<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 内科学講座 消化器内科学分野(大橋)
 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  前谷 容
講師:
  富永 健司
  根本 夕夏子
助教:
  新後閑 弘章
  権 勉成
  三枝 善伯
  齋藤 倫寛
  宮内 倫沙
  松井 貴志
  森 麻紀子
  吉田 有輝
  牧野 敏之
■ 概要
肝臓疾患
肝臓疾患では主に肝内悪性腫瘍(肝細胞癌、転移性肝癌)に対し経皮的ラジオ波焼灼療法を積極的に行っています。肝細胞癌の標準的治療として位置づけられているラジオ波治療ですが、他の治療法が奏功しない場合の転移性肝癌に対しても、腫瘍の個数や大きさにとらわれず、腫瘍減量療法も取りいれ治療を展開しています。肝細胞癌に対しては肝動脈塞栓術、肝動注療法なども施行しています。また、C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療や、B型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法も行っています。肝硬変に対しても、内服治療やインターフェロン治療などの慢性期の治療も積極的に行っています。様々な肝機能障害の原因に応じた治療法を選択し患者背景に配慮しつつ、肝硬変に伴う腹水や食道静脈瘤、肝性脳症に対しても、内服・点滴治療や内視鏡的静脈瘤硬化療法、内視鏡的静脈瘤結紮術、カテーテルによる側副血行路閉塞術などを施行しています。
消化管疾患
消化管疾患では上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡など様々な検査を行っており,特に緊急疾患が多い上部消化管内視鏡は速やかに施行することに努めています。他の内視鏡検査も状況に応じ迅速な施行体制をとっています。腫瘍性病変は上皮性,非上皮性を問わず的確な診断を目指しており,X線透視や超音波内視鏡(EUS),拡大内視鏡,特殊光内視鏡を組み合わせ診断能の向上に努めています。食道・胃・大腸の早期悪性腫瘍に対する内視鏡治療として,従来の内視鏡的粘膜切除術(EMR)に加え,上部消化管の内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)のみならず下部消化管の内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を2004年から導入しております。現状年間約100例程度行っており高い完全切除率を達成しております。偶発症率は低く,安全な手技を目指しており,年間の紹介患者様も増加しております。進行癌に対しては、切除可能例は外科との連携にて速やかな対応を、また切除不能例については化学療法とともに狭窄に対する拡張、ステント治療を積極的に行い、緩和的医療にも力を入れてQOLの向上を目指しています。
胃・十二指腸潰瘍や胃食道静脈瘤などの出血性病変に対する緊急内視鏡的止血術にも積極的に取り組んでいます。潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患では,腹部超音波検査,レントゲン,CT,内視鏡検査による総合的な診断を行っており,治療においては,栄養療法,薬物療法に加え,血球成分除去療法を組み入れて早期の寛解導入のみならず維持療法にも力を入れるようにを心がけています。
胆道・膵臓疾患
胆道疾患としては、胆道癌、膵癌などによる閉塞性黄疸に対するステント治療や、総胆管結石に対する切石術はもちろん、直接胆道鏡などによる精密検査も積極的に実施しております。近年は術後症例や、他施設でのERCP不能例に対して多数紹介いただき、バルーン内視鏡を用いたERCPや、Interventional EUS(治療的超音波内視鏡)を用いた治療も数多く行っております。また以前より経皮経肝的ドレナージ(PTBD)ルートからの治療も緊急加療も含め積極的に引き続き行っております。
膵疾患としては膵癌など対するEUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引生検法)による組織診断や、慢性膵炎の膵石治療や膵管狭窄に対するステント治療を精力的にに行っております。また結石に対する体外衝撃波結石破砕術(ESWL)治療、仮性嚢胞などに対するドレナージも施行しており、EUS-FNA手技を用いた経消化管的嚢胞ドレナージなど特殊な治療も多く施行しております。
胃十二指腸閉塞合併症例に対する胆管・消化管ダブルステント治療も積極的に行っております。悪性胆道狭窄に対しては、切除不能例に対しては、ステント挿入、放射線化学療法の併用、またネオアジュバンド療法も含め外科との連携をとり速やかな診療を進めています。
■ Keywords
上部消化管疾患, 大腸疾患, 膵疾患, 胆道疾患, 肝疾患, ESD, ERCP, EUS, RFA,TAE,ステント
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  前谷容 :日本内科学会評議員, 日本腹部救急医学会理事・評議員・財務委員・利益相反検討委員, 日本消化器内視鏡学会学術評議員, 日本消化器病学会評議員, 日本胆道学会評議員・学会賞選考委員・評議員選考委員・在り方委員会委員, 日本画像医学会評議員,HEQ 研究会世話人, Society of Gastrointestinal Intervention(SGI)Scientific Program Committee Member, 肝胆膵画像編集委員, NPO法人PEG ドクターズネットワーク理事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前谷 容   教授
 3 12  6  4 1 1      
 27
(2)
 2
 4
 
 1
渡邉 学   准教授
  1  3          
 22
(5)
 
 1
(1)
 
 2
(1)
富永 健司   講師
  3            1
 7
 
 1
 
 
根本 夕夏子   講師
              2
 5
 
 
 
 
権 勉成   助教
 3 5    1        5
(1)
 9
(1)
 1
 
 5
 
三枝 善伯   助教
  1            1
 2
 
 
 
 
齋藤 倫寛   助教
 2 4            1
(1)
 12
(1)
 
