not inhibit bone repair.  Journal of the Medical Society of Toho University  60 (3) :159 -167 , 2013
18. Saito N, Fu J, Zheng S, Yao J, Wang S, Liu DD, Yuan Y, Sulman EP, Lang FF, Colman H, Verhaak RG, Yung WK, Koul D:  A high Notch pathway activation predicts response toγ-secretase inhibitors in proneural subtype of glioma tumor initiating cells.  Stem Cells  32 (1) :301 -312 , 2014
19. Tomiyama A, Harasina J, Kimura H, Ito K, Honda Y, Yanai H, Iwabuchi S:  An intra-abdominal pseudocyst around a ventriculoperitoneal shunt due to streptococcus infection 7 years after shunt surgery.  Surgery Reserch and Practice  2014 (1) :1 -4 , 2014
20. Hana T, Iwama J, Yokosako S, Yoshimura C, Arai N, Kuroi Y, Koseki H, Akiyama N, Hirota K, Ohbuchi H, Hagiwara S, Tani S, Sasahara A, Kasuya H:  Sensitivity of CT perfusion for the diagnosis of cerebral infarction.  The Journal of Medical Investigation  61 :41 -45 , 2014
総説及び解説
1. 伊藤圭介, 飯塚有応, 武者芳朗, 金子卓男:  脊髄・脊椎の血管解剖.  脊椎脊髄ジャーナル  26 (4) :359 -365 , 2013
2. Okubo Y, Tochigi N,Wakayama M, Shinozaki M, Nakayama H, Ishiwatari T, Shimodaira K, Nemoto T, Ohno H Kaneko Y, Makimura K, Uchida K, Miyazaki Y, Yamaguchi H, Shibuya K:  How Histopathology Can Contribute to an Understanding of Defense Mechanisms against Cryptococci.  Mediators of Inflammation  2013 (465319) :1 -11 , 2013
症例報告
1. Okubo Y, Ishiwatari T, Izumi H, Sato F, Aki K, Sasai D, Ando T, Shinozaki M, Natori K, Tochigi N, Wakayama M, Hata Y, Nakayama H, Nemoto T, Shibuya K:  Pathophysiological implication of reversed CT halo sign in invasive pulmonary mucormycosis: a rare case report.  Diagnostic Pathology  17 (8) :82 (online journal) , 2013
その他
1. 岩渕聡:  本症例に対するコメント.  Neurological Surgery  41 (12) :1110 , 2013
2. 岩渕聡:  笑顔が戻った、認知症治るタイプ大発見SP.  ためしてガッテン  (3) :6 -6 , 2014
3. 伊藤圭介:  筋肉を傷つけない顕微鏡下手術で痛み、しびれ、歩く姿勢も改善.  大日本住友製薬HP  1 (1) :1 -1 , 2013
4. 齋藤紀彦:  こちらヒューストン.  東邦医学会雑誌  60 (3) :174 -175 , 2013
5. 岩渕聡:  東邦脳神経外科女医会.  東邦医学会誌  60 (5) :311 -312 , 2013
6. 岩渕聡:  眼症状と脳血管内治療.  目黒区医師会会報  227 :2 -3 , 2013
■ 著書
1. 岩渕聡, 原科純一, 木村仁, 林盛人, 齋藤紀彦:  Ⅲ産科編 3.妊産褥婦の合併疾患 循環器疾患 脳出血/脳梗塞.  臨床婦人科産科 産婦人科当直医マニュアル 慌てないための虎の巻  234-239.  医学書院,  東京, 2013
■ 学会発表
国内学会
1. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 吉澤秀, 武者芳朗, 伊藤圭介, 砂川隆英, 金子卓男: 肘関節リウマチに対する人工肘関節全置換術(パネル).  第54回関東整形災害外科学会,  横浜,  2014/03
2. ◎五味達哉, 服部尚史, 飯塚有応, 角尾美果, 長谷川誠, 長基雅司, 関口隆三, 中野晃枝, 佐藤健一郎, 林盛人, 岩渕聡: Black Blood撮像法のコントラストの比較検討.  第43回日本神経放射線学会,  鳥取,  2014/03
3. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 青木和哉, 齋藤紀彦, 原科純一, 中山晴雄, 石井匡, 服部尚史, 飯塚有応, 五味達哉, 岩渕聡: 頚動脈狭窄症における不安定プラーク体積の検討―非心電図同期MRプラークイメージングを用いて.  第43回日本神経放射線学会,  鳥取,  2014/03
4. ◎石井匡, 林盛人, 佐藤健一郎, 平井希, 原科純一, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩渕聡: 急性期脳血管障害患者におけるパルスオキシメトリー法により抽出した睡眠呼吸障害に関する検討.  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
5. ◎山下和美, 岩渕聡, 中山晴雄, 徳井有里, 石間恵美, 籠嶋弘美, 本城小径, 宮崎寛子, 長能みゆき: 関節拘縮を生じた患者の食事動作自立に向けての取り組み~認定看護師と病棟スタッフと関わり~(ポスター).  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
6. ◎西村三美, 石間恵美, 河南典子, 山下和美, 中村幸子, 若佐麻衣子, 佐藤健一郎, 原科純一, 三浦誠, 岩渕聡: 急性期病院における摂食・嚥下障害看護認定看護師と歯科衛生士のかかわり(ポスター).  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
7. ◎原科純一, 木村仁, 中山晴雄, 青木和哉, 伊豆蔵英明, 横山葉子, 石間恵美, 河南典子, 岩渕聡: 当院SCUにおける摂食・嚥下チームの取り組み(ポスター).  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
