<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(佐倉)
 Department of Surgical Pathology (Sakura)

准教授:
  蛭田 啓之
講師:
  徳山 宣
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















蛭田 啓之   准教授
  1  2          
 8
(5)
 
 
 
 3
(3)
徳山 宣   講師
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 谷口賢新郎, 太田  康, 蛭田 啓之, 北村 真, 鈴木光也:  IgG4 関連疾患と思われた難治性慢性副鼻腔炎の2 症例.  日本鼻科学会会報誌  58 (4) :719 -724 , 2019
2. Yamashita N, Kanno Y, Saito N, Terai K, Sanada N, Kizu R, Hiruta N, Park Y, Bujo H, Nemoto K.:  Aryl hydrocarbon receptor counteracts pharmacological efficacy of doxorubicin via enhanced AKR1C3 expression in triple negative breast cancer cells.  Biochemical and biophysical research communications  516 (3) :693 -698 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎石川ルミ子, 稲岡努、内孝允, 加藤彩由里, 中塚智也, 粕谷秀輔, 北村範子, 瓜田祐, 蛭田啓之, 寺田一志: 石灰化と嚢胞成分を伴う骨軟部Castleman病の1例.  第39回日本画像医学会,  東京,  2020/02
2. ◎杉﨑裕香, 岡了, 神谷直人, 加藤精二, 杉山真康, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 鈴木啓悦, 吉田美穂, 蛭田啓之: ALK陰性炎症性筋線維芽細胞性腫瘍の一例.  第9回日本泌尿器病理研究会(JSUP)学術集会,  東京都中央区,  2020/02
3. ◎田中宏, 岡住慎一, 安藤未佳, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 高木隆一, 平沼彩子, 佐藤雄, 瓜田佑, 吉田豊, 大城崇司, 長島誠, 蛭田啓之: 胆管内分泌大細胞癌の1例.  第81回日本臨床外科学会総会,  高知,  2019/11
4. ◎大塚成美,山崎利城,鎌倉正和,伊藤靖那,寺井謙介,山口みはる,平山美佐子,北村 真,吉田美穂,清水直美,蛭田啓之: 多核巨細胞が多数出現したPlasmablastic tumorの1例.  第58回日本臨床細胞学会秋期大会,  岡山,  2019/11
5. ◎神谷直人, 飯島正太, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 加藤精二, 岡了, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 腹腔鏡下副腎摘除術を施行した誘因なく副腎出血を伴った非機能性副腎線腫の1例.  第31回日本内分泌外科学会総会,  東京都新宿区,  2019/06
その他
1. ◎菊地秀昌, 西宮哲生,木村道明,大内佑香,柴本麻衣,古川潔人,岩下裕明,佐々木大樹,宮村美幸,勝俣雅夫,山田哲弘,中村健太郎,高田伸夫,蛭田啓之,松岡克善: 問診より診断にたどり着いた胆管拡張の一例.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
2. ◎村野武義,寺井謙介,荒井航太,蛭田啓之,武城英明: 遺伝子検査の展開と可能性.  第12回佐倉病院学術集会,  佐倉,  2019/10
3. 山下享子,杉浦善弥,植野映子,船内雄生,阿江啓介,松本誠一,蛭田啓之,町並陸生,高澤 豊: 症例5 右大腿軟部腫瘍.  第62回日本骨軟部腫瘍研究会,  埼玉,  2019/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者