<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大橋)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉本 英樹   臨床教授
    1          
 
 
 
 
 
紺野 晋吾   准教授
   1 4          
 
 
 
 
 
内 孝文   助教
    1          
 1
 
 
 
 
木原 英雄   助教
  1  1          
 1
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














杉本 英樹   臨床教授
         
 
 
紺野 晋吾   准教授
  1       
 
 
内 孝文   助教
         
 
 
木原 英雄   助教
         
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tokuyasu D, Suzuki S, Uzawa A, Nagane Y, Masuda M, Konno S, Kubota T, Samukawa M, Sugimoto T, Ishizuchi K, Oyama M, Yasuda M, Akamine H, Onishi Y, Suzuki Y, Kawaguchi N, Minami N, Kimura T, Takahashi MP, Murai H, Utsugisawa K:  . Real-world experience with eculizumab and switching to ravulizumab for generalized myasthenia gravis. Ann Clin Transl Neurol. 2024 Apr 4.  Ann Clin Transl Neurol.  X (doi: 10.1002/acn3.52051.) : , 2024
2. Uzawa A, Suzuki S, Kuwabara S, Akamine H, Onishi Y, Yasuda M, Ozawa Y, Kawaguchi N, Kubota T, Takahashi MP, Suzuki Y, Watanabe G, Kimura T, Sugimoto T, Samukawa M, Minami N, Masuda M, Konno S, Nagane Y, Utsugisawa K.:  Taste disorders and alopecia in myasthenia gravis.  BMC Neurology  25 (24) :139 -139 , 2024
3. Konno S, Uchi T, Kihara H, Sugimoto H.:  Ten-year fracture risk in Japanese patients with myasthenia gravis: A comprehensive assessment using the fracture risk assessment tool.  Journal of the Neurological Sciences  460 (15) : , 2024
4. Suzuki S, Uzawa A, Nagane Y, Masuda M, Konno S. Kubota T, Samukawa M, Ishizuchi K, Tokuyasu D, Handa H, Yasuda M, Kawaguchi N, Kimura T, Suzuki Y, Sugimoto T, Minami N, Takahashi MP, Murai H, Utsugisawa K.:  Therapeutic Responses to Efgartigimod for Generalized Myasthenia Gravis in Japan.  Neurol Clin Pract.  14 (3) : , 2024
5. Howard JF Jr, Bresch S, Farmakidis C, Freimer M, Genge A, Hewamadduma C, Hinton J, Hussain Y, Juntas-Morales R, Kaminski HJ, Maniaol A, Mantegazza R, Masuda M, Nowak RJ, Sivakumar K, Śmiłowski M, Utsugisawa K, Vu T, Weiss MD, Zajda M, Bloemers J, Boroojerdi B, Brock M, de la Borderie G, Duda PW, Vanderkelen M, Leite MI; RAISE-XT Study Team:  Long-term safety and efficacy of zilucoplan in patients with generalized myasthenia gravis: interim analysis of the RAISE-XT open-label extension study.  Ther Adv Neurol Disord.  17 (7562864241243186) : , 2024
総説及び解説
1. 大久保智彦, 勝部良子, 堀田由貴子, 小野澤環, 中村亜里沙, 貫井勇介, 木原英雄, 藤田聡, 関戸哲利, 岩渕聡:  脳卒中における軽症脳梗塞クリニカルパスを用いた退院・転院支援介入における最適なタイミングの検討.  日本クリニカルパス学会誌  26 (2) :71 -75 , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本剛, 高橋奎太, 吉川浩一, 内孝文, 木原英雄, 藤田聡, 林盛人, 岩渕聡, 原英彦: 卵円孔開存の診断におけるバブルテストの術前検査と術中検査のグレードの違いについての検討.  第43回日本脳神経超音波学会総会/第27回日本栓子検出と治療学会,  千葉,  2024/06
2. ◎林盛人, 原英彦, 藤田聡, 平元侑, 平井希, 小屋原優輝, 齋藤紀彦, 橋本剛, 内孝文, 岩渕聡: 当院における脳心連携の実際 -ブレーンハートカンファレンスの運用内容とその効果の検証.  第43回日本脳神経超音波学会総会/第27回日本栓子検出と治療学会,  千葉,  2024/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者