8. ◎佐藤健一郎, 林盛人, 齋藤紀彦, 原科純一, 中山晴雄, 石井匡, 平井希, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: 脳卒中とEPA/AA比の関連性の検討.  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
9. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 石井匡, 青木和哉, 齋藤紀彦, 原科純一, 中山晴雄, 服部尚史, 岩渕聡: 頚動脈狭窄症におけるプラーク性状の経時的変化:非心電図同期MRプラークイメージングを用いた検討.  第39回日本脳卒中学会総会,  大阪,  2014/03
10. ◎中山晴雄, 川又達朗, 萩野雅宏, 野地雅人, 成相直, 福田修, 前田剛, 谷諭, 岩渕聡, 永廣信治: AGREE Ⅱを用いたスポーツ頭部外傷に関する提言の問題点と対応.  第37回日本脳神経外傷学会,  東京,  2014/03
11. ◎中山晴雄: アメリカンフットボール.  第5回スポーツメディスンフォーラム,  横浜,  2014/03
12. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 吉澤秀, 武者芳朗, 伊藤圭介, 砂川隆英, 金子卓男: 外傷性肘関節拘縮に対する手術療法(シンポ).  第26回日本肘関節学会学術集会,  東京,  2014/03
13. ◎岩渕聡: 頚動脈プラークの質的・量的評価―Radial scan を併用したSE方による検討.  第37回日本脳神経CI学会総会,  埼玉,  2014/02
14. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 武者芳朗, 砂川隆英, 伊藤圭介, 吉澤秀, 金子卓男: 人工肩関節全置換術の術中および術後後療法における私の工夫(パネル).  第44回日本人工関節学会,  沖縄,  2014/02
15. ◎伊藤圭介, 櫻井貴敏, 伊豆蔵英明, 青山幸生, 岩渕聡, 武者芳朗: 仙腸関節障害に対する高周波熱凝固術症例の臨床的検討.  第43回日本慢性疼痛学会,  横浜,  2014/02
16. ◎吉井信哉, 吉井信夫: 前兆のある偏頭痛の予防薬選択についての検討.  第43回日本慢性疼痛学会,  横浜,  2014/02
17. ◎櫻井貴敏, 青山幸生, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 岩渕聡: トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン配合剤にて軽快した外傷性頚部症候群の一例.  第43回日本慢性疼痛学会,  横浜,  2014/02
18. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 武者芳朗, 砂川隆英, 伊藤圭介, 吉澤秀, 金子卓男: KNOW 人工肘関節全置換術の手術手技(シンポジウム).  第44回日本人工関節学会,  沖縄,  2014/02
19. ◎中山晴雄, 渡邊恵美, 岩渕聡: 歯科衛生士を含む嚥下チーム介入による脳卒中急性期患者に対する院内肺炎予防効果の検討.  第29回日本環境感染学会総会学術集会,  東京,  2014/02
20. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 大塚昌伸, 太田登志子, 草地信也, 渋谷和俊: ICT活動は深在性真菌症の発生頻度を減少する.  第15回学術集会-真菌症フォーラム,  東京,  2014/02
21. ◎若山恵, 下平佳代子, 中山晴雄, 篠崎稔, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 二本柳康博, 小林純子, 安芸恭子, 栃木直文, 密田亜希, 根本哲生, 渋谷和俊: 東邦大学剖検例を用いた侵襲性真菌症発生動向調査III:侵襲臓器と加齢の影響について.  第15回真菌症フォーラム,  東京,  2014/02
22. ◎原科純一, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 林盛人, 木村仁, 青木和哉, 岩渕聡: 片側顔面痙攣に対する微小血管減圧術におけるAMRモニターの使用経験.  第16回日本脳神経減圧術学会,  大阪,  2014/02
23. ◎林盛人, 岩間淳哉, 横内哲也, 平元周: 脳動脈瘤塞栓術後に腹腔内出血を合併したSAM(segmental arterial mediolysis)の一例.  第54回神奈川脳血管内手術懇話会,  川崎,  2014/02
24. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 平元侑, 佐藤健一郎, 原科純一, 中山晴雄, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 櫻井貴敏, Koul D, Yung W. K. A, 岩渕聡: グリオーマ幹細胞をターゲットとした新規分子標的治療の研究.  第46回ニューロ・オンコロジーの会,  東京,  2014/01
25. ◎中山晴雄, 平元侑, 川又達朗, 荻野雅宏, 谷諭: 脳神経外科救急におけるスポーツ頭部外傷への対応(シンポ).  第19回日本脳神経外科救急学会 総会・学術集会,  富山,  2014/01
26. ◎平元侑, 中山晴雄, 原科純一, 佐藤健一郎, 齋藤紀彦: 鉄製ねじによる穿通性頭部外傷の1例.  第19回日本脳神経外科救急学会 総会・学術集会,  富山,  2014/01
27. ◎齋藤紀彦, Dimpy Koul, Roel Verhaak, Fu Jun, Jun Yao, 櫻井貴敏, 伊藤圭介, 木村仁, 伊豆蔵英明, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 原科純一, 石井匡, 平井希, 青木和哉, 岩渕聡,Yung W. K. Alfred: グリオーマ幹細胞におけるNotch シグナル活性化の役割と分子標的治療への応用.  第31回日本脳腫瘍学会学術集会,  宮崎,  2013/12
28. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 石井匡, 岩間淳哉, 佐藤健一郎, 原科純一, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩渕聡: 鉄製ネジによる穿通性頭部外傷の1例.  第122回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2013/12
29. ◎砂川隆英, 吉田健太郎, 佐藤春輔, 石井秀明, 森武男, 吉澤秀, 金子卓男, 伊藤圭介, 池上博泰, 武者芳朗: MIS-THAで美しい手術創を目指すための工夫.  第40回日本股関節学会,  広島,  2013/11
30. ◎中山晴雄, 岩渕聡, 渋谷和俊: 脳神経外科周術期における深在性真菌症治療の現状-DPCデータを用いて-.  第26回日本外科感染症学会学術集会,  神戸,  2013/11
31. ◎中山晴雄, 本城小径, 岩渕聡: 脳神経外科領域におけるカテーテル関連血流感染症の傾向.  第26回日本外科感染症学会総会学術集会,  神戸,  2013/11
32. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 豊田真也, 石井秀明, 長張浩昌, 砂川隆英: 環納式棘突起縦割後方除圧法の術後腰椎矢状面alignment の変化、除圧椎間数との関係.  第48回日本脊髄障害医学会,  福岡,  2013/11
33. ◎石井秀明, 武者芳朗, 金子卓男, 砂川隆英, 池上博泰, 伊藤圭介: 35 mm皮切の還納式棘突起縦割椎弓形成術による腰部脊柱管狭窄症3椎間除圧について.  第48回日本脊髄障害医学会,  福岡,  2013/11
34. ◎豊田真也, 武者芳朗, 金子卓男, 砂川隆英, 池上博泰, 伊藤圭介: 頚椎症性脊髄症に対する脊柱管拡大術後に首下がりを発症した2 例.  第48回日本脊髄障害医学会,  福岡,  2013/11
35. ◎長張浩昌, 武者芳朗, 金子卓男, 砂川隆英, 池上博泰, 伊藤圭介: 第7頚椎椎体に発生した軟骨粘液腫様線維腫の1例.  第48回日本脊髄障害医学会,  福岡,  2013/11
36. ◎横内哲也, 岩渕聡, 林盛人, 佐藤健一郎, 平田容子, 平元侑, 平元周: 椎骨脳底動脈移行部動脈瘤のEnterprise VRD併用コイル塞栓術後に一過性核間性眼筋麻痺を呈した1例.  第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  新潟,  2013/11
37. ◎佐藤健一郎, 林盛人, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 原科純一, 中山晴雄, 石井匡, 平井希, 横内哲也, 飯塚有応, 岩渕聡: 非心電図同期MRIによるプラーク性状評価とCAS後DWI陽性所見の検討.  第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  新潟,  2013/11
38. ◎石井匡,林盛人, 佐藤健一郎, 平井希, 原科純一, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 木村仁, 横内哲也, 青木和哉, 飯塚有応, 岩渕聡: 短期間にdomeの血栓化を来たした未破裂内頚動脈瘤の1例.  第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  新潟,  2013/11
39. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 石井匡, 青木和哉, 齋藤紀彦, 原科純一, 中山晴雄, 飯塚有応, 八木文彦, 富田剛司, 岩渕聡: CAS前後における眼血流の変化Laser speckle flowgraphyを用いた網脈絡膜血流の検討.  第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  新潟,  2013/11
40. ◎砂川隆英, 吉田健太郎, 佐藤春輔, 豊田真也, 長張浩昌, 南雲吉祥, 松本太輔, 羽田勝, 眞宅崇徳, 河野紀彦, 大谷崇裕, 金子卓男, 伊藤圭介, 池上博泰, 武者芳朗: 大腿骨頚部骨折術後脱臼予防のための前側方侵入法.  第41回日本関節病学会,  名古屋,  2013/11
41. ◎櫻井貴敏, 古橋龍彦, 岩渕聡: 救急外来における頭痛軽減に対する芍薬甘草湯の有効性.  第22回日本脳神経外科漢方医学会学術集会,  東京,  2013/11
42. ◎砂川隆英, 吉田健太郎, 佐藤春輔, 豊田真也, 長張浩昌, 南雲吉祥, 松本太輔, 羽田勝, 眞宅崇徳, 河野紀彦, 大谷崇裕, 金子卓男, 伊藤圭介, 池上博泰, 武者芳朗: 大腿骨頚部骨折術後脱臼予防のための前側方侵入法.  第41回日本関節病学会,  名古屋,  2013/11
43. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 武者芳朗, 伊藤圭介, 砂川隆英, 金子卓男: 高齢者の肘関節内骨折の治療.  第41回日本関節病学会,  名古屋,  2013/11
44. ◎伊藤圭介, 森 武男, 長張浩昌, 武者芳朗: 仙腸関節障害に対する高周波熱凝固術症例の臨床的検討.  第4回日本仙腸関節研究会,  東京,  2013/11
45. ◎伊藤圭介, 武者芳朗: 仙腸関節障害に対する高周波熱凝固術症例の臨床的検討.  第21回日本腰痛学会,  東京,  2013/11
46. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 金子卓男, 砂川隆英, 大谷崇裕, 河野紀彦, 吉田健太郎, 池上博泰: 小皮切で腰部脊柱管狭窄症の多椎間除圧を可能にした還納式棘突起縦割椎弓形成術.  第21回日本腰痛学会,  東京,  2013/11
47. ◎竹縄一幸, 太田登志子, 中山晴雄, 草地信也: 東邦大学医療センター大橋病院におけるCHDF患者へのバンコマイシン投与症例の検討.  第62回日本感染症学会東日本地方会・第60回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京,  2013/11
48. ◎中山晴雄, 太田登志子, 竹縄一幸, 草地信也: Arbekacin 耐性MRSAアウトブレイクを経験して.  第62回日本感染症学会東日本地方会・第60回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京,  2013/11
49. ◎齋藤紀彦, 平井希, 平元侑, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 原科純一, 林盛人, 伊豆蔵英明, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡, 大原関利章, 澁谷誠: 著名な石灰化を示し診断に苦慮した頭頂葉病変の一例.  第111回東京脳腫瘍研究会,  東京,  2013/10
50. ◎中山晴雄, 平元侑, 川又達朗, 荻野雅宏, 福田修, 森照明, 谷諭, 岩渕聡: 本邦におけるSCAT2ベースラインに関する検討.  第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会,  熊本,  2013/10
51. ◎反町武史, 川原 貴, 藤谷博人, 月村泰規, 立石智彦, 中山晴雄, 麻生 敬, 福田 崇: アメリカンフットボールにおける熱中症発生とグランドでの環境変化の検討.  第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会,  熊本,  2013/10
52. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 石井匡, 岩間淳哉, 佐藤健一郎, 原科純一, 林盛人, 木村仁, 横内哲也, 平元周, 青木和哉, 岩渕聡: 中学生指導者アンケートにみる柔道における脳震盪に対する対応の現状と課題.  第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会,  熊本,  2013/10
53. ◎砂川隆英, 梅田智広, 村上時生, 金子卓男, 伊藤圭介, 大谷崇裕, 池上博泰, 板谷清司, 武者芳朗: 糖修飾アパタイトと熱可塑性樹脂との複合化により調整した新規骨止血剤の調整.  第28回日本整形外科学会基礎学術集会,  幕張,  2013/10
54. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 木村仁, 櫻井貴敏, 伊豆蔵英明, 青木和哉, 岩渕聡: 腰椎すべり症を有する腰部脊柱管狭窄に対する環納式棘突起縦割椎弓形成術の成績とalignment変化.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
55. ◎荻野雅宏, 中山晴雄, 福田 修, 谷 諭, 永廣信治: スポーツ現場における脳震盪の評価と競技への復帰.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
56. ◎佐藤健一郎,林盛人, 青木和哉, 木村仁, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 中山晴雄, 原科純一, 石井匡, 岩間淳哉, 平井希, 岩渕聡: 破裂椎骨動脈解離性動脈瘤に対し母血管閉塞後に延髄梗塞を生じた症例の検討.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
57. ◎青木和哉, 林盛人, 中山晴雄, 原科純一, 木村仁, 伊藤圭介, 伊豆蔵英明, 石井匡, 岩間淳哉, 平井希, 岩渕聡: MRI FLAIR画像による脳室拡大の機序の検討.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
58. ◎中山晴雄, 川又達朗, 荻野雅宏, 福田修, 成相直, 野地雅人, 前田剛, 谷諭, 岩渕聡, 永廣信治: スポーツ頭部外傷に関する提言が与える脳震盪抑制効果に関する検討.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
59. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 石井匡, 岩間淳哉, 佐藤健一郎, 原科純一, 平田容子, 林盛人, 木村仁, 横内哲也, 平元周, 青木和哉, 岩渕聡: 中学生指導者アンケートにみる柔道における脳震盪に対する対応の現状と課題.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
60. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 岩渕聡, 青木和哉, 横内哲也, 木村仁, 伊豆蔵英明, 齋藤紀彦, 原科純一, 岩間淳哉, 中山晴雄, 石井匡, 平元侑, 飯塚有応, 八木文彦, 富田剛司: CASにおける眼血流の変化:Laser Speckle Flowgraphy を用いた網脈絡膜血流の検討.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
61. ◎齋藤紀彦, Dimpy Koul, Roel G.W. Verhaak, Jun Fu, Tun Yao, 青木和哉, 岩渕聡, W. K. Alfred Yung: グリオーマ幹細胞のプロファイル解析とTCGAデータの応用:グリオーマ幹細胞はTCGAデータに強い類似性を示す.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
62. ◎永廣信治, 谷 諭, 荻野雅宏, 川又達朗, 前田 剛, 野地雅人, 成相 直, 中山晴雄, 福田 修, 片山容一: スポーツ頭部外傷における納神経外科医の対応 ガイドライン作成に向けた日本脳神経外傷学会からの報告.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
63. ◎藤田聡, 大須賀覚, サンペトラ オルテア, 公田龍一, 大久保淳, 柴尾俊輔, 岩渕聡, 佐谷秀行: グリオーマ幹細胞の放射線治療時の代謝変化.  日本脳神経外科学会第72回学術総会,  横浜,  2013/10
64. ◎中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 石井匡, 平元侑, 平井希, 佐藤健一郎, 原科純一, 齋藤紀彦, 林盛人, 伊豆蔵英明, 木村仁, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡: 脳神経外科領域における敗血症治療の現状.  第18回日本神経感染症学会総会学術集会,  宮崎,  2013/10
65. ◎西村三美, 岩渕聡, 山崎美貴, 下山瞳, 濱陽子, 三浦誠, 關田俊介, 山口秀紀, 小泉文, 吉田直人, 當房満, 藤井達士: 急性期病院における摂食・嚥下障害看護認定看護師と歯科衛生士のかかわり.  第30回日本障害者歯科学会総会および学術大会,  神戸,  2013/10
66. ◎藤田聡, 大須賀覚, サンペトラ オルテア, 嵯峨伊佐子, 大久保淳, 柴尾俊輔, 公田龍一, 岩渕聡, 佐谷秀行: 分割照射後のグリオーマ幹細胞における代謝変化.  第72回日本癌学会学術総会,  横浜,  2013/10
67. ◎平井希, 中山晴雄, 岩間淳哉, 伊藤圭介, 木村仁, 伊豆蔵英明, 林盛人, 原科純一, 佐藤健一郎, 石井匡, 百島祐貴, 寺田一志, 大原関利章, 高橋啓, 青木和哉, 岩渕聡: 生検術直前に縮小し診断に苦慮した中枢神経原発悪性リンパ腫の一例.  第121回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2013/09
68. ◎篠崎稔, 栃木直文, 中山晴雄, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 若山恵, 村山琮明, 根元哲生, 渋谷和俊: 慢性型肺アスペルギルス症における細胞診断材料を用いた菌要素の検出に関する検討.  第57回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2013/09
69. ◎若山恵,下平佳代子, 中山晴雄, 篠崎稔, 大久保陽一郎, 石渡誉郎, 二本柳康博, 栃木直文, 長谷川千花子, 密田亜希, 根元哲生, 渋谷和俊: 東邦大学病理剖検例を用いた侵襲性真菌症発生動向と加齢の及ぼす影響についてー侵襲臓器を中心としてー.  第57回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2013/09
70. ◎大久保陽一郎, 大野秀明, 篠崎 稔, 宮﨑義継, 山本修平, 根本哲生, 若山 恵, 栃木直文,石渡誉郎, 中山晴雄, 下平佳代子, 安藝恭子, 田辺公一, 金子幸弘, 梅山 隆, 山越 智, 渋谷和俊: ガッティ型肺クリプトコックス症に関する感染防御機構ならびに病原因子の解析.  第57回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2013/09
71. ◎石間恵美, 河南典子, 若佐麻衣子, 紺野晋吾, 久保田俊輝, 西村三美, 藤岡俊樹, 岩渕聡: 院内リソースの連携におけるコーディネーターの役割を通して~一部自立経口摂取となった脳出血術後気管切開患者の一症例~.  第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会,  岡山,  2013/09
72. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 池上博泰, 砂川隆英, 金子卓男: 腰椎すべり症を有する腰部脊柱管狭窄に対する還納式棘突起縦割椎弓形成術の成績とalignment変化.  第62回東日本整形災害外科学会,  軽井沢,  2013/09
