東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大橋)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  亀田 秀人
講師:
  小倉 剛久
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















亀田 秀人   教授
 1 1 1 4  3        8
(6)
 13
(5)
 2
(1)
 2
 
 
小倉 剛久   講師
    1          2
(1)
 6
(1)
 
 2
 
 
林 則秀   助教
    1          
 2
(1)
 1
 1
 
 
平田 絢子   助教
    1          2
 7
(2)
 
 3
 
 
 1 1  3 0  0  12
(7)
 3
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takenaka S, Ogura T, Oshima H, Izumi K, Hirata A, Ito H, Mizushina K, Inoue Y, Katagiri T, Hayashi N, Kameda H:  Development and exacerbateion of pulmonary non-tuberculous mycobacterial infection in patients with systemic autoimmune rheumatic diseases.  Modern Rheumatology  :in press , 2019
2. Yajima N, Tsujimoto Y, Fukuma S, Sada K, Shimizu S, Niihata K, Takahashi R, Asano Y, Azuma T, Kameda H, Kuwana M, Kohsaka H, Sugiura M, Suzuki K, Takeuchi T, Tanaka Y, Tamura N, Matsui T, Mimori T, Fukuhara S, Atsumi T:  The development of quality indicators for systemic lupus erythematosus using electronic health data: a modified RAND appropriateness method.  Modern Rheumatology  :in press , 2019
3. Kameda H, Wada K, Takahashi Y, Hagino O, van Hoogstraten H, Graham N, Tanaka Y.:  Sarilumab monotherapy or in combination with non-methotrexate disease-modifying antirheumatic drugs in active rheumatoid arthritis: a Japan phase 3 trial (HARUKA).  Modern Rheumatology  :in press , 2019
4. Katagiri T, Yamazaki S, Fukui Y, Aoki K, Yagita H, Nishina T, Mikami T, Katagiri S, Shiraishi A, Kimura S, Tateda K, Sumimoto H, Endo S, Kameda H, Nakano H:  JunB plays a crucial role in development of regulatory T cells by promoting IL-2 signaling.  Mucosal Immunology  :in press , 2019
5. Alten R, Batko B, Hala T, Kameda H, Radominski SC, Tseluyko V, Babic G, Cronenberger C, Hackley S, Rehman M, von Richter O, Zhang M, Cohen SB.:  A randomized, double-blind, Phase Ⅲ study comparing the infliximab biosimilar, PF-06438179/GP1111 with reference infliximab: Efficacy, safety and immunogenicity from Week 30 to Week 54.  RMD Open  :in press , 2019
総説及び解説
1. 亀田秀人:  IL-6阻害薬(サリルマブ).  薬局  70 (5) :49 -52 , 2019
症例報告
1. 榎本泰典, 横内 幸, 大原関利章, 佐藤若菜, 井上有希, 亀田秀人, 桐林孝治, 高橋 啓:  胸腔鏡下肺生検にて早期診断されたMPO-ANCA陽性多発血管炎性肉芽腫症の1例.  診断病理  63 (2) :94 -102 , 2019
■ 著書
1. 亀田秀人:  メトトレキサート(MTX).  実臨床に活かす抗リウマチ薬ガイドブック だから, これを選ぶ, こう使う  27-32.  フジメディカル出版,  大阪, 2019
2. 亀田秀人:  臨床研究と倫理.  泌尿器科グリーンノート  456-459.  中外医薬社,  東京, 2019
3. 亀田秀人:  脊椎関節炎、強直性脊椎炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患(IBD)に伴う関節炎.  内科学書 改訂第9版  283-287.  中山書店,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎平田絢子, 小倉剛久, 中村飛鳥, 片桐翔治, 高倉悠人, 井上有希, 武中さや佳, 荒尾和哉, 新山史朗, 亀田秀人: 乾癬性関節炎の疑いで紹介され梅毒性関節炎と診断・治療した1症例.  日本脊椎関節炎学会 第29回学術集会,  大阪,  2019/09
2. ◎吉川卓宏, 多田久里守, 井上久, 小林茂人, 浦野房三, 梅田雅孝, 川上純, 佐々木貴紀, 竹内勤, 大西直樹, 渥美達也, 平田絢子, 亀田秀人, 近藤正一, 公文義雄, 田村直人, 松井聖: 多施設共同疫学研究による体軸性脊椎関節炎の実態調査 2019: 地域間での比較.  日本脊椎関節炎学会 第29回学術集会,  大阪,  2019/09
3. ◎小倉剛久, 平田絢子, 武中さや佳, 井上有希, 片桐翔治, 高倉悠人, 亀田秀人: 健常者における超音波検査による手指軟骨の検討.  第40回日本炎症・再生医学会,  神戸,  2019/07
4. ◎武中さや佳, 小倉剛久, 平田絢子, 井上有希, 高倉悠人, 亀田秀人: 高齢発症と65歳未満発症の成人スティル病の比較.  第40回日本炎症・再生医学会,  神戸,  2019/07
5. ◎亀田秀人: 炎症性疾患における疼痛制御.  第40回日本炎症・再生医学会,  神戸,  2019/07
6. ◎亀田秀人: RA患者に見られる急性びまん性肺病変の考え方.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
7. ◎金子祐子, 亀田秀人, 池田啓, 石井智徳, 村上孝作, 高松漂太, 田中良哉, 竹内勤: トシリズマブの成人発症スティル病患者に対する無作為化プラセボ対照二重盲検試験.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
8. ◎武中さや佳, 小倉剛久, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 井上有希, 伊東秀樹, 林則秀, 平田絢子, 亀田秀人: 高齢発症成人スティル病の臨床的特徴.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
