<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(大橋)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















柴 輝男   教授
  1  3  3 9       1
(1)
 9
(6)
 1
(1)
 3
(3)
 
 
岡畑 純江   助教
    1  3        3
(3)
 4
(2)
 2
(2)
 
 
 
坂本 健太郎   助教
   1   3        2
(2)
 6
(4)
 1
(1)
 2
(2)
 
 
三松 貴子   助教
      2 1       1
 6
(5)
 
 2
(2)
 
 
 0 1  11 0  0  7
(6)
 4
(4)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














柴 輝男   教授
    3     1
(1)
 1
(1)
 
岡畑 純江   助教
    3     3
(3)
 2
(2)
 
坂本 健太郎   助教
  1  3     2
(2)
 1
(1)
 
三松 貴子   助教
    2     1
 
 
 0 1  11 0  0  7
(6)
 4
(4)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kohjiro Ueki, Takayoshi Sasako, Masayuki Kato, Yukiko Okazaki, Sumie Okahata, Hisayuki Katsuyama, Mikiko Haraguchi, Ai Morita, Ken Ohashi, Kazuo Hara, Atsushi Morise, Kazuo Izumi, Yasuo Ohashi, Mitsuhiko Noda, Tkahashi Kadowaki, the- J-DOIT3 Study Group:  Design of and rationale for the Japan Diabetes Optimal Integrated Treatment study for 3 major risk factors of cardiovascular diseases (J-DOIT3): a multicenter, open-label, randomized, parallel-group trial.  BMJ Open Diabetes Research & Care  4 (1) :1 -9 , 2016
2. 1.Maehata Y, Miyamoto C, Tsukinoki K, Takahashi S, Yoshino F,Wada-Takahashi S, Yoshida A, Tanaka A, Adachi T, Igoshi N, Shiba T, Kishikawa N, Imazato T, Suzuki I, Ihara H, Shimomura J, Okabe H, Yanagisawa T, Hosho A, Maehata E:  Foresight of physical development indicated by the National Health and Nutrition Survey in Japan : An approach in terms of biomedical sciences.  International journal of analytical bio-science  3 (3) :63 -72 , 2015
3. Kentaro Sakamoto,Mitsunobu Kawamura,Takahide Kohro,Masao Omura,Takayuki Watanabe,Keiko Ashidate, Toshiyuki Horiuchi,Hidehiko Hara,Nobuo Sekine, Rina Chin,Motoyoshi Tsujino,Toru Hiyoshi,Motoki Tagami,Akira Tanaka,Yasumichi Mori,
Takeshi Inazawa,Tsutomu Hirano,Tsutomu Yamazaki, Teruo Shiba:  Effect of Ezetimibe on LDL-C Lowering and Atherogenic Lipoprotein Profiles in Type 2 Diabetic Patients Poorly Controlled by Statins.  PLoS one  10 :1 -14 , 2015
総説及び解説
1. 太幡亜子、矢野正生、柴 輝男:  2型糖尿病.  Clinical Study  36 (5) :24 -32 , 2015
症例報告
1. Atsushi Obata, Hideaki Kaneto, Shinji Kamei, Masashi Shimoda, Satoru Kishi, Akihiro Isogawa, Teruo Shiba:  Pancreatic Inflammation Captured by Imaging Technology at the Onset of Fulminant Type 1 Diabetes.  Diabetes Care  38 :1 , 2015
■ 著書
1. ◎岡畑純江、柴 輝男:  3、インスリンのハイミックス製剤の使い方について教えて下さい.  処方Q&A糖尿病  .104-110.  南山堂,  東京, 2015
2. ◎岡畑純江、柴 輝男:  2、2型糖尿病に対する効果的なインスリンの選択方法を教えて下さい.  処方Q&A糖尿病  .134-138.  南山堂,  東京, 2015
3. ◎岡畑純江、柴 輝男:  1、速効型インスリンと超速効型インスリンの使い分けを教えて下さい.  処方Q&A糖尿病  .90-94.  南山堂,  東京, 2015
4. 柴 輝男:  インスリン療法を離脱できる目安はありますか?.  糖尿病 処方/Q&A  111-113.  南山堂,  東京、日本, 2015
5. 坂本健太郎、柴 輝男:  強化インスリン療法の適応となる症例を教えてください.  糖尿病 処方/Q&A  114-116.  南山堂,  東京、日本, 2015
6. 坂本健太郎、柴 輝男:  持続皮下インスリン注入療法(CSII)の適応となる症例を教えてください.  糖尿病 処方/Q&A  117-122.  南山堂,  東京、日本, 2015