73. ◎南雲吉祥, 金子卓男, 大谷崇裕, 河野紀彦, 望月雄大, 羽田勝, 松本太輔, 川原佳祐, 砂川隆英, 吉田健太郎, 眞宅崇徳, 伊藤圭介, 池上博泰, 武者芳朗: 人工膝関節置換術術後に発生した膝蓋靱帯骨化の1例.  第62回東日本整形災害外科学会,  軽井沢,  2013/09
74. ◎服部尚文, 五味達哉, 中野晃枝, 横瀬正知, 稲田峰輝, 原田理映, 氷熊玲子, 長谷川誠, 村田望, 角尾美果, 長基雅司, 飯塚有応, 佐藤健一郎, 林盛人, 岩渕聡: 頚動脈プラーク撮像法のコントラストの比較(SEと可変フリップ角FSEの比較).  第41回日本磁気共鳴医学会大会,  徳島,  2013/09
75. ◎齋藤紀彦, Dimpy Koul, Roel G.W. Verhaak, Jun Fu、Jun Yao, 青木和哉, 岩渕聡, W. K. Alfred Yung: The Cancer Genome Atlas(TCGA)データのglioma stem cell研究への応用.  第45回ニューロ・オンコロジィの会,  東京,  2013/07
76. ◎菊池香乃子, 籠嶋弘美, 小川美季, 富坂百合, 長能みゆき, 岩渕聡: 亜急性期意識障害のある脳卒中患者の笑い療法における意識レベル評価の一考察.  第22回日本意識障害学会,  秋田,  2013/07
77. ◎林盛人, 岩渕聡, 佐藤健一郎, 横内哲也, 青木和哉, 木村仁, 原科純一, 中山晴雄, 岩間淳哉, 石井匡, 平井希, 宇都宮誠, 飯塚有応: 非心電図同期MRIによるプラーク性状評価とCAS後DWI陽性所見の検討.  第19回日本血管内治療学会総会,  青森,  2013/07
78. ◎林盛人, 岩渕聡, 佐藤健一郎, 青木和哉, 木村仁, 上原英夫, 服部尚史, 飯塚有応,五味達哉, 宇都宮誠, 中村正人: カラーイメージを用いた頚動脈プラーク成分評価~非心電図同期MRIとIB=IVUSの比較~.  第12回日本頚部脳血管治療学会,  東京,  2013/06
79. ◎岩渕聡: 脳卒中の最先端治療~血管内治療.  第10回脳神経外科市民公開講座,  東京,  2013/06
80. ◎藤田聡, 岩渕聡: 放射線治療後のグリオーマ幹細胞における代謝変化.  第142回東邦医学会例会,  東京,  2013/06
81. ◎安岡砂織, 矢野久子, 高野実, 田中友里, 大塚昌信, 中山晴雄, 松岡千賀子, 菊地京子: 短期型血液透析用カテーテル留置に関する感染予防策の実態.  第59回日本透析医学会学術集会・総会,  神戸,  2013/06
82. ◎若山 恵, 下平佳代子, 中山晴雄, 篠崎 稔, 大久保陽一郎, 笹井大督, 石渡誉郎, 職玉 珠, 栃木直文, 長谷川千花子, 密田亜希, 根本哲生, 渋谷和俊: 当院剖検例を用いた侵襲性真菌症の疫学的検討:危険因子としての加齢の影響.  第102回日本病理学会総会,  札幌,  2013/06
83. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 武者芳朗: 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割還納式除圧法のalignment変化.  第28回日本脊髄外科学会,  名古屋,  2013/06
84. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 砂川隆英, 大谷崇弘, 河野紀彦, 吉田健太郎, 望月雄大, 池上博泰, 岩渕聡, 金子卓男: 腰部脊柱管狭窄症の3椎間除圧術は約35mmの皮切で可能か.  第28回日本脊髄外科学会,  名古屋,  2013/06
85. ◎木村仁, 岩渕聡, 林盛人, 中山晴雄, 岩間淳哉, 横佐古卓, 青木和哉, 伊豆蔵英明, 櫻井貴敏, 紺野晋吾, 久保田俊輝, 石間恵美, 河南典子, 山下和美, 西村三美: 急性期脳卒中治療におけるチーム医療.  第38回日本外科系連合学会学術集会,  東京,  2013/06
86. ◎佐藤健一郎, 林盛人, 飯塚有応, 石井匡, 岩間淳哉, 中山晴雄, 原科純一, 木村仁, 青木和哉, 岩渕聡: 破裂椎骨動脈解離性動脈瘤に対する母血管閉塞後に延髄傍正中に虚血性変化を生じた1例.  第10回日本脳神経血管内医療学会 関東地方会,  東京,  2013/06
87. ◎櫻井貴敏, 青山幸生: 救急外来における疼痛軽減に対する芍薬甘草湯の使用経験.  第64回日本東洋医学会学術総会,  鹿児島,  2013/05
88. ◎伊藤圭介, 武者芳朗: 仙腸関節障害に対する高周波熱凝固術症例の臨床的検討.  第42回日本脊椎脊髄病学会,  沖縄,  2013/04
89. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 木村仁, 伊豆蔵英明, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡: 頚椎圧迫骨折にて発症した軟骨粘液腫様繊維腫の1例.  第120回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2013/04
90. ◎石井匡,横内哲也,平田容子,佐藤健一郎,林盛人,飯塚有応,岩渕聡,平元周: 原始舌下神経動脈残存患者に生じたAnterior Condylar Confluence 部硬膜動静脈瘻の1例.  第120回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2013/04
91. ◎平井希,林盛人,横佐古卓,岩間淳哉,佐藤健一郎,中山晴雄,木村仁,青木和哉,飯塚有応,岩渕聡: Tolosa-Hunt 症候群後に発生した海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例.  第120回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会,  東京,  2013/04
国際学会
1. ◎Ishii M: Complete recanalization of carotid occlusion after mechanical thrombectomy with Penumbra system.  2014 Ruijin International Neurosurgical Forum The 3rd Shanghai-Tokyo Friendship Neurosurgical Forum,  Shanghai, China,  2014/03
2. ◎Iwabuchi S, Nakayama H, Ishii M: Prophylactic intra-arterial administration of fasudilhydrochloride following subarachnoid hemorrhage.  2014Ruijin International Neurosurgical Forum The 3rd Shanghai-Tokyo Friendship Neurosurgical Forum,  Shanghai, China,  2014/03
3. ◎Nakayama H, Hiramoto Y, Kawamata T, Ogino M, Noji M, Nariai T, Fukuda O, Maeda T, Tani S, Iwabuchi S, Nagahiro S: A Study of concussion inhibitory effect of recommendations on sports head injuries.  2014 Ruijin International Neurosurgical Forum The 3rd Shanghai-Tokyo Friendship Neurosurgical Forum,  Shanghai, China,  2014/03