 2
 1
 
新後閑 弘章   助教
  5            1
 7
(2)
 
 1
 
 
宮内 倫沙   助教
 1             
 4
 
 
 
 
森 麻紀子   助教
 1 2            1
 7
 
 
 
 
吉田 有輝   助教
 1 2            1
 8
(1)
 
 
 1
 
 11 0  5 1  0  13
(2)
 3
(0)
 7
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














前谷 容   教授
 3   4 1    
 2
 
渡邉 学   准教授
         
 
 
富永 健司   講師
         1
 
 
根本 夕夏子   講師
         2
 
 
権 勉成   助教
 3   1     5
(1)
 1
 5
三枝 善伯   助教
         1
 
 
齋藤 倫寛   助教
 2        1
(1)
 
 1
新後閑 弘章   助教
         1
 
 
宮内 倫沙   助教
 1        
 
 
森 麻紀子   助教
 1        1
 
 
吉田 有輝   助教
 1        1
 
 1
 11 0  5 1  0  13
(2)
 3
(0)
 7
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 堀田欣一, 今井健一郎, 吉田将雄, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 小野裕之:  Cold polypectomyの是非を問う】 Cold snare polypectomyに内視鏡熟練度は必要か? ExpertとNon-expertの比較から.  Intestine  20 (5) :451 -456 , 2016
2. ◎齋藤倫寛, 大牟田繁文, 新後閑弘章, 権勉成, 徳久順也, 成木良瑛子, 大原関利章, 前谷容:  当院における高齢者の膵充実性腫瘤に対するEndoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration(EUS-FNA)の安全性と有用性.  日本高齢消化器病学会誌  19 (2) :33 -38 , 2017
3. Horiuchi A, Makino T, kajiyama M, Tanaka N, Sano K, Graham DY:  Comparison between endoscopic mucosal resection and hot snare resection of large nonpedunculated colorectal polyps: a randomized trial.  Endoscopy  48 (7) :646 -651 , 2016
4. Ito S, Hotta K, Imai K, Ono H:  Overtube-assisted placement of a capsule endoscope in a patient with a swallowing disorder.  Endoscopy  48 (suppl1) :E47 -E48 , 2016
5. Hosotani K, Imai K, Hotta K, Ito S, Ono H:  Underwater endoscopic mucosal resection for complete R0 removal of a residual adenoma at a perforated scar in a patient with colostomy.  Endoscopy  49 (S 01) :E121 -E122 , 2017
6. Iwai T, Yoshida M, Ono H, Kakushima N, Takizawa K, Tanaka M, Kawata N, Ito S, Imai K, Hotta K, Ishiwatari H, Matsubayashi H:  Natural History of Early Gastric Cancer: a Case Report and Literature Review.  Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association  17 (1) :88 -92 , 2017
7. Ito S, Hotta K, Imai K, Yoshida M, Igarashi K, Yamaguchi Y, Takizawa K, Kakushima N, Tanaka M, Kawata N, Matsubayashi H, Ishiwatari H, Ono H:  Preliminary Experience Using Full-Spectrum Endoscopy for Colorectal Cancer Screening: Matched Case Controlled Study.  Gastroenterology research and practice  Volume 2016 :Article ID 1349436, 5 pages -まだ , 2016
8. Imai K, Hotta K, Yamaguchi Y, Hirasawa K, Ito S, Kawata N, Tanaka M, Takizawa K, Kakushima N, Matsubayashi H, Ono H:  Submucosal tunneling technique using insulated-tip knife in complete circumferential endoscopic submucosal dissection.  Gastrointestinal endoscopy  84 (4) :742 -742 , 2016
9. Chien H, Imai K, Hotta K, Ito S, Yamaguchi Y, Kawata N, Tanaka M, Takizawa K, Kakushima N, Matsubayashi H, Ono H:  Tip-in EMR for R0 resection for a large flat colonic tumor.  Gastrointestinal endoscopy  84 (4) :743 -743 , 2016
