東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 臨床生理機能学研究室(大森)
 Department of Clinical Functional Physiology (Omori)

准教授:
  原田 昌彦
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















原田 昌彦   准教授
   2 1          
 
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Masahiko Harada, Satoshi Tabako, Yuichiro Fujii, Yuichi Takarada, Kyoko Hayashi, Hiroshi Ohara, Fumihiko Hara, Takanori Ikeda:  Correlation between plasma brain natriuretic peptide levels and left atrial appendage flow velocity in patients with non-valvular atrial fibrillation and normal left ventricular systolic function.  Journal of Echocardiography  16 (2) :72 -80 , 2018
2. Tabako S, Harada M, Sugiyama K, Ohara H, Ikeda T:  Association of left ventricular myocardial dysfunction with diabetic polyneuropathy.  Journal of Medical Ultrasonics  46 (1) :69 -79 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎杉山 邦男, 東谷 剛志, 小林 真由美, 桝谷 直司, 原田 昌彦, 奈良 和彦, 千葉 浩輝, 田中 耕一郎, 佐藤 大輔, 高井 雄二郎,: 男性更年期障害でPSGを行った1症例.  第43回日本睡眠学会定期学術総会,  札幌,  2018/07
2. ◎三塚幸夫, 齊藤芙美, 久保田伊哉, 緒方秀昭: ソナゾイド造影超音波検査が病変の特徴を的確にとらえた乳癌症例.  第26回日本乳癌学会学術総会,  京都市,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者