東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(大橋)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  前谷 容
講師:
  富永 健司
  根本 夕夏子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前谷 容   教授
 1 4    1  1      1
 12
(2)
 
 
 
 3
富永 健司   講師
              
 1
(1)
 
 
 
 
根本 夕夏子   講師
  1            
 2
 
 
 
 
木村 隆輔   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
権 勉成   助教
  2            
 2
 
 
 
 
三枝 善伯   助教
  1            
 2
 
 
 
 1
齋藤 倫寛   助教
  1            
 3
 
 
 
 
塩澤 一恵   助教
 1             2
 1
 
 
 
 2
新後閑 弘章   助教
  1            
 4
 
 
 
 
德久 順也   助教
  1     1       
 2
 
 
 
 
沼尾 久美子   助教
              
 
 
 
 
 
牧野 敏之   助教
              
 
 
 
 
 
松井 貴史   助教
  1            
 3
 
 
 
 2
森 麻紀子   助教
              
 
 
 
 
 
吉田 有輝   助教
              1
 1
(1)
 
 
 
 
 2 0  1 1  0  4
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 前谷容:  悪性消化管狭窄に対するステント治療 消化管ステント概論.  消化管・肝臓内科  5 (6) :567 -572 , 2019
2. 前谷容:  消化器ステントの開発の歴史と今後の動向ー素材の進歩を中心にー.  消化器内視鏡  31 (5) :714 -723 , 2019
3. 新後閑弘章,権勉成,齋藤倫寛,徳久順也,田中貴志,前谷容:  腹水の非薬物療法(1)腹腔ー静脈シャント.  臨床消化器内科  34 (8) :1039 -1044 , 2019
症例報告
1. 塩澤一恵, 松井貴史, 山本修平, 三枝善伯, 渡邉 学, 佐々木祐太, 平栗有紗, 金子南紀子, 藤崎 純, 権 勉成, 根本夕夏子, 前谷 容:  血管拡張術前後で経時的に肝硬度を評価することができたBudd-Chiari症候群の一例.  Rad Fan  17 (5) :55 -58 , 2019
その他
1. 前谷容:  消化器ステントの現状と課題.  臨床消化器内科  34 (10) :1193 -1196 , 2019
■ 著書
1. 前谷容:  健康相談室Q&A あなたの相談に専門医がお答えします.  ヘルスアンドライフ5月号  22-22.  ㈱研友企画出版,  東京, 2019
2. 宇都宮誠,中村正人, 徳久順也:  末梢動脈疾患・重症下肢虚血.  循環器緩和ケアの実際  1040-1043.  (株)新興医学出版社,  東京, 2019
3. Maetani I:  Stents in the Gastrointestinal Tract in Palliative Care.  Handbook of Nutrition and Diet in Palliative Care, Second Edition  145-156.  Taylor & Francis Croup an informa business,  London,UK, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中村良一, 伊藤真智子, 佐藤明美, 伊藤富士子, 前谷 容, 岩崎泰雄: 寝たきり状態の多系統萎縮症患者に対してキレーション治療を実施した1例.  第12回日本在宅医学会大会,  千葉,  2020/02
2. ◎松井貴史, 山本修平, 塩澤一恵, 三枝善伯, 渡邉学, 前谷容: 当院における3㎝以上の肝悪性腫瘍に対するラジオ波焼灼療法と次世代マイクロ波焼灼療法の比較検討.  JDDW2019消化器病学会,  神戸,  2019/11
3. ◎前谷容: 進行消化器がんの集学的治療~現状と未来展望~.  JDDW2019消化器内視鏡学会,  神戸,  2019/11
