<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(大橋)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前谷 容   教授
  1  2   1       
 
 
 
 
 
塩澤 一恵   講師
   1           
 
 
 
 
 
三枝 善伯   助教
    1          
 
 
 
 
 
松井 貴史   助教
    1          
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nishida T, Hayashi S, Takenaka M, Hosono M, Kogure H, Hasatani K, Yamaguchi S, Maruyama H, Doyama H, Ihara H, Yoshio T, Nagaike K, Yamada T, Yakushijin T, Takagi T, Tsumura H, Kurita A18, Asai S, Ito Y, Kuwai T, Hori Y, Maetani I, Ikezawa K, Iwashita T, Matsumoto K, Inada M:  Multicentre prospective observational study protocol for radiation exposure from gastrointestinal fluoroscopic procedures (REX-GI study).  BMJ Open  10 (2) :e033604 -e033604 , 2020
症例報告
1. 平栗有紗, 藤崎純, 金子南紀子, 佐々木祐太, 髙橋奎太, 大木晋輔, 前谷容, 中村正人, 林盛人, 岩渕聡:  頸動脈ステント留置術後の下肢痛原因検索にエコーが有用であった1例.  Neurosonology  33 :9 -13 , 2020
2. Kazue Shiozawa, Shuhei Yamamoto, Takasi Matui, Takayoshi Baba, Yoshinori Saegusa, Manabu Watanabe, Iruru Maetani:  A Case of Budd-Chiari Syndrome in Which Liver Stiffness Was Evaluated over Time before and Percutaneous
Transluminal Angioplasty.  Reprinted Toho J Med  6 (1) :48 -53 , 2020
■ 著書
1. 前谷容:  あなたの相談に専門医がお答えします健康相談室Q&A.  ヘルスアンドライフ4月号  22-22.  研友企画出版,  東京, 2020
  :Corresponding Author
  :本学研究者