10. Makino T, Horiuchi A, Kajiyama M, Tanaka N, Sano K, Maetani I:  Delayed bleeding following cold snare polypectomy for small colorectal polyps in patients taking anti thrombotic agents.  Journal of Clinical Gastroenterology  :10.1097 , 2017
11. Isayama H, Nakai Y, Rerknimitr R, Khor C, Lau J, Wang HP, Seo DW, Ratanachu-Ik T, Lakhtakia S, Ang TL, Ryozawa S, Hayashi T, Kawakami H, Yamamoto N, Iwashita T, Itokawa F, Kuwatani M, Kitano M, Hanada K, Kogure H, Hamada T, Ponnudurai R, Moon JH, Itoi T, Yasuda I, Irisawa A, Maetani I:  Asian consensus statements on endoscopic management of walled-off necrosis. Part 2: Endoscopic management.  Journal of gastroenterology and hepatology  31 (9) :1555 -1565 , 2016
12. Igarashi K, Hotta K, Imai K, Yamaguchi Y, Ito S, Kawata N, Tanaka M, Kakushima N, Takizawa K, Matsubayashi H, Endo M, Asakura K, Oishi T, Shimoda T, Ono H:  Can Positron Emission Tomography Detect Colorectal Adenomas and Cancers?.  Journal of gastroenterology and hepatology  32 (3) :602 -608 , 2016
13. Yoshida M, Takizawa K, Ono H, Igarashi K, Sugimoto S, Kawata N, Tanaka M, Kakushima N, Ito S, Imai K, Hotta K, Matsubayashi H.:  Efficacy of endoscopic submucosal dissection with dental floss clip traction for gastric epithelial neoplasia: a pilot study (with video).  Surgical endoscopy  30 (7) :3100 -3106 , 2016
14. Igarashi K, Takizawa K, Kakushima N, Tanaka M, Kawata N1, Yoshida M1, Ito S1, Imai K1, Hotta K1, Ishiwatari H1, Matsubayashi H1, Ono H1.:  Should antithrombotic therapy be stopped in patients undergoing gastric endoscopic submucosal dissection?.  Surgical endoscopy  31 (4) :1746 -1753 , 2016
15. Yoshida M, Kakushima N, Mori K, Igarashi K, Kawata N, Tanaka M, Takizawa K, Ito S, Imai K, Hotta K, Ishiwatari H, Matsubayashi H, Ono H:  Learning curve and clinical outcome of gastric endoscopic submucosal dissection performed by trainee operators.  Surgical endoscopy  (s00464-016) :5393 -5399 , 2016
16. Sakamoto T, Horiuchi A, Makino T, Kajiyama M, Tanaka N, Hyodo M:  Determination of the cut-off score of an endoscopic scoring method to predict whether elderly patients with dysphasia can eat pureed diets.  World Journal of Gastrointestinal Endoscopy  8 (6) :288 -294 , 2016
総説及び解説
1. 堀田欣一, 今井健一郎, 伊藤紗代, 川田登, 田中雅樹, 角嶋直美, 滝沢耕平, 石渡裕俊, 松林宏行, 山口裕一郎, 小野裕之:  大腸 大腸腺腫,腺癌を除く大腸腫瘍および腫瘍様病変の拡大内視鏡診断.  胃と腸  51 (5) :701 -710 , 2016
2. 前谷容:  消化器癌におけるステント術の意義と世界の動向(特集:消化器癌におけるバイパス術とステント治療).  外科  78 (10) :1032 -1037 , 2016
3. 権 勉成、前谷 容:  がんによる消化管狭窄へのステント留置 ~胃・十二指腸ステント~.  週刊 日本医事新報  (4842) :36 -42 , 2017
4. 大牟田繁文, 権勉成, 齋藤倫寛, 成木良瑛子, 中村陽一, 前谷容:  緩和医療における胃・十二指腸金属ステントの役割.  消化器内視鏡  28 :713 -718 , 2016
5. 前谷容,新後閑弘章, 権勉成, 齋藤倫寛, 徳久順也:  治療 「上部消化管狭窄に対するステント留置術」.  消化器内視鏡 増大号 消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック  29 (3) :458 -461 , 2017
6. 権勉成, 成木良瑛子, 徳久順也, 齋藤倫寛, 大牟田繁文, 新後閑弘章, 前谷容:  胆膵内視鏡自由自在 ~基本手技を学び応用力をつける集中講座~
-ERCP関連手技編:胆道ドレナージ術-
ステントの種類と使い分け.  胆と膵  37 (臨時増刊特大号) :1251 -1258 , 2016
7. 齋藤倫寛, 成木良瑛子, 徳久順也, 権勉成, 新後閑弘章, 前谷容:  慢性膵炎内視鏡治療の現状と展望 膵管狭窄に対するステント治療 -金属ステント-.  胆と膵  38 (2) :158 -163 , 2017
8. 権勉成, 成木良瑛子, 徳久順也, 齋藤倫寛, 大牟田繁文, 新後閑弘章, 前谷容:  【腹部救急疾患における抗血栓薬の取り扱い】