4. ◎Nakayama H, Kawamata T, Ogino M, Noji M, Nariai T, Fukuda O, Maeda T, Tani S, Iwabuchi S, Nagahiro S: A study of concussion inhibitory effect of recommendations on sports head injuries.  The 11th Symposium of The International Neurotrauma Society,  Budapest, Hungary,  2014/03
5. ◎Saito N, Jun Fu, Shuzhen Wang, W. K. Alfred Yung, Dimpy Koul: PTEN regulates GBMs Sensitivity to γ-Secretase Inhibitors: Implicating the need for simultaneous inhibition of PI3K and NOTCH pathways in PTEN mutant GBMs.  4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology,  San Francisco, U.S.A.,  2013/11
6. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Sato K, Yokouchi T, Aoki K, Nakayama H,Saito N, Harashina J, Iwama J, Ishii M, Iizuka T: Evaluation of histological components in carotid plaque with color plaque image: Non-gated MRI versus IB-IVUS.  12th Congress WFITN,  Buenos Aires, Argentina,  2013/11
7. ◎Sato K, Hayashi M, Yokouchi T, Aoki K, Kimura H, Saito N, Nakayama H, Harashina J, Ishii M, Utsunomiya M, Iizuka Y, Iwabuchi S: Ophthalmic artery flow before and after carotid artery stenting.  12th Congress WFITN,  Buenos Aires, Argentina,  2013/11
8. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Yokouchi T, Sato K, Kimura H, Aoki K, Utsunomiya M, Iizuka Y: Ophthalmic artery flow before and after carotid artery stenting (シンポジウム).  15th WFNS World Congress of Neurosurgery,  Seoul, Korea,  2013/09
9. ◎Iwabuchi S, Hayashi M, Kimura H, Hirata Y, Sato K, Nakayama H, Ishii M, Iwama J, Yokosako S, Ito K, Aoki K, Yokouchi T: Intra-arterial Administration of Fasudil Hydrochloride for Vasospasm Following Subarachnoid Hemorrhage -Experience of 125 cases-.  15th WFNS World Congress of Neurosurgery,  Seoul, Korea,  2013/09
10. ◎Nakayama H, Kawamata T, Ogino M, Iwabuchi S, Tani S, Nagahiro S: Report of serious head injuries during the past 20 years in the kanto collegiate American football league in Japan.  15th WFNS World Congress of Neurosurgery,  Seoul, Korea,  2013/09
11. ◎Fujita S, Nakayama H, Hirai N, Aoki K, Yokouchi M, Iwabuchi S: Organized chronic subdural hematoma –a case report-.  The 28th Japan Neurosurgery English Forum(JNEF),  横浜,  2013/07
12. ◎Iwabuchi S, Hayashi M, Yokouchi T, Sato K, Nakayama H, Iwama J, Ishii M, Hirata Y, Ito K, Kimura H, Aoki K: Prophylactic intra-arterial administration of Fasudil hydrochloride following subarachnoid hemorrhage.  12th International Conference on Neurovascular Events after Subarachnoid Hemorrhage,  Lucerne, Switzerland,  2013/07
13. ◎Ishiwatari T, Okubo Y, Izumi H, Sato F, Sasai D, Ando T, Shinozaki M, Natori K, Yamamoto Y, Tochigi N, Hasegawa C, Wakayama M, Hata Y, Nakayama H, Nemoto T, Shibuya K: Pathophysiological Implication of Reversed CT Halo Sign in Invasive Pulmonary Mucormycosis: A Rare Case Report.  2013 Congress of Asia Pacific Society for Medical Mycology,  Chengdu, China,  2013/06
14. ◎Okubo Y, Ohno H, Yamamoto S, Shinozaki M, Ishiwatari T, Sasai D, Tochigi N, Hasegawa C, Mitsuda A, Nemoto T, Nakayama H, Shimodaira K, Yamamoto Y, Tanabe K, Kaneko Y, Yamagoe S, Umeyama T, Kamei K, Miyazaki Y, Shibuya K: Difference in Pathophysiology of Experimental Cryptococcosis between C. gatti and C. neoformans.  2013 Congress of Asia Pacific Society for Medical Mycology,  Chengdu, China,  2013/06
