<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(大橋)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前谷 容   教授
  5  3  1 1       
 12
 
 
 
 
塩澤 一恵   講師
 1 1 1           2
 1
 
 
 
 
新後閑 弘章   講師
 1 1 1           
 4
 
 
 
 
富永 健司   講師
    1          
 1
 
 
 
 
三枝 善伯   助教
  2            
 2
 
 
 
 
齋藤 倫寛   助教
 1 1            1
 3
 
 
 
 
田中 貴志   助教
              1
 3
 
 
 
 
日原 大輔   助教
              
 1
 
 
 
 
堀江 義政   助教
              
 1
 
 
 
 
松井 貴史   助教
  2  1          
 3
 
 
 
 
吉田 有輝   助教
    1          
 
 
 
 
 
 3 2  1 0  0  4
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














前谷 容   教授
    1     
 
 
塩澤 一恵   講師
 1 1       2
 
 
新後閑 弘章   講師
 1 1       
 
 
富永 健司   講師
         
 
 
三枝 善伯   助教
         
 
 
齋藤 倫寛   助教
 1        1
 
 
田中 貴志   助教
         1
 
 
日原 大輔   助教
         
 
 
堀江 義政   助教
         
 
 
松井 貴史   助教
         
 
 
吉田 有輝   助教
         
 
 