 抗血栓薬内服患者に対する緊急胆膵内視鏡.  日本腹部救急医学会雑誌  36 (5) :889 -896 , 2016
9. Lee F, Abdul-Halim R, Dickinson O, Maetani I:  Malignant gastroduodenal obstruction: An endoscopic approach.  Gastrointestinal Intervention  5 (2) :105 -110 , 2016
10. Isayama H, Nakai Y, Rerknimitr R, Khor C, Lau J, Wang HP, Seo DW, Ratanachu-Ik T, Lakhtakia S, Ang TL, Ryozawa S, Hayashi T, Kawakami H, Yamamoto N, Iwashita T, Itokawa F, Kuwatani M, Kitano M, Hanada K, Kogure H, Hamada T, Ponnudurai R, Moon JH, Itoi T, Yasuda I, Irisawa A, Maetani I:  Asian consensus statements on endoscopic management of walled-off necrosis Part 1: Epidemiology, diagnosis, and treatment.  Journal of gastroenterology and hepatology  31 (9) :1546 -1554 , 2016
症例報告
1. 宮内倫沙, 富永健司, 三枝善伯, 森麻紀子, 吉田有輝, 牧野敏之, 髙橋厚子, 日原大輔, 長尾さやか, 榎本俊行, 斉田芳久, 横内幸, 高橋啓, 前谷容:  貧血が契機となり発見された空腸海綿状血管腫の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  88 (1) :128 -129 , 2016
2. 長尾さやか, 斉田芳久, 榎本俊行, 竹下惠美子, 高林一浩, 片田夏也, 渡邊良平, 永岡康史, 新妻徹, 森山穂高, 草地信也, 前谷容:  小腸腫瘍に対する腹腔鏡手術の経験.  Progress of Digestive Endoscopy  88 (1) :73 -77 , 2016
3. 渡邊良平, 片田夏也, 永岡康史, 中村陽一, 高林一浩, 長尾さやか, 竹下惠美子, 榎本俊行, 斉田芳久, 草地信也, 北川智之, 前谷容:  胃噴門部および穹窿部の粘膜下腫瘍に対するLECS手技の工夫.  Progress of Digestive Endoscopy  88 (1) :94 -95 , 2016
4. 吉田有輝, 富永健司, 森麻紀子, 牧野敏之, 高木厚子, 日原大輔, 前谷容:  超高齢者の大腸癌イレウスに対してステント留置術を施行した1例.  Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)  89 (1) :138 -139 , 2016
5. 森麻紀子, 小泉浩一, 桑田剛, 田畑拓久, 小泉理美, 堀口慎一郎 ,富永健司, 吉田有輝, 高橋厚子, 日原大輔, 前谷容:  直腸線種にAnal Intraepitherial Neoplasia(AIN)を合併した1例.  Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)  89 (1) :142 -143 , 2016
6. 崔 勝隆, 浅井浩司, 渡邉 学, 松清 大, 齋藤智明, 石井智貴, 鯨岡 学, 権 勉成, 前谷 容, 榎本泰典, 草地信也:  抗血栓療法中に急性出血性胆管炎で発症した胆道重複癌の1例.  胆道  30 (5) :870 -875 , 2016
7. Saito S, Yoshida S, Isayama H, Matsuzawa T, Kuwai T, Maetani I, Shimada M, Yamada T, Tomita M, Koizumi K, Hirata N, Kanazawa H, Enomoto T, Sekido H, Saida Y:  A prospective multicenter study on self-expandable metallic stents as a bridge to surgery for malignant colorectal obstruction in Japan: efficacy and safety in 312 patients.  Surgical endoscopy  30 :3976 -3986 , 2016
8. Sasahira N, Hamada T, Togawa O, Yamamoto R, Iwai T, Tamada K, Kawaguchi Y, Shimura K, Koike T, Yoshida Y, Sugimori K, Ryozawa S, Kakimoto,T, Nishikawa K, Kitamura K, Imamura T, Mizuide M, Toda N, Maetani I, Sasai Y, Itoi T, Nagahama M, Nakai Y, Isayama H:  Multicenter study of endoscopic preoperative biliary drainage for malignant distal biliary obstruction.  World journal of gastroenterology : WJG  22 (14) :3793 -3802 , 2016
その他
1. 堀田欣一, 今井健一郎, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 川田登, 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 小野裕之:  【大腸Interval cancerをめぐる最近の知見】 大腸Interval cancerを防ぐために.  Intestine  21 (1) :29 -34 , 2017
2. 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 川田登, 吉田将雄, 岩井朋洋, 松井徹, 岸田圭弘, 五十嵐公洋, 伊藤紗代, 今井健一郎, 石渡裕俊, 堀田欣一, 松林宏行, 小野裕之:  【十二指腸の上皮性腫瘍】
十二指腸のcold snare polypectomy(D-CSP).  胃と腸  51 (12) :1613 -1616 , 2016
