東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 膠原病学分野(大橋)
 Division of Rheumatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  亀田 秀人
講師:
  小倉 剛久
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















亀田 秀人   教授
 7  2 4  2        10
(10)
 10
(5)
 1
 5
(3)
 
 
小倉 剛久   講師
              
 7
(2)
 1
(1)
 2
(2)
 
 
林 則秀   助教
              1
 
 
 
 
 
平田 絢子   助教
              
 7
(2)
 1
(1)
 2
(2)
 
 
 7 2  2 0  0  11
(10)
 3
(2)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kaneko Y, Kameda H, Ikeda K, Ishii T, Murakami K, Takamatsu H, Tanaka Y, Abe T, Takeuchi T.:  A randomised, double-blind, placebo-controlled phase Ⅲ trial of tocilizumab in patients with adult-onset Still's diseases refractory to glucocorticoid treatment.  Annals of the rheumatic diseases  :in press , 2018
2. Tanaka Y, Kameda H, Saito K, Kaneko Y, Tanaka E, Yasuda S, Tamura N, Fujio K, Fujii T, Kojima T, Anzai T, Hamada C, Fujino Y, Matsuda S, Kohsaka H:  Effect of subcutaneous tocilizumab treatment on work/housework status in biologic-naïve rheumatoid arthritis patients using inverse probability of treatment weighting: FIRST ACT-SC Study.  Arthritis Research & Therapy  :in press , 2018
3. Cohen SB, Alten R, Kameda H, Hala T, Radominski SC, Rehman MI, Palaparthy R, Schumacher K, Schmitt S, Hua SY, Ianos C, Sewell KL:  A randomized controlled trial comparing PF-06438179/GP1111 (a proposed infliximab biosimilar) and infliximab for treatment of moderate to severe active rheumatoid arthritis despite methotrexate therapy.  Arthritis Research & Therapy  :in press , 2018
4. Sruamsiri R, Kameda H, Mahlich J:  Persistence with biological disease-modifying antirheumatic drugs - a retrospective study in Japanese rheumatoid arthritis patients.  Drugs Real World Outcome  :in press , 2018
総説及び解説
1. 亀田秀人:  自己免疫疾患に対する治療の分子標的.  Cefiro  (27) :29 -32 , 2018
2. 亀田秀人:  分類基準改訂案を踏まえたSLE診断.  Medical Practice  35 (6) :875 -878 , 2018
3. 亀田秀人:  サリルマブ.  Modern Physician  38 (9) :951 -952 , 2018
4. 亀田秀人:  EULAR recommendation 2016 updateの概要とポイント.  関節リウマチと抗RANKL抗体  1 :6 -7 , 2018
5. 亀田秀人:  膠原病・リウマチ性疾患におけるステロイドの使い方.  成人病と生活習慣病  48 (11) :1187 -1192 , 2018
6. 亀田秀人:  免疫再構築症候群とは(総論).  分子リウマチ治療  11 (2) :1 -4 , 2018
7. 亀田秀人:  RA高齢者の感染症の現状と対策.  臨床リウマチ  :In press , 2018
8. Kameda H, Fujii T, Nakajima A, Koike R, Sagawa A, Kanbe K, Tomita T, Harigai M, Suzuki Y:  Japan College of Rheumatology guideline for the use of methotrexate in patients with rheumatoid arthritis.  Modern Rheumatology  :in press , 2018
9. Kameda H:  Concept, assessment and management of disease activity in rheumatoid arthritis.  Toho Journal of Medicine  :in press , 2018
■ 著書