15. ◎Wakayama M, Shimodaira K, Nakayama H, Shinozaki M, Okubo Y, Ishiwatari T, Tochigi N, Hasegawa C, Mitsuda A, Nemoto T, Shibuya K: Age-Related Analysis of Autopsy Cases in Toho University on the Prevalence of Invasive Fungal Infections.  2013 Congress of Asia Pacific Society for Medical Mycology,  Chengdu, China,  2013/06
16. ◎Nakayama H: Current status of molecular biological diagnostic method for invasive fungal infection by PCR and ISH method using paraffin-embedded tissue.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  横浜,  2013/06
17. ◎Saito N, Jun Fu, Shuzhen Wang, Erik P Sulman, Frederick F Lang, W. K. Alfred Yung and Dimpy Koul: A proneural signature profile predicts response to Notch inhibition in glioma tumor initiating cells.  19th Neuro-Tumor Club Dinner Meeting at AACR,  Washington, DC, USA,  2013/04
18. ◎Saito N, Jun Fu, Shuzhen Wang, Erik P Sulman, Frederick F Lang, W. K. Alfred Yung and Dimpy Koul: Oncogene addiction switch from NOTCH to PI3K/AKT require simultaneous targeting of NOTCH and PI3K pathway inhibition in glioblastoma.  AACR Annual Meeting 2013,  Washington, DC, USA,  2013/04
その他
1. ◎齋藤紀彦: 脳腫瘍治療における実地臨床の話題.  中外製薬㈱社内研修会,  東京,  2014/03
2. ◎中山晴雄: 当院の感染対策室の取り組み.  塩野義製薬社内講演,  東京,  2014/03
3. ◎岩渕聡, 林盛人, 横内哲也, 佐藤健一郎, 原科純一, 石井匡, 平井希, 木村仁, 櫻井貴敏, 青木和哉: Angiographic vasospasmに対する塩酸ファスジル動注の予防的投与の有用性(シンポジウム).  第30回スパズム・シンポジウム,  大阪,  2014/03
4. ◎岩渕聡: 急性期脳梗塞治療―現状と展望―.  玉川神経内科・精神科・神経外科医学会学術講演会,  東京,  2014/03
5. ◎中山晴雄: スポーツ頭部外傷のManagement.  第17回西尾久ニューロカンファ,  東京,  2014/03
6. ◎中山晴雄: 各競技における重症頭部外傷の予防対策~アメリカンフットボール.  第5回スポーツメディスンフォーラム,  横浜,  2014/03
7. 原科純一, 佐藤健一郎, 林盛人, 木村仁, 岩渕聡: 当院における後期高齢者(75歳以上)の未破裂脳動脈瘤-治療適応と成績-.  第10回ブレインアタックフォーラム関東,  東京,  2014/03
8. ◎中山晴雄: 脳振盪・急性硬膜下血腫の病態と競技復帰.  第17回日本アメリカンフットボール医科学研究会,  東京,  2014/02
9. ◎平井希: 血栓回収により完全再開通が得られた急性内頚動脈閉塞症の一例.  第20回神経症状から学ぶ大橋の会,  東京,  2014/02
10. ◎岩間淳哉, 林盛人, 横内哲也, 平元周: Techniques of replacing VP shunt.  第27回大橋ニューロカンファレンス,  東京,  2014/02
11. ◎齋藤紀彦, 平井希, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 原科純一, 平元侑, 青木和哉, 高橋啓, 岩渕聡: トルコ鞍部に発生したchondrosarcomaの一例.  第112回東京脳腫瘍研究会,  東京,  2014/02
12. ◎平井希: 血管内治療により完全再開通が得られた心原性閉塞による内頚動脈閉塞症.  城南心脳卒中カンファレンス,  東京,  2014/02
13. ◎飯塚有応, 石井匡, 佐藤健一郎, 林盛人, 横内哲也, 岩渕聡, 堤義之, 小西善史: 「Bonnet-Deuchaume-Blanc or Wyburn-Mason or Cerebrofacial arteriovenous metameric (CFAVM)syndrome」.  第10回東京・神奈川脳血管内治療懇話会,  神奈川,  2014/02
14. ◎原科純一: 脳卒中後摂食・嚥下障害に対する口腔ケアー多職種によるチーム医療.  第5回Fighting Vascular Events in 城南,  東京,  2014/01
15. ◎中山晴雄, 川又達朗, 荻野雅宏, 福田修, 成相直, 野地雅人,谷諭, 平元侑, 岩渕聡, 永廣信治: フットボール(ラクビー・アメフト)における脳震盪からの競技復帰に関する現状と課題.  第19回スポーツ傷害フォーラム,  大阪,  2014/01
16. ◎中山晴雄: 当科におけるてんかん重積に対する新規抗てんかん剤の使用経験.  静岡県中部脳神経外科てんかん治療を考える会,  静岡,  2014/01
17. ◎櫻井貴敏: 実臨床における抗認知症薬の使い分けについて.  エーザイ株式会社MR実践研修,  横浜,  2014/01
18. ◎中山晴雄: 脳卒中におけるITB療法の適応.  第一三共ITB社内講演,  東京,  2014/01
19. ◎飯塚有応, 益田春香, 岩崎美樹子, 杉山三紀, 長谷川誠, 村田望, 角尾美果, 長基雅司, 五味達哉, 関口隆三, 横内哲也, 岩渕聡: Dual Arteriovenous Fistula at the Anterior Condylar Confluence.  東京アンギオ・IVR会第459回例会,  東京,  2014/01
20. ◎中山晴雄: 当院におけるインフルエンザ対策について.  インフルエンザ予防と治療を考える会~2013/2014シーズンを向えて~,  東京,  2013/12
21. ◎西村三美, 三浦誠, 石間恵美, 河南典子, 中村幸子, 岩渕聡: 急性期病院における摂食・嚥下障害看護認定看護師と歯科衛生士のかかわり.  第13回世田谷区医師会医学会,  東京,  2013/12
22. ◎櫻井貴敏: アルツハイマー型認知症治療薬の使い分けについて.  ノバルティスファーマ株式会社社内研修会,  横浜,  2013/12