3. 伊藤紗代, 堀田欣一, 今井健一郎:  ワンポイントレッスン レジデント教育におけるQuality Indicatorを用いた大腸内視鏡挿入法のSelf-Assessmentの試み.  消化器内視鏡  28 (4) :657 -659 , 2016
4. 堀田欣一, 今井健一郎, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 川田登, 石渡裕俊, 松林宏行, 小野裕之:  【大腸腫瘍-拾い上げから精密診断まで】 大腸腫瘍の拾い上げ診断 ADRを高めるコツ 死角をなくす観点から.  消化器内視鏡  28 (9) :1427 -1431 , 2016
5. 堀田欣一, 今井健一郎, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 川田登, 石渡裕俊, 松林宏行, 小野裕之:  大腸腫瘍の拾い上げ診断 ADRを高めるコツ 死角をなくす観点から.  消化器内視鏡  28 (9) :1427 -1431 , 2016
6. 前谷容:  巻頭言 特集/悪性消化管狭窄に対する最新マネージメント.  臨牀消化器内科  31 (8) :1077 -1078 , 2016
■ 著書
1. 前谷容:  胆石症診療ガイドライン2016(改訂第2版).  今日の治療指針 2017  1849-1855.  医学書院,  東京, 2017
2. 前谷容:  「慢性すい炎」の重症化を防ぐ.  すこやかファミリー  24-25.  株式会社 法研,  東京, 2016
3. 前谷容:  からだと心健康相談Q&A 消化器内科.  すこやかファミリー  30-30.  株式会社 法研,  東京, 2017
4. 権 勉成, 前谷容:  17.経皮的ドレナージ(胆道・膿瘍・嚢胞).  消化器研修ノート  158-160.  診断と治療社,  東京, 2016
5. 前谷容:  巻頭言.  臨牀消化器内科  1077.  日本メディカルセンター,  東京, 2016
6. Maetani I:  Prevention of Peristomal PEG Infection.  Percutaneous Endoscopic Gastrostomy (PEG)  207-222.  Nova Science Publishers, Inc.,  NY, USA, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎権勉成, 田中貴志, 成木良瑛子, 徳久順也, 齋藤倫寛, 齋藤智明, 新後閑弘章, 松清大, 浅井浩司, 渡邉学, 前谷容: ERCP後腹膜穿孔の検討.  第53回 日本腹部救急医学会総会,  横浜,  2017/03
2. ◎田中貴志, 新後閑弘章, 木村晴, 中村文彦, 松浦良徳, 根本夕夏子, 剛崎寛徳, 河北英明
代田智樹, 田村和彦, 齊藤準, 逢坂由昭, 黒田雅彦: 既往歴、開腹歴のない腹腔内デスモイドの1例.  第343回日本消化器病学会 関東支部会,  東京,  2017/02
3. ◎武谷千晶,松門 武,城田知己,原木理沙,酒井正博,奥山裕子,村上友紀,吉田有輝: 婦人科癌患者における術前の栄養状態と術後リンパ浮腫発症に関する検討.  第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会,  岡山県,  2017/02
4. ◎権勉成、齋藤倫寛、前谷容: 遠位悪性胆道狭窄に対する術前胆道ドレナージ.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
5. ◎成木良瑛子、権勉成、齋藤倫寛、徳久順也、前谷容: 医原性乳頭部出血、穿孔に対するFully-covered self-expandable metallic stentの有用性.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
6. ◎山本修平, 齋藤倫寛, 権勉成, 徳久順也, 成木良瑛子, 齋藤智明, 松清大, 浅井浩司, 榎本泰典, 三登久美子, 福嶋敬宜, 渡邉学, 前谷容: EUS-FNAにより診断し化学療法奏功後に切除を行ったが、術後に脳転移、髄膜播種を来たした膵神経内分泌細胞癌の1例.  103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
7. ◎高橋厚子、藤原純子、門馬久美子、三浦昭順: 咽頭・食道の同時性重複癌の診断と治療戦略.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
8. ◎長尾知子, 藤原純子, 高橋厚子, 門馬久美子: 食道内視鏡的粘膜下層剥離術におけるデクスメデトミジンの有用性.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
9. ◎徳久順也、権勉成、齋藤倫寛、成木良瑛子、前谷容: 悪性消化管狭窄のステント閉塞に対するRe-interventionに難渋した2症例.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
10. ◎齋藤倫寛, 権勉成, 徳久順也, 成木良瑛子, 山本修平, 齋藤智明, 松清大, 浅井浩司, 榎本泰典, 渡邉学, 前谷容: 約3年半の経過で嚢胞変性を来たしIPMNとの鑑別を要した膵神経内分泌腫瘍の1例.  第103回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/12
11. ◎鳥居俊介,中村文彦,木村晴,松浦良徳,新後閑弘章,根本夕夏子,剛崎寛徳, 若林ゆかり, 倉田 厚, 黒田雅彦: 多発骨転移を契機に診断に至った進行膵癌の1例.  内科学会 第629回日本内科学会関東地方会,  東京,  2016/12
12. ◎島田長怜, 松井貴史, 宮内倫沙, 三枝善伯, 前谷容: 脾症と診断した1例.  日本消化器病学会関東支部第342回例会,  東京,  2016/12
13. ◎馬場隆成, 権勉成, 山本修平, 成木良瑛子, 徳久順也, 齋藤倫寛, 前谷容, 富義明, 齋藤智明, 松清大, 浅井浩司, 榎本泰典, 渡邉学: 術後19年目に重症急性膵炎を発症しSSPPDを施行した腎細胞癌異時性膵転移の1例.  日本消化器病学会関東支部第342回例会,  東京,  2016/12
14. ◎堀江義政, 富永健司, 森麻紀子, 吉田有輝, 牧野敏之, 日原大輔, 前谷容, 林俊秀, 松金愛: 腸管出血性大腸菌O-157 による溶血性尿毒症症候群を合併した1例.  日本消化器病学会関東支部第342回例会,  東京,  2016/12
