<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(大橋)
 Department of Surgical Pathology (Ohashi)

教授:
  髙橋 啓
准教授:
  大原関 利章
講師:
  横内 幸
■ 概要
系統的血管炎に関する研究
川崎病の急性期・遠隔期の病理形態学的変化について調査研究と発表を行なった。
日本川崎病学会「川崎病診断の手引き改訂6版」の作成に協力した。
難治性血管炎に関する調査研究班として、診療ガイドライン作成に向けてのシステマティックレビューを遂行中である。
系統的血管炎モデルを用いた研究
川崎病の病因・病態理解に向けてCandida albicans菌体由来物質によるマウス系統的血管炎誘発モデルの解析を行ない、その成果を報告した。
細胞診に関する研究
肺癌遺伝子検査の実施に関する研究報告や臨床診断における希少症例について解析を加え学会報告を行なった。
■ Keywords
川崎病, 難治性血管炎, 血管炎モデル, Candida albicans, 細胞診
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働科学研究費補助金
 研究課題:難治性血管炎に関する調査研究班  (研究分担者:髙橋 啓)
 研究補助金:270000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)
 研究課題:川崎病冠動脈瘤形成に対する分子標的治療法の開発  (研究分担者:髙橋 啓)
 研究補助金:300000円  (分担)
3.  文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)
 研究課題:ヒトScFvライブラリーを用いた血管炎症候群に対する治療標的分子の同定と解析  (研究分担者:大原関 利章)
 研究補助金:300000円  (分担)
その他
1.  東邦大学医学部プロジェクト研究費  (研究課題番号:19-20)
 研究課題:川崎病類似血管炎マウスモデルにおけるSyk阻害薬の血管炎抑制効果に対する検討  (研究代表者:浅川 奈々絵)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  髙橋 啓 :東京労働局地方労災医員
2.  大原関 利章 :あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師試験委員, あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師出題基準委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  髙橋 啓 :日本病理学会評議員, 日本川崎病学会会長, 日本小児循環器学会評議員, 関東川崎病研究会運営委員, 膠原病臨床病理研究会代表世話人, 東京血管炎研究会世話人, 日本血管病理研究会世話人, 東京心臓病理フォーラム世話人, 血管炎病因病態研究会代表世話人
2.  大原関 利章 :日本病理学会評議員, 日本川崎病学会運営委員, 血管炎病因病態研究会世話人
3.  横内 幸 :日本病理学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高橋 啓   教授
 1 5  2          6
(2)
 17
(2)
 1
 
 2
 1
大原関 利章   准教授
  6 1 1          1
 25
(3)
 
 1
 2
 1
横内 幸   講師
  4  3          3
 17
(1)
 
 1
 
 1
 1 1  0 0  0  10
(2)
 1
(0)
 4
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