9. ◎井上有希, 高倉悠人, 今泉ちひろ, 水品研之介, 今村宗嗣, 武中さや佳, 伊東秀樹, 久次米吏江, 林則秀, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 膠原病重複症候群症例の検討.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
10. ◎亀田秀人: RA治療におけるバリシチニブの有用性.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
11. ◎亀田秀人: 乾癬性関節炎の疾病負担とTNF阻害治療による克服.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
12. ◎亀田秀人, Suchitrita Rathmann, 萩森恒平, 中條航: イキセキズマブの第3相試験(SPIRIT-P1):活動性乾癬性関節炎患者における3年投与時の有効性及び安全性評価.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
13. ◎亀田秀人, 竹内勤, 山岡邦宏, 織部元廣, 川野充弘, Yujie Zhou, Ahmed A. Othman, Aileen I. Pangan, 浅部伸一, 北村奨, Sebastian Meerwein, 田中良哉: 従来型合成DMARDで効果不十分な日本人活動性関節リウマチ患者を対象とした選択的JAK-1阻害薬ウパダシチニブの第2b/3相無作為化プラセボ対照二重盲検試験における長期投与時の有効性及び安全性成績.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
14. ◎田中良哉, Gerd R. Burmester, Yong Lin, Gregory St John, Shelden Wang, Juan José, Gómez-reino Carnota, JoséAntonio Maldonado-cocco, Juan Carlos Salazar-buitrago, Désirée Van Der Heijde, Mark Genovese, 亀田秀人: サリルマブとメトトレキサート併用療法の疾患活動性, 身体機能ならびにX線進行に対する長期の効果:5年間の解析.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
15. ◎田中良哉, 亀田秀人, 齋藤和義, 金子祐子, 田中榮一, 保田晋助, 田村直人, 藤尾圭志, 藤井隆夫, 小嶋俊久, 上阪等: 関節リウマチ患者におけるトシリズマブ皮下注製剤による労働生産性のレスポンダー/非レスポンダーに寄与する因子の解析 –FIRST ACT-SC 104週解析結果-.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
16. ◎田中良哉, 和田一輝, 高橋良典, Owen Hagino, Hubert Van Hoogstraten, Neil Graham, 亀田秀人: MTXで効果不十分な活動性関節リウマチ患者を対象に, MTX併用下でサリルマブ(ヒト型抗IL-6受容体モノクローナル抗体)を投与した第3相試験における作用発現に関する検討(KAKEHASHI試験およびMOBILITY試験).  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
17. ◎平田絢子, 小倉剛久, 林則秀, 片桐翔治, 今泉ちひろ, 井上有希, 水品研之介, 今村宗嗣, 武中さや佳, 伊東秀樹, 久次米吏江, 亀田秀人: 関節リウマチ患者の臨床評価に及ぼす年齢の影響.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
18. ◎亀田秀人, Christine Xu, 和田一輝, Owen Hagino, Anne Paccaly, Hubert Van Hoogstraten, 田中良哉: 日本人と非日本人RA患者におけるサリルマブの暴露—反応解析.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
19. ◎亀田秀人, 西田圭一郎, 南木敏宏, 桃原茂樹: 実臨床における関節リウマチに対するセルトリズマブペゴルの安全性及び有効性:24週使用成績調査.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
20. ◎今泉ちひろ, 井上有希, 今村宗嗣, 伊東秀樹, 武中さや佳, 久次米吏江, 林則秀, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 全身性エリテマトーデス患者における治療変遷の検討.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
21. ◎小倉剛久, 平田絢子, 林則秀, 武中さや佳,伊東秀樹, 井上有希, 今泉ちひろ, 水品研之介, 片桐翔治, 高倉悠人, 亀田秀人: 関節リウマチ患者における手指軟骨の超音波検査による検討.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
国際学会
1. ◎Ogura T, Hirata A, Hayashi N, Ito H, Takenaka S, Inoue Y, Katagiri T, Imaizumi C, Takakura Y, Kameda H.: Finger joint cartel evaluated by ultrasound in patients with rheumatoid arthritis and healthy subjects.  European Congress of Rheumatology (EULAR) 2019,  Madrid, Spain,  2019/06
2. ◎Kameda H: Importance of PRO in RA treatment and challenges for the future.  The 24th China Rheumatology Association Meeting,  Qingdao, China,  2019/06
3. ◎Hayashi N, Ogura T, Hirata A, Kujime R, Ito H, Takenaka S, Imamura M, Inoue Y, Imaizumi C, Takakura Y, Kameda H: The relationship between the precise region of ultrasound joint synovitis and joint examination findings in the wrist joints of patients with rheumatoid arthritis.  The 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology,  京都,  2019/04
4. ◎Ito H, Ogura T, Imaizumi C, Inoue Y, Takenaka S, Hayashi N, Hirata A, Kameda H: Importance of the sites of affected joint in clinical assessment of rheumatoid arthritis.  The 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology,  京都,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者