15. ◎野中榮仁, 平野庸介, 木村靖, 新後閑弘章, 根本夕夏子, 奥田優子, 青田泰雄, 横山智大, 若林ゆかり, 勇内山大介: 消化管穿孔を契機に診断に至ったメソトレキセート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD).  第628回日本内科学会関東地方会,  東京,  2016/11
16. ◎齋藤倫寛, 大牟田繁文, 新後閑弘章, 権勉成, 徳久順也, 成木良瑛子, 大原関利章, 前谷容: 当院における膵充実性腫瘤に対するEUS-FNAの現状と課題.  JDDW2016  消化器内視鏡学会,  神戸,  2016/11
17. ◎根本夕夏子木村晴, 中村文彦, 松浦好徳, 剛崎寛徳, 高橋厚子, 日原大輔, 牧野敏之, 小山圭穂, 森麻紀子, 吉田有輝, 富永健司, 前谷容: cold polypectomy による完全摘除率の比較.  JDDW2016 (消化器病学会),  神戸,  2016/11
18. ◎柴田昌幸, 松林宏行, 石渡裕俊, 伊藤紗代, 川田登, 今井健一郎, 田中雅樹, 角嶋直美, 滝沢耕平, 田 欣一, 佐々木恵子, 岡村行泰, 小野裕之, 上坂克彦: IPMN併存膵癌とIPMN由来膵癌の特徴.  JDDW2016(消化器内視鏡学会),  神戸,  2016/11
19. ◎新後閑弘章, 堀江義政, 木村晴, 春山晋, 中村文彦, 松浦良徳, 根本夕夏子, 剛崎寛徳, 河北英明, 田村和彦, 齊藤準, 逢坂由昭: PEGの早期臨床成績の検討.  JDDW2016(消化器内視鏡),  神戸,  2016/11
20. ◎富永健司, 森麻紀子, 吉田有輝, 小山佳穂, 牧野敏之, 高橋厚子, 日原大輔, 田中貴志, 山本修平, 前谷容: Helicobacter pylori各種診断法の除菌療法前の感染診断についての調査.特にプロトンポンプ阻害薬内服中の患者での迅速ウレアーゼ試験の偽陰性率の検討..  JDDW2016 (消化器病学会),  神戸,  2016/11
21. ◎五十嵐公洋, 今井健一郎, 堀田欣一, 伊藤紗代, 小野裕之: Cold polypectomyにおける内視鏡診断と病理診断との乖離に関する検討.  JDDW2016(消化器内視鏡学会),  神戸,  2016/11
22. ◎松井貴史, 三枝善伯, 宮内倫沙, 山本修平, 前谷容: 成人発症の遅発型OTC欠損症の1例.  DDW2016(日本肝臓学会総会),  神戸,  2016/11
23. ◎岡田昌浩, 坂本博次, 三登久美子: 小腸悪性リンパ腫44例の内視鏡所見と生検部位に関する検討.  JDDW2016 (消化器内視鏡学会・消化器病学会),  神戸,  2016/11
24. ◎平山貴視、原和生、水野伸匡、肱岡範、今岡大、田中努、石原誠、平山裕、奥野のぞみ、稗田信弘、吉田司、渋谷仁、近藤尚、德久順也、鳥山和浩、鈴木博貴、藤田曜、田近政洋、丹羽康正、山雄健次: 膵臓癌に対するEUS-FNAの診断能の向上に向けた取り組み.  JDDW2016 (日本消化器病学会),  神戸、兵庫県,  2016/11
25. ◎権勉成, 齋藤倫寛, 前谷容: 選択的胆管挿管困難例に対するPrecut~PSP vs NKPP~.  第52回日本胆道学会学術集会,  横浜,  2016/09
26. ◎浅見雅子, 日原大輔, 小山圭穂, 矢崎義行小野剛, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 横内幸, 諸井雅男, 中村正人: NOACと抗血小板療法中に消化管大量出血を呈し、剖検に至った一例.  第64回 日本心臓病学会学術集会,  東京,  2016/09
27. ◎三枝善伯, 松井貴史, 宮内倫沙, 山本修平, 前谷容: 高齢者に対する経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)の検討.  第19回日本高齢消化器病学会,  東京,  2016/07
28. ◎権勉成, 成木良瑛子, 徳久純也, 齋藤倫寛, 大牟田繫文, 新後閑弘章, 前谷容: 当教室における超高齢者総胆管結石に対する内視鏡的切石術の現状.  第19回日本高齢消化器病学会総会,  東京,  2016/07
29. ◎齋藤倫寛, 大牟田繫文, 新後閑弘章, 権勉成, 徳久純也, 成木良瑛子, 大原関利彰, 前谷容: 当院における高齢者の膵充実性腫瘤に対するEUS-FNAの検討.  第19回日本高齢消化器病学会総会,  東京,  2016/07
30. ◎山本修平, 宮内倫沙, 島田長怜, 堀江義政, 松井貴史, 三枝善伯, 前谷容: 保存的加療で改善を認めた被膜下への破裂を伴うアメーバ性肝膿瘍の一例.  日本消化器病学会関東支部第340回例会,  東京,  2016/07
31. ◎牧野敏之, 森麻紀子, 吉田有輝, 小山圭穂, 日原大輔, 島田長怜, 富永健司, 前谷容, 鯨岡学, 桐林孝治, 西牟田浩伸, 榎本俊行, 斉田芳久: 盲腸を先進部とした成人特発性腸重積の1例.  日本消化器病学会関東支部第340回例会,  東京,  2016/07
32. ◎吉田有輝, 富永健司, 森麻紀子, 牧野敏之, 高橋厚子, 日原大輔, 田中貴志, 山本修平, 前谷容: 超高齢者の大腸癌イレウスに対してステント留置術を施行した1例.  第102回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/06
33. ◎森麻紀子, 小泉浩一, 桑田剛, 田畑拓久, 堀口慎一郎, 富永健司, 吉田有輝, 小山圭穂, 牧野敏之, 高橋厚子, 日原大輔, 田中貴志, 山本修平, 前谷容: 直腸腺種に肛門上皮内腫瘍を合併した一例.  第102回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/06
34. ◎成木良瑛子, 大牟田繁文, 新後閑弘章, 権勉成, 齋藤倫寛, 徳久順也, 高橋厚子, 前谷容: EST穿孔に対し金属ステントの一時留置が有効であった2例.  第102回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2016/06
35. ◎五十嵐公洋, 滝沢耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 川田登, 吉田将雄, 伊藤紗代, 今井健一郎, 堀田欣一, 松林宏行, 小野裕之: ヘパリン置換下胃ESDにおける術中出血について.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
36. ◎川田登, 角嶋直美, 滝沢耕平, 田中雅樹, 伊藤紗代, 今井健一郎, 堀田欣一, 松林宏行, 小野裕之: ESD後に3cm以下の分化型優位かつpT1b(SM1)と診断された早期胃癌の治療成績の検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