7. 柴 輝男:  インスリン投与中、どのような場合に経口血糖降下薬を併用しますか.  糖尿病 処方/Q&A  123-127.  南山堂,  東京、日本, 2015
8. 坂本健太郎、柴 輝男:  強化インスリン療法と非強化療法とで血糖の改善度に違いはありますか.  糖尿病 処方/Q&A  128-133.  南山堂,  東京、日本, 2015
9. 三松貴子、柴輝男:  インスリンをうち忘れた時の対応を教えてください.  糖尿病 処方Q&A  76-79.  南山堂,  東京、日本, 2015
10. 三松貴子、柴 輝男:  インスリン療法が適応となる患者背景を教えてください.  糖尿病 処方/Q&A  80-84.  南山堂,  東京、日本, 2015
11. 柴 輝男:  インスリン治療の開始法とその後の変更法について教えてください.  糖尿病 処方/Q&A  85-89.  南山堂,  東京、日本, 2015
12. 三松貴子、柴 輝男:  中間型インスリンと持効型インスリンの使い分けを教えてください.  糖尿病 処方/Q&A  95-103.  南山堂,  東京、日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田中翔士, 三松貴子, 大木佑子, 岡畑純江, 坂本健太郎, 柴輝男: 胃全摘後にインスリン抗体価高値を伴う低血糖が頻発した一例.  第53回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,  横浜市(神奈川),  2016/01
2. ◎大木 佑子、岡畑 純江、三松 貴子、坂本 健太郎、柴 輝男: 認知症を伴う超後期高齢者のインスリノーマにジアゾキサイド治療を選択し血糖コントロールに難渋した症例.  第53回日本糖尿病関東甲信越地方会,  横浜市(神奈川県),  2016/01
3. 坂本 健太郎, 山崎 力, 岸本 淳司, 柴 輝男: 女性におけるピタバスタチンの糖尿病発症抑制作用は年齢と関係しない(J-PREDICT 研究サブ解析).  第30回日本糖尿病合併症学会,  名古屋,  2015/11
4. ◎岡畑純江、坂本 健太郎、三松 貴子、柴 輝男: 2型糖尿病患者の腎症進展の予測因子としてのTNFR2とCys-Cの関連検討.  第30回日本糖尿病合併症学会,  名古屋市(愛知県),  2015/11
5. 柴 輝男: 2型糖尿病治療の新たな展開.  第36回日本肥満学会,  愛知県名古屋市,  2015/10
6. ◎岡畑純江、坂本 健太郎、三松 貴子、柴 輝男: 糖尿病合併Prader-Willi症候群に対するGLP-1RおよびSGLT-2の治療効果検討.  第36回日本肥満学会,  熱田市(名古屋国際会議場),  2015/10
7. ◎岡畑 純江、坂本 健太郎、竹宮 聖一、三松 貴子、柴 輝男: アログリプチンの作用に関する食事負荷試験による検討 第4報
DIとISRを含めた膵島機能の検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関 日本,  2015/05
8. 坂本健太郎, 竹宮聖一、三松貴子、岡畑純江,柴 輝男: 食事負荷試験で見るDPP4阻害薬の作用様式の異同.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関 日本,  2015/05
9. 柴 輝男,石井 聡,満吉 利佳,Susanne Crowe4,小岩井 和樹: 日本人2型糖尿病患者におけるエンパグリフロジンの有効性及び安全性:第Ⅱb/Ⅲ相試験併合データを用いたBMIと年齢によるサブ解析.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関、日本,  2015/05
10. ◎三松貴子, 坂本健太郎, 岡畑純江, 竹宮聖一, 柴 輝男: 糖尿病患者におけるエキセナチド徐放剤の有効例の臨床的特徴.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
国際学会
1. T. Shiba, S. Ishii, R. Mitsuyoshi, S. Crowe, K. Koiwai.: Sub-analysis of empagliflozin pooled data from three Phase IIb/III trials by BMI and age in Japanese patients with T2DM.  23rd World Diabetes Congress ( International Diabetes Federation IDF 2015),  Vancouver, Canada,  2015/11
2. ◎Sumie Okahata, K Sakamoto, T Mitsumatsu, T Shiba: The Alogliptin improve the model-assessed Beta-cell Function In 52 Weeks.  23rd World Diabetes Congress ( International Diabetes Federation IDF 2015),  Vancouver, Canada,  2015/11
3. K. Sakamoto : on behalf
M. Kawamura, T. Watanabe, K. Ashidate, T. Kohro, A. Tanaka, Y. Mori, M. Tagami, T. Hirano, T. Yamazaki, T. Shiba, RESEARCH Study Group: RESEARCH: superior effect of ezetimibe was sustained on LDL-C level and the rate of achievement of target value in a 52-week analysis.  51st EASD Annual Meeting,  Stockholm, Sweden,  2015/09
4. ◎Sumie Okahata, K Sakamoto, T Mitsumatsu, T Shiba: The persistent antihyperglycemic effect of alogliptin in 52 weeks and positive correlation of initial glycemic control to the extent of improvement.  American Diabetes Association 75th Scientific Sessions,  Boston, USA,  2015/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者