東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 脳神経外科学講座(大橋)
 Department of Neurosurgery (Ohashi)

教授:
  岩渕 聡
准教授:
  青木 和哉
講師:
  伊藤 圭介
  齋藤 紀彦
  櫻井 貴敏
  中山 晴雄
  林 盛人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤田 聡   助教
              2
 4
 
 1
 1
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎森武男, 金子卓男, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 伊藤圭介, 伊藤圭介, 大井川仁美, 梅田智広, 武者芳朗: マイクロマイクセンサを用いた歩行障害における客観的手法の検討.  第33回日本整形外科学会基礎学術集会,  奈良,  2018/10
2. ◎石井秀明, 吉澤秀, 眞宅崇徳, 伊藤圭介, 金子卓男, 武者芳朗, 池上博泰: 上腕骨近位部骨折治療におけるtension band sutureに関する基礎研究.  第33回日本整形外科学会基礎学術集会,  奈良,  2018/10
3. ◎石井秀明, 金子卓男, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 伊藤圭介, 池上博泰, 大井川仁美, 梅田智広, 武者芳朗: 小型軽量ウェアラブル加速度センサを用いた歩行障害における客観的手法の検討.  第33回日本整形外科学会基礎学術集会,  奈良,  2018/10
4. ◎長張浩昌, 金子卓男, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 伊藤圭介, 池上博泰, 大井川仁美, 梅田智広, 武者芳朗: 指先装着型センサを用いた手指巧緻運動における客観的評価手法の検討.  第33回日本整形外科学会基礎学術集会,  奈良,  2018/10
5. ◎鈴木遼, 伊藤圭介, 林盛人, 藤田聡, 平井希, 佐藤健一郎, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩渕聡: 症状が急激に進行した脊髄硬膜動静脈瘻の一例.  第136回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,  東京,  2018/09
6. ◎山下和美, 岩渕聡, 関戸哲利: 軽度意識障害患者の膀胱内尿量と尿意の関係を考慮した排尿誘導の試み.  第27回日本意識障害学会,  大阪,  2018/07
7. ◎藤田聡, 林盛人, 久保寺隆行, 和田義明, 岩渕聡: 急激な意識障害を呈した横静脈洞硬膜動静脈瘻の1例.  第27回日本意識障害学会,  大阪,  2018/07
8. ◎藤田聡, 林盛人, 岩渕聡: 末梢性中大脳動脈瘤に対して血管内治療を行った2例.  第15回日本脳神経血管内治療学会関東地方会学術集会,  東京,  2018/07
9. ◎林盛人, 岩渕聡, 藤田聡, 深作和明, 吉田賢作, 入江是明, 中村芳樹, 渡邊玲, 佐藤章, 小野健一郎, 稲葉彰, 久保寺隆行, 和田義明: 東京都二次医療圏における急性期血栓回収療法の医療機関連携 区西南部での試み.  第15回日本脳神経血管内治療学会関東地方会学術集会,  東京,  2018/07
10. ◎林盛人, 岩渕聡, 藤田聡, 深作和明, 吉田賢作, 入江是明, 中村芳樹, 渡邊玲, 佐藤章, 小野健一郎, 稲葉彰, 久保寺隆行, 和田義明: 東京都区西南部におけるdrip, ship & retrieve体制-開始から3年間の評価.  第24回日本血管内治療学会学術総会,  神戸,  2018/07
11. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 櫻井貴敏, 岩渕聡, 武者芳朗: 仙腸関節障害における疼痛関連部位の特徴.  第33回日本脊髄外科学会,  奈良,  2018/06
12. ◎原田侑弥, 髙橋美咲, 安田葉月, 藤田聡, 福田英嗣: 頭蓋内黄色腫に合併した扁平黄色腫の1例..  第117回日本皮膚科学会総会,  広島,  2018/06
13. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 金城純人, 伊志嶺洋平, 池上博泰, 武者芳朗: 腰椎変性すべり症を有する腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲後方除圧単独施行例の長期成績(術後5年以上フォロー症例の検討).  第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  神戸,  2018/04
14. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 金城純人, 伊志嶺洋平, 金子卓男, 池上博泰, 武者芳朗: 仙腸関節障害における疼痛関連部位の特徴.  第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  神戸,  2018/04
国際学会
1. ◎Saito N, Aoki K, Hirai N, Fujita S, Nakayama H, Hayashi M, Sakurai T, Iwabuchi S: Role of Notch signaling in bevacizumab-induced vascular normalization in glioblastoma (Poster).  American Association for Cancer Research Annual Meeting 2018 (AACR),  Chicago, USA,  2018/04
その他
1. ◎齋藤紀彦: 脳腫瘍てんかんにおけるレベチラセタムの有用性.  Fighting Epilepsy in 城南,  東京,  2018/09
2. ◎藤田聡: 後頚部痛と椎骨動脈解離.  第26回神経症状から学ぶ大橋の会,  東京,  2018/09
3. ◎中山晴雄: MRSAによる術後頭蓋内硬膜外膿瘍の症例.  第11回病院連携感染制御研究会,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者