37. ◎滝沢 耕平, 角嶋直美, 田中雅樹, 川田登, 吉田将雄, 五十嵐公洋, 伊藤紗代, 今井健一郎, 堀田欣一, 松林宏行, 寺島雅典, 盛啓太, 小野裕之: 80歳以上の超高齢者における早期胃癌ESD非治癒切除後の追加外科切除は必要か?(.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
38. ◎田中努, 石原誠, 平山裕, 水野伸匡, 原和生, 肱岡範, 今岡大, 奥野のぞみ, 稗田信弘, 吉田司, 平山貴視, 渋谷仁, 近藤尚, 鳥山和浩, 鈴木博貴, 藤田曜, 徳久順也, 山雄健次, 田近正洋, 丹羽康正: H.pylori除菌療法後に発症した胃癌の臨床病理学的検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
39. ◎藪内洋平, 角嶋直美, 川田登, 田中雅樹, 滝沢耕平, 伊藤紗代, 今井健一郎, 堀田欣一, 松林宏行, 小野裕之: 食道癌化学放射線療法後の局所遺残・再発病変に対するサルベージESDの検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
40. ◎三登久美子, 齋藤倫寛, 森田剛平, 前谷容, 福嶋敬宜: 主膵管内にポリープ状に発育する破骨細胞様巨細胞(OGCs)を伴う退形成癌の臨床病理学的検討.  第105回日本病理学会総会,  仙台,  2016/05
41. ◎森田剛平, 三登久美子, 仁木利郎, 福嶋敬宜: 膵癌前癌病変としてのAtypical flat lesion(AFL)の病理組織学的検討.  第105回日本病理学会総会,  仙台,  2016/05
42. ◎平山貴視, 原和生, 水野伸匡, 肱岡範, 今岡大, 田近正洋, 田中努, 石原誠, 奥野のぞみ, 稗田信弘, 吉田司, 渋谷仁, 近藤尚, 徳久順也, 鳥山和浩, 鈴木博貴, 藤田曜, 丹羽康正, 山雄健次: EUS-FNAの迅速細胞診を最大限に活かすための試み.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
43. ◎平山裕, 田近正洋, 田中努, 石原誠, 水野伸匡, 原和生, 肱岡範, 今岡大, 吉田司, 奥野のぞみ, 稗田信弘, 平山貴視, 渋谷仁, 近藤尚, 鈴木博貴, 鳥山和浩, 藤田曜, 徳久順也, 山雄健次, 丹羽康正: 当院における大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療成績及び長期経過についての検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
44. ◎伊藤紗代, 堀田欣一, 今井健一郎: 大腸内視鏡挿入法の工夫 初級~中級者に対する大腸内視鏡挿入法の指導方法と客観的評価の試み.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
45. ◎権勉成, 成木良瑛子, 徳久順也, 齋藤倫寛, 大牟田繫文, 前谷容: 当教室における経副乳頭的膵管ドレナージの現状.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
46. ◎今井健一郎, 堀田欣一, 伊藤紗代: 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の現状と限界 粘膜下層浸潤距離以外のリスク因子陰性の大腸pT1癌の5年長期予後.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
47. ◎今井健一郎, 堀田欣一, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 川田登, 角嶋直美, 滝沢耕平, 田中雅樹, 松林宏行, 小野裕之: 当院のレポートシステムにおける大腸内視鏡のQuality assessmentの現状.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
48. ◎根本夕夏子, 伊藤紗代, 佐藤浩一郎, 北川智之, 富永健司, 吉田有輝, 森麻紀子, 牧野敏之, 高橋厚子, 日原大輔, 島田長怜, 田中貴志, 堀江義政, 山本修平, 前谷容: 高齢者に対する早期胃癌ESD 術前診断におけるEUS の意義.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
49. ◎佐藤浩一郎, 北川智之, 森麻紀子, 吉田有輝, 富永健司, 小澤範高, 馬淵正敏, 梶山祐介, 土井晋平, 安田一朗, 前谷容: 大腸ESD後post coagulation syndromeの発生因子に関する検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
50. ◎村井克行, 川田登, 田中雅樹, 角嶋直美, 滝沢耕平, 伊藤紗代, 今井健一郎, 堀田欣一, 松林宏行, 小野裕之: 悪性食道狭窄に対する食道ステントの治療成績と重篤な偶発症に関する検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
51. ◎田近正洋, 田中努, 石原誠, 平山裕, 水野伸匡, 原和生, 肱岡範, 今岡大, 稗田信弘, 奥野のぞみ, 吉田司, 平山貴視, 近藤尚, 渋谷仁, 鈴木博貴, 鳥山和浩, 藤田曜, 徳久順也, 山雄健次, 丹羽康正: 超高齢者の下部消化管内視鏡検査におけるアスコルビン酸加高張性腸管洗浄液と等張性腸管洗浄剤の比較検討.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
52. ◎堀田欣一, 今井健一郎, 伊藤紗代, 山口裕一郎, 小野裕之: 回盲弁伸展・虫垂開口部近傍の盲腸腫瘍に対するESDの治療成績.  第91回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2016/05
53. ◎平山貴視, 原和生, 水野伸匡, 肱岡範, 今岡大, 田近正洋, 田中努, 石原誠, 奥野のぞみ, 稗田信弘, 吉田司, 渋谷仁, 近藤尚, 徳久順也, 鳥山和浩, 鈴木博貴, 藤田曜, 丹羽康正, 山雄健次: 経過観察中の膵神経内分泌腫瘍(PNET)の7例.  第101回日本消化器病学会総会,  仙台,  2016/04
54. ◎田中努, 石原誠, 水野伸匡, 原和生, 肱岡範, 今岡大, 奥野のぞみ, 稗田信弘, 吉田司, 平山貴視, 渋谷仁, 近藤尚, 鳥山和浩, 藤田曜, 徳久順也, 田近正洋, 山雄健次, 丹羽康正: 早期胃癌ESD 症例に対するH.pylori 除菌療法後に発症した異時性胃癌の検討.  第102回日本消化器内視鏡学会総会,  仙台,  2016/04
