<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大橋)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















亀田 秀人   教授
  1 2 1          3
(2)
 9
(6)
 2
 6
(3)
 
 
小倉 剛久   講師
              1
(1)
 1
(1)
 
 2
(2)
 
 
今泉 ちひろ   助教
              
 2
(2)
 1
(1)
 1
(1)
 
 
片桐 翔治   助教
              
 2
(2)
 
 2
(2)
 
 
 0 2  0 0  0  4
(3)
 3
(1)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














亀田 秀人   教授
  2       3
(2)
 2
 
小倉 剛久   講師
         1
(1)
 
 
今泉 ちひろ   助教
         
 1
(1)
 
片桐 翔治   助教
         
 
 
 0 2  0 0  0  4
(3)
 3
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kameda H, Tasaka S, Takahashi T, Suzuki K, Soeda N, van Hoogstraten H, Diab R, Tanaka Y.:  Safety of sarilumab in a Japanese population with rheumatoid arthritis by age group: Data from an interim analysis of a post-marketing surveillance study.  Modern Rheumatology  :in press , 2024
総説及び解説
1. 峰岸靖人, 亀田秀人:  関節リウマチに対する抗PD-1抗体製剤について.  リウマチ科  71 (5) :518 -523 , 2024
その他
1. Kameda H:  Methotrexate dosage and dosing in Japan.  International Journal of Rheumatic Diseases  :in press , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎亀田秀人: 乾癬性関節炎の治療 up to date.  第123回日本皮膚科学会総会,  京都,  2024/06
2. ◎羽多野美香, 磯島咲子, 磯崎健男, 岡田随象, 藤尾圭志, 村島温子, 天野宏一, 伊藤健司, 草薙恭圭, 大野滋, 要伸也, 金子祐子, 亀田秀人, 桐野洋平, 松下雅和, 中島裕史, 落合萌子, 平松ゆり, 松本功, 三村俊英, 森本真司, 保田晋助, 矢嶋宣幸: SLE合併妊娠の妊娠合併症・妊婦転帰の検討:多施設共同コホート研究.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
3. ◎山岡邦宏, 田中良哉, 亀田秀人, 針谷正祥, Khan N, Coombs D, 松本和子, 竹内勤: 関節リウマチ患者におけるウパダシチニブの長期安全性:臨床試験併合解析による日本人集団と全体集団の比較.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
4. ◎川人豊, 金子祐子, 田中榮一, 井上祐三郎, 金子佳代子, 亀田秀人, 岸本暢将, 久保田知洋, 河野正孝, 小嶋俊久, 小嶋雅代, 杉原毅彦, 中島亜矢子, 平田信太郎, 房間美恵, 宮前多佳子, 森信暁雄, 針谷正祥: 関節リウマチ診療ガイドライン2024改訂の作成経緯と特色.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
5. ◎田中良哉, 花見健太郎, 宮崎佑介, 石ヶ坪良明, 岩本太郎, 牛尾一康, 岡野裕, 尾登誠, 川畑仁人, 三枝淳, 中村幸男, 棗田将光, 野崎祐史, 宮本俊明, 山西裕司, 石黒直樹, 熊ノ郷淳, 竹内勤, 當間重人, 藤野善久, 亀田秀人: 関節リウマチを対象とした日常診療下におけるサリルマブの前向き観察研究(PROFILE-J)に登録された患者群の患者特性・疾患活動性(中間集計).  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
6. ◎岸本暢将, 亀田秀人, Van den Bosch F, Baraliakos X, 池田公俊, 古澤祐樹, Li Y, Shmagel A: X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎患者を対象とした1年間のプラセボ対照試験におけるウパダシチニブの有効性及び安全性:本邦の診断ガイダンスに類似した部分集団の解析.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
7. ◎亀田秀人, Kristensen LE, Kejserman M, Papp K, Mccasland L, White D, Stakias V, Iyile T, Carter K, Soliman AM, Drogaris L, Chen MM, Padilla B, Behrens F: csDMARDで効果不十分の活動性乾癬性関節炎(PsA)患者に対するRisankizumabの長期有効性および安全性:KEEPsAKE1試験の148週の結果(アンコール発表).  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
8. ◎小倉剛久, 林則秀, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 峰岸靖人, 前澤怜奈, 片桐翔治, 亀田秀人: 関節リウマチ患者の手関節における診察所見と超音波所見に関する検討.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
9. ◎辻成佳, 松井聖, 谷口義典, 大久保ゆかり, 金子祐子, 田村直人, 亀田秀人, 岸本暢将, 土橋浩章, 川上純, 渥美達也, 岡本奈美, 小田良, 門野夕峰, 高窪祐弥, 中島亜矢子, 中島康晴, 藤尾圭志, 藤本学, 松野博明, 松原優里, 宮川一平, 森雅亮, 森田明理, 山村昌弘, 渡邉玲, 野崎太希, 玉城雅史, 冨田哲也: 脊椎関節炎および掌蹠膿疱症性骨関節炎・SAPHO症候群を対象とした新しいレジストリ“SPARKLE-J”について.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
10. ◎峰岸靖人, 小倉剛久, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 前澤怜奈, 片桐翔治, 亀田秀人: 関節リウマチ患者の機能的寛解における関節軟骨の影響.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
11. 亀田秀人, Baraliakos X, Deodhar A, 池田公俊, Bu X, Shmagel A: 生物学的製剤抵抗性の活動性強直性脊椎炎患者におけるウパダシチニブの有効性及び安全性:第3相試験における全体及び日本人集団の1年間の結果.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