 3 2  1 0  0  4
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hakuta R, Kogure H, Nakai Y, Kawakami H, Maguchi H, Mukai T, Iwashita T, Saito T, Togawa O, Matsubara S, Hayashi T, Maetani I, Ito Y, Hasebe O, Itoi T, Hanada K:  Unilateral versus bilateral endoscopic nasobiliary drainage and subsequent metal stent placement for unresectable
malignant hilar obstruction: a multicenter randomized controlled trial.  Journal of Clinical Medicine  10 (2) :206 -206 , 2021
2. Shigoka H, Maetani I, Yoshida Y, Tominaga K:  Effects of a gelled water on gastroesophageal reflux and gastric emptying after percutaneous endoscopic gastrostomy.  Toho Journal of Medicine  6 (4) :143 -147 , 2020
3. Shiozawa K, Matui T, Murakami T, Watanabe M, Maetani I:  Predicting Therapeutic Efficacy of Transarterial Chemoembolization with Drug-Eluting Beads for Hepatocellular Carcinoma Using Contrast-Enhanced Ultrasound.  dianostics  11 (2) :291 -301 , 2021
総説及び解説
1. 齋藤倫寛, 新後閑弘章, 前谷容:  胆管結石に対する内視鏡治療の新たな知見.  Gastroenterological Endoscopy  63 (2) :172 -182 , 2021
2. 金子南紀子, 藤崎純渡邉学:  Fitz-Hugh-Curit症候群(FHCS).  臨床検査  64 (4) :466 -469 , 2020
症例報告
1. 平栗有紗, 藤崎純, 金子南紀子, 佐々木祐太, 髙橋奎太, 大木晋輔, 前谷容, 中村正人, 林盛人, 岩渕聡:  頸動脈ステント留置術後の下肢痛原因検索にエコーが有用であった1例.  Neurosonology  33 :9 -13 , 2020
2. 塩澤一恵, 村上貴寛, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉学, 佐々木祐太, 平栗有沙, 金子南紀子, 藤崎純, 横内幸, 前谷容:  経皮経肝的門脈塞栓術前後にShear Wave Elastographyで肝硬度測定を行った転移性肝癌の1例.  Rad Fan  18 (5) :69 -71 , 2020
3. 塩澤一恵, 村上貴寛, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉学, 佐々木祐太, 平栗有紗, 金子南紀子, 藤崎純, 横内幸前谷容:  経皮経肝的門脈塞栓術前後にShear Wave Elastographyで肝硬度測定を行った転移性肝癌の一例.  Red Fan  18 (5) :69 -71 , 2020
その他
1. 新後閑弘章, 齋藤倫寛, 前谷容:  膵疾患.  診断と治療  109 (1) :105 -111 , 2021
■ 著書
1. 前谷容:  10.胆石症診療ガイドライン2016(改訂第2版).  今日の治療指針  1989-1995.  医学書院,  東京都, 2021
2. 前谷容:  あなたの相談に専門医がお答えします健康相談室Q&A.  ヘルスアンドライフ4月号  22-22.  研友企画出版,  東京, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎塩澤一恵, 村上貴寛, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉 学, 佐々木祐太, 平栗有紗, 金子南紀子, 藤崎 純, 前谷 容: 肝細胞癌肝外転移に対する肝動脈化学塞栓術において動注造影超音波が有用であった 2例.  第47回超音波ドプラ・新技術研究会,  東京,  2021/03
2. ◎村上貴寛, 塩澤一恵, 馬場隆成, 里井 新, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉 学, 大原関利章, 佐々木祐太, 平栗有紗, 金子南紀子, 藤崎 純, 前谷 容: USで治療経過を経時的に観察することができた壊疽性膿皮症の肝病変の1例.  第47回超音波ドプラ・新技術研究会,  東京,  2021/03
3. ◎Hashimoto.Y, Enomoto.T, Nagao.S, Futawatari.N, Asai.K, Watanabe.M, Toba.T, Maetani.I, Saida.Y,: Laparoscopic endoscopic cooperative surgery(LECS)for colorectal benign tumor.  第33回日本内視鏡外科学会総会,  横浜(Web開催),  2021/03
4. ◎村上貴寛, 松井貴史, 里井新, 山本修平, 塩澤一恵, 渡邉学, 前谷容: 生中弓状靭帯症候群(MALS)を併発した分節性動脈中膜融解(SMA)による腹腔内出血の一例.  第57回日本腹部救急医学会総会,  Web,  2021/03
5. ◎田中貴志, 馬場隆成, 齋藤倫寛, 新後閑弘章, 前谷容: Shock vital を呈した胆嚢出血と総胆管結石性重症胆管炎に対して内科的治療が奏功した一例.  第57回日本腹部救急医学会総会,  Web,  2021/03
6. ◎齋藤倫寛, 新後閑弘章, 田中貴志, 馬場隆成, 前谷容: 超高齢者の胆管結石性急性胆管炎に対する緊急内視鏡的胆道ドレナージの検討.  第57回日本腹部救急医学会総会,  Web,  2021/03
7. ◎里井新, 日原大輔, 富永健司, 吉田有輝, 堀江義政, 岸洋佑, 田島慎也, 渡邉学, 前谷容: 当院における大腸憩室出血に対する治療の現況と再出血の検討.  第57回日本腹部救急医学会総会,  Web,  2021/03
8. ◎馬場隆成, 田中貴志, 齋藤倫寛, 新後閑弘章, 渡部隆太郎, 森山穂高, 浅井浩司, 渡邉学, 横内幸, 大原関利章, 前谷容: デジタル経口胆管鏡が診断に有用であった肝門部胆管癌術後再発の一例.  第111回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  Web,  2020/12
9. ◎岸洋佑, 堀江義政, 田島慎也, 里井新, 日原大輔, 富永健司, 前谷容: 本能性血小板血症が起因と考えられた突発性食道粘膜下血腫も一例.  第111回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  Web,  2020/12
10. ◎高橋奎太, 吉川浩一, 大木晋輔, 前谷容, 牧野健治, 橋本剛, 内孝文, 木原英雄, 藤岡俊樹, 岩渕聡: 経胸壁心臓超音波検査によるマイクロバブルテストの有用性.  第39回日本脳神経超音波学会総会,  福岡,  2020/12
11. ◎塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉 学, 佐々木祐太, 平栗有紗, 金子南紀子, 藤崎 純, 前谷 容: 経皮経肝的血管治療前後で肝硬度を評価することができた3症例の検討.  日本超音波医学会第93回学術集会,  仙台(web開催),  2020/12
12. ◎田島慎也, 田中貴志, 新後閑弘章, 齋藤倫寛, 馬場隆成, 長尾さやか, 浅井浩司, 吉田匡宏, 横内幸, 前谷容: 大腸癌術後9年で異時性胆管転移をした一例.  日本消化器病学会関東支部第360回例会,  Web,  2020/07
13. ◎Matsumoto Y, Tsuchiya M, Okada R, Ito Y, Ishii J, Maeda T, Otsuka Y, Wakui N, Nagai H, Funahashi K: Successful of radiofrequency ablation and laparoscopic liver resection for the bilateral lobes' multiple liver metastases of pancreatic neuroendocrine tumor after laparoscopic distal pancreatomy.  第32回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  完全Web開催,  2021/02
  :Corresponding Author
  :本学研究者