1. 日本呼吸器学会薬剤性肺障害の診断・治療の手引き第2版作成委員会:    薬剤性肺障害の診断・治療の手引き[第2版]  80-83.  メデイカルレビュー社,  東京, 2018
2. 亀田秀人:  乾癬性関節炎.  リウマチ・膠原病  80-87.  最新医学社,  大阪, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎今泉ちひろ, 井上有希, 伊東秀樹, 武中さや佳, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 全身性エリテマトーデス患者における治療変遷の検討.  第33回日本臨床リウマチ学会,  東京,  2018/11
2. ◎今泉ちひろ, 井上有希, 伊東秀樹, 武中さや佳, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 悪性腫瘍の病勢に合致し増悪・寛解を認めた重複癌合併皮膚筋炎の一例.  第33回日本臨床リウマチ学会,  東京,  2018/11
3. ◎亀田秀人: 生物学的製剤治療における血中濃度最適化の意義.  第33回日本臨床リウマチ学会,  東京,  2018/11
4. ◎亀田秀人: 新しいIL-6阻害製剤サリルマブの有用性.  第28回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会,  札幌,  2018/11
5. ◎亀田秀人: 関節リウマチ領域におけるT2Tの概念.  JDDW2018 Kobe,  神戸,  2018/11
6. ◎亀田秀人: 新しいIL-6阻害製剤サリルマブの有用性.  第30回中部リウマチ学会,  名古屋,  2018/08
7. ◎鈴木淑能, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 井上有希, 伊東秀樹, 武中さや佳, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 悪性腫瘍残存下に改善した重複癌合併皮膚筋炎の一例.  日本内科学会 第641回関東地方会,  東京,  2018/05
8. ◎亀田秀人: 新しい分子標的治療薬で新局面を迎えた疾患.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
9. ◎亀田秀人, 渥美達也, Min Zhang, Claudia Ianos, 友近由紀子, 弘新太郎, Susanne Schmitt, Muhammad Rehman: メトトレキサート(MTX)で効果不十分であった中等度から重度の活動性関節リウマチ(RA)患者を対象とし、インフリキシマブとインフリキシマブバイオ後続品候補PF-06438179/GP1111を評価する無作為化二重盲検比較試験—ACR20改善率のサブグループ解析を含む.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
10. ◎亀田秀人, 竹内勤, 山岡邦宏, 織部元廣, 川野充弘, Yijie Zhou, Ahmed Othman, Aileen L. Pangan, 北村奨, 松田尚人, Sebastian Meerwein, 田中良哉: 従来型合成DMARDで効果不十分な日本人活動性関節リウマチ患者における選択的JAK-1阻害薬upadacitinib(ABT-494)の第2b/3相無作為化プラセボ対照二重盲検試験成績.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
11. ◎亀田秀人, 和田一輝, 高橋良典, Owen Hagino, Hubert Van Hoogstraten, 田中良哉: 日本人活動性関節リウマチ患者を対象としたランダム化二重盲検第3相試験(HARUKA試験)において、サリルマブ(ヒト型抗IL-6受容体モノクローナル抗体)をMTX以外のcsDMARDと併用または単独使用した場合の長期治療の安全性および有効性.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
12. ◎田中良哉, 和田一輝, 高橋良典, Owen Hagino, Hubert Van Hoogstraten, 亀田秀人: サリルマブ(ヒト型抗IL-6受容体モノクローナル抗体)のMTX併用下での有効性および安全性:活動性関節リウマチ患者を対象としたプラセボ対照ランダム化二重盲検第3相試験(KAKEHASI試験)52週における検討.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
13. ◎武中さや佳, 小倉剛久, 平田絢子, 林則秀, 久次米吏江, 伊東秀樹, 今村宗嗣, 井上有希, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 泉啓介, 大島久二, 亀田秀人: 膠原病患者における非結核性抗酸菌症(NTM)発症リスクの検討.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
14. 田中良哉, 和田一輝, 高橋良典, Owen Hagino, Hubert Van Hoogstraten, 亀田秀人: サリルマブ(ヒト型抗IL-6受容体モノクローナル抗体)の日本人関節リウマチ患者を対象とした第3相試験(KAKEHASI試験)における200 mg投与群と150 mg投与群の比較.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
15. ◎伊東秀樹, 小倉剛久, 高倉悠人, 今泉ちひろ, 井上有希, 水品研之介, 今村宗嗣, 武中さや佳, 林則秀, 平田絢子, 亀田秀人.: 関節リウマチの臨床における罹患関節部位の重要性.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
16. ◎井上有希, 高倉悠人, 今泉ちひろ, 水品研之介, 今村宗嗣, 武中さや佳, 伊東秀樹, 久次米吏江, 林則秀, 平田絢子, 小倉剛久, 亀田秀人: 膠原病分類基準改訂の意義と課題〜重複症候群を含めた検討〜.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
