東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(大橋)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  柴 輝男
講師:
  坂本 健太郎
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















柴 輝男   教授
    2          
 2
(2)
 
 
 
 
坂本 健太郎   講師
    2          
 2
(2)
 
 
 
 
岡畑 純江   助教
   2           2
(2)
 
 
 
 
 
三松 貴子   助教
    2          
 2
(2)
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  2
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Okahata S, Sakamoto K, Mitsumatsu T, Kondo Y, Tanaka S, Shiba T.:  Mechanistic insights from sequential combination therapy with a sodium glucose co-transporter-2 inhibitor and a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor: Results from the CANARIS Trial using canagliflozin and teneligliptin.  Diabetes Obesity and Metabolism  doi: 10.1111/. (dom.13505) :1 -5 , 2018
2. 〇Sumie Okahata, Kentaro Sakamoto, Takako Mitxumatsu, Teruo Shiba:  "Fulminant type 1 diabetes associated with Isolated ACTH deficiency induced by anti-programmed cell death 1 antibody - insight into the pathogenesis of autoimmune endocrinopathy -".  Endocrine Journal  in press :X , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 〇岡畑純江、坂本健太郎、近藤佑子、三松貴子、柴 輝男: 乳がん治療に対するニボルマブの使用後に劇症1型糖尿病とACTH単独欠損症を生じた症例の遺伝因子の検討.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京,  2018/10
2. 〇岡畑 純江, 坂本 健太郎, 近藤 佑子, 田中 翔士, 三松 貴子, 柴 輝男: SGLT2阻害薬とDPP4阻害薬の併用効果を食事負荷試験を用いてインスリン・グルカゴンの観点から短期に検討.  第61回日本糖尿病学会年次学術集会,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者