12. 辻成佳, 亀田秀人, 岸本暢将, 渥美達也, 大久保ゆかり, 岡本奈美, 川上純, 藤本学, 宮川一平, 森雅亮, 森田明理, 渡邉玲, 冨田哲也: 脊椎関節炎および掌蹠膿疱症性骨関節炎・SAPHO症候群を対象とした新しいレジストリ“SPARKLE-J”における乾癬性関節炎の臨床的特徴について.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
国際学会
1. ◎Baraliakos X, van der Heijde D, Sieper J, Inman R, Kameda H, Maksymowych WP, Shmagel A, Lagunes I, Bu X, Wung PK, Deodhar A: Efficacy, safety and radiographic outcomes from the phase 3 select-axis 2 study of upadacitinib in patients with active ankylosing spondylitis and an inadequate response to biologic dmard therapy: 2-year data.  European Congress of Rheumatology (EULAR) 2024,  Vienna, Austria,  2024/06
2. ◎Tamai H, Ikeda K, Miyamoto T, Taguchi H, Kuo CF, Shin K, Hirata S, Okano Y, Sato S, Yasuoka H, Choi IA, Park SH, Weng MY, Kuwana M, Lee YJ, Ishii T, Kim J, Kameda H, Kojima T, Baek HJ, Hsu PN, Huang CM, Cheng TT, Sung WY, Tsai WC, Taninaga T, Mori M, Miyagishi H, Sato Y, Takeuchi T, Kaneko Y on behalf of MIRACLE trial collaborators: Efficacy and safety of low or high dose methotrexate in combination with adalimumab in patients with elderly-onset rheumatoid arthritis: results from the randomised, controlled MIRACLE trial.  European Congress of Rheumatology (EULAR) 2024,  Vienna, Austria,  2024/06
3. ◎Kameda H, Ishii K, Kiriyama J, Mikami T, Uratsuji H, Morita A: Comparing long-term persistence rates of secukinumab or adalimumab using propensity score matching in patients with psoriatic arthritis: findings from the real-world FLYWAY study.  European Congress of Rheumatology (EULAR) 2024,  Vienna, Austria,  2024/06
4. ◎Kawabe T, Miyamae T, Okamoto N, Inoue Y, Ebato T, Irabu H, Kameda H, Kaneko Y, Kubo H, Kubota T, Mitsunaga K, Nakajima A, Nishimura K, Ohkubo N, Sato T, Sugita Y, Tanaka E, Tanaka T, Yajima N, Yashiro M, Yamanishi S, Yanai R, Mori M, Kawahito Y, Harigai M on behalf of The Ministry of Health, Labour and Welfare conducted a study on the enhancement of medical standards through the revision of Rheumatoid Arthritis treatment guidelines (Principal Investigator: Masayoshi Harigai): A systematic review for the treatment of juvenile idiopathic arthritis with oligoarthritis or polyarthritis informing the 2024 japan college of rheumatology clinical practice guidelines.  European Congress of Rheumatology (EULAR) 2024,  Vienna, Austria,  2024/06
5. ◎Kameda H: Efficacy/effectiveness and safety of Upadacitinib in immune-mediated inflammatory diseases.  The 3rd International Symposium of Clinical Immunology,  函館,  2024/05
6. ◎Imaizumi C, Maezawa R, Minegishi Y, Takakura Y, Katagiri T, Ogura T, Kameda H: The maintenance dose of glucocorticoid in the management of systemic lupus erythematosus.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
7. ◎Tamai H, Ikeda K, Miyamoto T, Taguchi H, Hirata S, Okano Y, Sato S, Yasuoka H, Kuwana M, Ishii T, Kameda H, Kojima T, Takeuchi T, Kaneko Y: Concentration of methotrexate polyglutamates in patients with rheumatoid arthritis treated with low or high dose-methotrexate in combination with adalimumab: Results from the MIRACLE trial.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
8. ◎Takakura Y, Ogura T, Katagiri T, Imaizumi C, Minegishi Y, Maezawa R, Kameda H: Soluble tumor necrosis factor receptor 1 as a predictive biomarker of relapse after discontinuation of biological agents and response to re-treatment in rheumatoid arthritis.  第68回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸、日本,  2024/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者