17. ◎亀田秀人: サリルマブの安全性と200 mg投与の意義.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
18. ◎亀田秀人: 脊椎関節炎の最新診療.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
19. ◎矢嶋宣幸, 佐田憲映, 高橋良, 浅野善英, 東光久, 亀田秀人, 桑名正隆, 上阪等, 鈴木勝也, 竹内勤, 田中良哉, 田村直人, 松井利浩, 三森経世, 渥美達也: 全身性エリテマトーデス患者の診療の質指標の開発.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
20. ◎林則秀, 小倉剛久, 平田絢子, 久次米吏江, 伊東秀樹, 武中さや佳, 今村宗嗣, 井上有希, 今泉ちひろ, 高倉悠人, 亀田秀人: 関節リウマチ(RA)患者の手の関節における診察所見と超音波(US)所見の関連についての検討.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
国際学会
1. Deodhar A, Braun J, Baraliakos X, Hall S, Cha HS, ◎Kameda H, Kiltz U, Pemmaraju S, Haemmerle S, Porter B on behalf of the PREVENT study group: Efficacy and safety of secukinumab in non-radiographic axial spondyloarthritis: Design of a randomized, double-blind, placebo-controlled multicenter phase 3 study (PREVENT).  20th Asia Pacific League of Association for Rheumatology (APLAR),  Kaohsiung、台湾,  2018/09
2. ◎Tanaka Y, Wada K, Takahashi Y, van Hoogstraten H, Graham NMH, Kameda H: Efficacy and safety of sarilumab plus methotrexate in a phase 3 trial in Japanese patients with active rheumatoid arthritis (KAKEHASI).  20th Asia Pacific League of Association for Rheumatology (APLAR),  Kaohsiung、台湾,  2018/09
3. ◎Tanaka Y, Takeuchi T, Yamaoka K, Oribe M, Kawano M, Zhou Y, Othman AA, Pangan AL, Kitamura S, Matsuda N, Meerwein S, Kameda H: A phase 2B/3 randomized, placebo-controlled, double-blind study of upadacitinib, a selective JAK1 inhibitor, in Japanese patients with active rheumatoid arthritis and inadequate response to conventional synthetic DMARDs.  Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2018),  アムステルダム、オランダ,  2018/06
4. ◎Hirata A, Ogura T, Ito H, Takenaka S, Inoue Y, Imaizumi C, Takakura Y, Kujime R, Hayashi N, Imamura M, Mizushina K, Katagiri T, Kameda H.: Concordance between ultrasound joint synovitis and clinical joint assessments by patients or physicians in rheumatoid arthritis sorted by disease activity.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
5. ◎Imaizumi C, Takakura Y, Inoue Y, Imamura M, Ito H, Takenaka S, Kujime R, Hayashi N, Hirata A, Ogura T, Kameda H: Comparison of the disease control and the treatment of systemic lupus erythematosus between recent 5 years and 15 years ago.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
6. ◎Ogura T, Hirata A, Ito H, Takenaka S, Mizushina K, Inoue Y, Katagiri T, Imaizumi C, Takakura Y, Hayashi N, Kujime R, Imamura M, Kameda H.: Finger joint cartilage thickness evaluated by semiquatitative ultrasound score in patients with rheumatoid arthritis.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者