55. ◎渡邊良平, 片田夏也, 永岡康志, 鯨岡 学, 森山穂高, 新妻 徹, 髙橋亜紗子, 長尾さやか, 髙林一浩, 竹下惠美子, 榎本俊行, 浅井浩司, 渡邉 学, 中村陽一, 斉田芳久, 草地信也, 北川智之, 前谷 容,: 胃粘膜下腫瘍に対するLECSの工夫と治療成績.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
国際学会
1. ◎Mito K, Saito M, Morita K, Maetani I, Sata N, Fukushima N: Prognostic Values and Clinicopathological
Significances of MUC13 and AGR2 Expressions in
Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms (IPMNs) of
the Pancreas.  USCAP2017,  San Antonio Texas,USA,  2017/03
2. ◎Morita K, Mito K, Oshiro H, Sata N, Niki T, Fukushima N: Prognostic Significance of the Number of Involved
Lymphatic Vessels in Patients with Resectable
Pancreatic Head Cancer.  USCAP2017,  San Antonio,Texas, USA,  2017/03
3. ◎Gon K, Maetani I, Omuta S, Naruki M, Tokuhisa J, Saito M, Shigoka H: Efficacy of modified small J shaped-tip guidewire for selective biliary cannulation: a prospective randomized controlled study.  APDW2016,  Kobe, Japan,  2016/11
4. ◎前谷容: Biliary cannulation for ERCP: Reviewing basic techniques.  The Ninth National ERCP Symposium (2016 Innovative Technology Forum of Digestive Endoscopy),  瀋陽、中国,  2016/10
5. ◎Shimada M, Kuwai T, Kanazawa A, Yoshida S, Isayama H, Matsuzawa T, Yamada T, Saito S, Hirata N, Sasaki T, Koizumi K, Tominaga K, Maetani I, Saida Y: Evaluation of clinical factors associated the technical difficulty of self-expandable metallic stent placement for malignant colonic obstruction.  UEG Week 2016 (24th United European Gastroenterology),  Vienna Austria,  2016/10
6. ◎Maetani I: Small bowel nutrition in patients with malignant GI obstruction: Role of endoscopic stent method.  2nd Annual Congress DEST 2016 (Digestive Endoscopy Society of Taiwan),  Taipei, Taiwan,  2016/08
7. ◎Mito K, Saito M, Morita K, Maetani I, Sata N, Fukushima N: Undifferentiated (anaplastic) carcinomas of the pancreas with osteoclast-like giant cells showing intraductal polypoid growth in the main pancreatic duct.  第47回日本膵臓学会大会,  仙台,  2016/08
その他
1. ◎権 勉成: 内視鏡的胆管結石除去術 ~ EST vs EPLBD、バスケット vs バルーン ~.  胆膵Step Upセミナー,  東京,  2017/03
2. ◎島田長怜: 腹水を伴う腹腔内多発性腫瘤の1例.  第20回鳳友消化器集談会,  大橋, 臨床講堂,  2017/02
3. ◎日原大輔: 治療に難渋し大腸切除を施行した潰瘍性大腸炎の症例.  第6回 IBD Conference,  東京,  2017/02
4. ◎吉田有輝、前谷容: 大腸ステント留置後偽閉塞を繰り返した1例.  第5回大腸ステント安全手技研究会,  神戸,  2016/11
5. ◎権勉成: 胆道癌の診断 (胆道鏡を含めて).  第23回 SMS臨床消化器病研究会,  東京,  2016/10
6. ◎新後閑弘章: 知識技術のUp to date胃瘻管理の最新知識.  第3回世田谷住宅医療フォーラム~在宅医療研究会,  東京,  2016/10
7. ◎権勉成: 当院におけるSpyGlass DSの使用経験.  SpyGlass セミナー 東京都SpyGlass DS講演会 ~胆道に光を~,  東京,  2016/09
8. ◎権勉成: 当院におけるGEM+nab-PTX使用の現状.  大鵬薬品 社内勉強会,  東京,  2016/09
9. ◎新後閑弘章: GERD診療の現状と課題.  第192回」城南消化器検討会,  東京,  2016/09
10. ◎新後閑弘章: 機能性ディスペシアと慢性膵炎.  第6回ドクターガストロ,  東京,  2016/06
11. ◎新後閑弘章: ERCPカニュレーション困難例.  膵臓若手ミーティング2016,  東京,  2016/06
12. ◎齋藤倫寛: 膵疾患における興味深い症例(膵炎・膵癌etc).  第24回Tokyo Pancreas Club,  東京,  2016/05
13. ◎権勉成: 切石デバイス 使えるものはこれだ.  JGES2016 メディコスヒラタ ブースカンファレンス,  東京,  2016/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者