23. ◎岩渕聡: 脳卒中急性期治療の現状.  二子玉川脳卒中リハケア連携研究会,  東京,  2013/12
24. ◎中山晴雄: 今日から出来る感染対策~今年の冬はこれでインフルエンザなどを予防しよう~.  医学公開講座,  東京,  2013/11
25. ◎櫻井貴敏: アジルバ錠使用経験.  武田薬品工業株式会社社外講師勉強会,  横浜,  2013/11
26. ◎中山晴雄: 感染症診療の基本.  平成25年度第4回 研修医研究会,  東京,  2013/11
27. ◎岩間淳哉, 林盛人, 佐藤健一郎, 青木和哉, 中山晴雄, 伊藤圭介, 石井匡, 飯塚有応, 岩渕聡: 小脳橋角部に発生した脳動静脈奇形の1例.  第67回東邦医学会総会,  東京,  2013/11
28. ◎青木和哉: 脳神経外科としての診療 ―脳卒中を離れてー.  武田製薬勉強会,  東京,  2013/11
29. ◎中山晴雄: CD腸炎について.  第3回感染対策セミナー,  東京,  2013/10
30. ◎原科純一: STA-MCAバイパス; 初心者からの取り組みー自身の経験よりー.  第13回城南脳卒中研究会,  東京,  2013/10
31. ◎長張浩昌, 伊藤圭介, 松本太輔, 森武男, 南雲吉祥, 金子卓男, 池上博泰, 武者芳朗: 第7頚椎椎体に発生した軟骨粘液腫様線維腫の1例.  関東整形災害外科学会 第669回整形外科集談会 東京地方会,  東京,  2013/09
32. ◎中山晴雄: 当院における敗血症性DICに対する遺伝子組み換え型ヒトトロンボモジュリン製剤の有効性.  目黒世田谷DICセミナー,  東京,  2013/09
33. ◎櫻井貴敏: 脳卒中と脂質異常症.  塩野義製薬株式会社社内研修会,  横浜,  2013/09
34. ◎岩渕聡: Bovine arch +逆h型分岐内頚動脈高度狭窄の一例.  第7回東京脳卒中の血管内治療セミナー,  東京,  2013/09
35. ◎中山晴雄: 感染予防につとめた動脈ラインの管理.  平成25年度第3回 研修医研修会,  東京,  2013/09
36. ◎櫻井貴敏: パーキンソン病治療薬の使い分けについて.  ノバルティスファーマ株式会社認知症社内講演会,  東京,  2013/09
37. ◎北川雅史, 師田信人, 荻原英樹, 佐々木奈都, 岩間淳哉: クロフェンポンプが腹腔内に迷入した1例.  第36回関東機能的脳外科カンファレンス,  東京,  2013/09
38. ◎林盛人, 岩渕聡, 横内哲也, 佐藤健一郎, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 原科純一, 石井匡, 飯塚有応: AVM治療後のメンタルケア.  第32回 The Mt. Fuji Workshop on CVD,  仙台,  2013/08
39. ◎青木和哉: 脳腫瘍の化学療法・薬物療法について.  大塚製薬勉強会,  東京,  2013/08
40. ◎岩渕聡: 脳卒中の予防と治療(特別講演).  第18回ファーマコカンファレンス城南,  東京,  2013/07
41. ◎櫻井貴敏: ARB高容量からアジルバ40mg切り替え効果の検討.  アジルバ錠発売一周年記念講演会,  東京,  2013/07
42. ◎中山晴雄: 脳震盪予防の新ガイドライン.  2013関東高等学校アメリカンフットボール連盟「安全対策クリニック」,  東京,  2013/07
43. ◎林盛人、佐藤健一郎、石井匡、横内哲也、岩渕聡、飯塚有応: 短期間でdomeの血栓化を来した未破裂内径動脈瘤に1例.  第28回東京脳血管内研究会,  東京,  2013/07
44. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 大塚昌信, 白根尚子, 太田登志子, 石井良和, 草地信也: 当院におけるMRSA アウトブレイクへの対応.  第4回MRSAフォーラム,  東京,  2013/07
45. ◎中山晴雄, 川又達朗: 頭部外傷 脳震盪・急性硬膜下血腫.  2013JAFA指導者講習会,  東京,  2013/06
46. ◎草地信也、中山晴雄、松岡千賀子、大塚昌信、太田登志子、林 亮子: 大橋病院における耐性菌検出率、抗菌薬使用状況、アンチバイオグラム、アウトブレイク及び病棟閉鎖の状況.  平成25年度第1回東邦感染症地域連携研究会,  東京,  2013/06
47. ◎青木和哉: Gliomaの臨床像と治療.  中外製薬勉強会,  東京,  2013/06
48. ◎伊藤圭介: 脳神経外科・整形外科のコラボレーション.  大橋脊椎脊髄フォーラム,  東京,  2013/06
49. ◎中山晴雄: 感染予防につとめた正しい創処置の仕方.  平成25年度研修医研修会,  東京,  2013/06
50. ◎岩間淳哉: 新規抗凝固薬について.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
51. ◎原科純一: 福岡大学でやったこと、学んだこと.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
52. ◎佐藤健一郎: 血栓回収療法のデバイスとエビデンス.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
53. ◎石井匡: 頚動脈狭窄症~CAS up to date ~.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
54. ◎中山晴雄: 外傷.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
55. ◎藤田聡: glioma と遺伝子制御.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
56. ◎平井希: t-PA とわたし.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
57. ◎平元侑: 新規痙攣薬を中心に.  第1回Ohashi neurosurgical conference in Hakone,  箱根,  2013/06
58. ◎中山晴雄: 中心静脈カテーテル感染症.  研修医CV講習会,  東京,  2013/06
59. ◎青木和哉: 当院における脳神経外科治療と集中治療部の現状について.  グラクソ・スミスクライン勉強会,  東京,  2013/05
60. ◎中野正剛: 家庭内で意見が分かれたため診断依頼した1例.  第2回地域連携のための大橋Alzheimer’s Disease Conference,  東京,  2013/05
61. ◎平田容子: 早期での紹介により進行抑制効果のあった症例.  第2回地域連携のための大橋Alzheimer’s Disease Conference,  東京,  2013/05
62. ◎中山晴雄: 安全指導講習会.  平成25年度東京都中体連柔道部総会,  東京,  2013/04
63. ◎岩渕聡: 眼症状と脳血管内治療.  目黒区医師会学術講演会,  東京,  2013/04
64. ◎岩渕聡: 心房細動患者における脳塞栓症―今後の展望―.  第2回開業医のためのわかりやすい心房細動治療勉強会~患者さんを脳梗塞にさせないために~,  東京,  2013/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者