4. ◎田中貴志, 新後閑弘章, 権勉成, 前谷容: 胃十二指腸ステント後の胆道閉塞症例に対する経乳頭的ドレナージの当教室の成績.  JDDW2019消化器病学会,  神戸,  2019/11
5. ◎塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 渡邉 学, 佐々木祐太, 平栗有沙, 金子南紀子, 藤崎純, 大原関利章, 前谷容: 超音波検査で経時的に観察した胆管内乳頭状腫瘍の一例.  日本超音波医学会第31回関東地方会学術集会,  東京都,  2019/10
6. ◎田中貴志,新後閑弘章, 徳久順也, 齋藤倫寛, 浅井浩司, 渡邉学, 横内幸, 前谷容: 胆管穿破により閉塞性黄疸を発症した膵IPMNの5例.  第55回日本胆道学会学術集会,  名古屋,  2019/10
7. ◎塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉学, 佐々木祐太, 平栗有沙, 金子南紀子, 藤崎純, 横内幸, 前谷容: 経皮経肝的門脈塞栓術前後にShear Wave Elastography で肝硬度測定を行った転移性肝癌の1例.  第46回超音波ドプラ・新技術研究会,  東京,  2019/09
8. ◎岸洋佑, 中村文彦, 島田長怜, 齋藤倫寛, 木村晴 , 松浦良徳, 岡崎寛徳, 根本夕夏子, 河北英明, 倉田厚, 黒田雅彦: 回腸穿孔穿による急性腹症の一例.  日本消化器病学会関東支部第356回例会,  東京,  2019/09
9. ◎里井新, 権勉成, 村上貴寛, 田中貴志, 徳久順也 新後閑弘章, 前谷容, 鯨岡学, 森山穂高, 浅井浩司, 渡邉学, 髙橋啓: 急性膵炎を繰り返した膵嚢胞の一例.  日本消化器病学会関東支部第356回例会,  東京,  2019/09
10. ◎宇田川翔平, 島田長怜, 齋藤倫寛, 木村晴, 中村文彦, 松浦良徳, 岡崎寛徳, 根本夕夏子, 里館均, 松林信之: 肝転移伴った十二指腸NET(neuroendocrine tumoe)の1例.  日本内科学会関東支部主催第653回関東地方会,  東京,  2019/09
11. ◎吉田有輝, 新後閑弘章, 前谷容: NTS介入を行ったPEG受療者における栄養指標の変化.  第24回PEG在宅医療学会,  大阪,東京,  2019/09
12. ◎馬場隆成,木村隆輔,富永健司,吉田有輝,高橋厚子,島田長怜,村上貴寛,里井 新,榎本俊行,長尾さやか,高橋亜紗子,伊藤一樹,斉田芳久,横内 幸,前谷 容: 粘膜下腫瘍の形態を呈した大腸粘膜下層浸潤癌の1例.  第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2019/06
13. ◎平栗有沙, 藤崎純, 金子南紀子, 佐々木祐太, 高橋奎太, 大木晋輔, 前谷容, 中村正人, 林盛人, 岩渕聡: 頸動脈ステント術後の下肢痛原因検索にエコーが有用であった1例.  第38回日本脳神経超音波学会総会,  奈良,  2019/06
14. ◎前谷容: 消化管狭窄に対する内視鏡治療の現況と課題.  第97回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2019/06
15. ◎佐々木祐太, 藤崎純, 金子南紀子, 平栗有沙, 大木晋輔, 中村正人, 前谷容: 静脈エコーが診断に有用であった腸骨静脈venous aneurysmの1例.  第44回日本超音波検査学会学術集会,  横浜市,  2019/04
その他
1. ◎馬場隆成, 山本修平, 村上貴寛, 松井貴史, 塩澤一恵, 渡邉学, 前谷容, 大原関利章, 原田侑弥, 福田英嗣: 壊疽性膿皮症の肝病変の1例.  日本内科学会関東支部主催第653回関東地方分会,  東京,  2019/09
2. ◎田中貴志: 肝内胆管癌の一例.  第7回東邦大学医療センター大橋病院大橋医学会,  東京,  2019/07
3. ◎香内朱萌, 塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉 学, 前谷 容, 浅井浩司, 横内 幸: 肝細胞癌と肝内胆管癌の同時性重複癌の一例.  第7回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京都,  2019/07
4. ◎前谷容: 膵のう胞をどのように診療するか.  世田谷区医師会内科医会 消化器研究会講演会,  東京,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者