高橋 啓   教授
 1        6
(2)
 1
 2
大原関 利章   准教授
  1       1
 
 2
横内 幸   講師
         3
 
 
 1 1  0 0  0  10
(2)
 1
(0)
 4
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Oharaseki T,Kameoka Y,Miura N,Ohno N,Suzuki K,Takahashi K:  Administration of recombinant single chain fragment of variable region (hScFv) of IgG suppresses development of murine vasculitis induced with Candida albicans water-soluble fraction: An animal model of Kawasaki disease..  ADC Letter for Infectious Disease Control.  6 :51 -55 , 2019
2. Isobe M, Amano K, Arimura Y, Ishizu A, Ito S, Kaname S, Kobayashi S, Komagata Y, Komuro I, Komori K, Takahashi K, Tanemoto K, Hasegawa H, Harigai M, Fujimoto S, Miyazaki T, Miyata T, Yamada H, Yoshida A, Wada T, Inoue Y, Uchida HA, Ota H, Okazaki T, Onimaru M, Kawakami T, Kinouchi R, Kurata A, Kosuge H, Sada KE, Shigematsu K, Suematsu E, Sueyoshi E, Sugihara T, Sugiyama H, Takeno M, Tamura N, Tsutsumino M, Dobashi H, Nakaoka Y, Nagasaka K, Maejima Y, Yoshifuji H, Watanabe Y, Ozaki S, Kimura T, Shigematsu H, Yamauchi TK, Murohara T, Momomura SI:  JCS 2017 Guideline on Management of Vasculitis Syndrome - Digest Version.  Circulation Journal  84 (2) :299 -359 , 2020
3. Shinichi Komiyama,Masaru Nagashima,Tomoko Taniguchida,Yuki Yokouchi,Tsuyoki Kugimiya.:  Ovarian Clear Cell Carcinoma Detected During Long-Term Management of Endometriotic Cysts in Young Patients: Possible Heterogeneity of this Tumor.  Gynecologic and obstetric investigation  84 (3) :305 -312 , 2019
4. Oharaseki T, Yokouchi Y, Enomoto Y, Sato W, Ishibashi K, Miura N, Ohno N, Takahashi K.:  Recognition of alpha-mannan by dectin 2 is essential for onset of Kawasaki disease-like murine vasculitis induced by Candida albicans cell-wall polysaccharide.  Modern Rheumatology  30 (2) :350 -357 , 2020
総説及び解説
1. 髙橋啓:  血管炎を正しく評価するためにはどのくらいの標本を作成すれば良いか.  病理と臨床  37 (10) :1021 -1023 , 2019
症例報告
1. 浅川奈々絵, 横内 幸, 佐藤若菜, 榎本泰典, 大原関利章, 渡邊良平, 高橋 啓:  消化管壁構造を伴った胆嚢異所性膵の1例.  診断病理  36 (3) :181 -187 , 2019
2. 榎本泰典, 横内 幸, 大原関利章, 佐藤若菜, 井上有希, 亀田秀人, 桐林孝治, 高橋 啓:  胸腔鏡下肺生検にて早期診断されたMPO-ANCA陽性多発血管炎性肉芽腫症の1例.  診断病理  63 (2) :94 -102 , 2019
3. 浅井浩司,鯨岡 学,森山穂高,大原関利章,関口隆三,渡邉 学:  緩徐な増大傾向を示し嚢胞内出血を伴った胆管内乳頭状腫瘍.  胆道  33 (4) :786 -791 , 2019
4. 鯨岡 学,浅井浩司,渡邊良平,斉田芳久,榎本泰典,草地信也:  膵胃吻合再建を伴う膵頭十二指腸切除術後に発生した早期胃癌の1切除例.  日本外科系連合学会誌  44 (2) :209 -216 , 2019
5. 今泉知里、小高倫生、中野千裕、押尾剛志、高橋啓、松瀬厚人:  比較的急速に出現し胸腔鏡下腫瘍摘出術を行った胸腔内胸壁型脂肪腫の1例.  日本呼吸器学会雑誌  9 (2) :104 -107 , 2020
6. 橋本奈々, 原田侑弥, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 新山史朗, 横内幸, 福田英嗣:  蜂窩織炎との鑑別を要したTattoo Granulomaの1例..  皮膚科の臨床  61 (11) :1637 -1641 , 2019
7. 松本千夏, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 新山史朗, 榎本泰典, 福田英嗣:  鼠径部に生じ広基有茎性を呈した蔓状神経鞘腫の1例..  皮膚科の臨床  62 (3) :377 -380 , 2020
8. 中田茅, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 新山史朗, 大原関利章, 福田英嗣:  pseudoxanthoma elasticum-like papillary dermal elastolysis..  皮膚病診療  41 (11) :1045 -1048 , 2019
9. 渡邊恒輔, 横内幸, 福田英嗣:  アダリムマブ投与によって生じたparadoxical reaction..  皮膚病診療  41 (8) :765 -768 , 2019
10. 渡邊恒輔, 榎本泰典, 福田英嗣:  急性汎発性発疹性細菌疹..  皮膚病診療  41 (8) :769 -772 , 2019
11. Kajiyama A, Edo H, Inoue N, Yokouchi Y, Gomi T:  Magnetic Resonance Imaging and Histopathology in a Case of Pleomorphic Adenoma of a Minor Salivary Gland in the Nasal Cavity.  American Journal of Case Reports  12 (20) :679 -684 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎山田有佳、島田長茂、小高倫生、中野千裕、押尾剛志、渡邊賀代、新妻久美子、今泉知里、條澤早瑛子、横内幸、松瀬厚人: Aterolizumabによる免疫関連の小腸炎とイレウスを認めた肺腺癌の1例.  第238回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2020/02
2. ◎髙橋 啓: 大型血管炎の病理.  第39回日本画像医学会,  東京,  2020/02
3. ◎原田侑弥, 髙橋美咲, 新山史朗, 大原関利章, 福田英嗣: タクロリムス軟膏が奏功したLichen aureusの1例.  日本皮膚科学会第889回東京地方会,  東京,  2020/02
4. ◎里井新, 馬場隆成, 村上貴寛, 堀江義政, 日原大輔, 吉田有輝, 鳥羽崇仁, 富永健司, 前谷容, 大原関利章H.pylori未感染に発生した胃・腸混合型管状腺癌の2例.  第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京都,  2019/12
5. 〇荒尾和哉, 髙橋美咲, 浅川奈々絵, 福田英嗣: 異なるBlaschko線上に生じた線状および環状扁平苔癬の1例..  日本皮膚科学会第887回東京地方会,  東京,  2019/12
6. ◎釘宮剛城,田中京子,村上 功,臼井健人,高橋怜奈,佐藤若菜,森田峰人: 子宮頸部蒸散術を契機に診断し得た内向発育型子宮頸部扁平上皮癌の1例.  第392回東京産科婦人科学会例会,  東京,  2019/12
7. ◎嶋津由香, 日原大輔, 鳥羽崇仁, 堀江義政, 髙橋厚子, 大塚麻紀子, 吉田有輝, 富永健司, 渡邉学, 大原関利章, 前谷容: 内視鏡的粘膜切開下生検で診断し得た粘膜下腫瘍様形態を呈した直腸悪性リンパ腫の一例.  日本消化器病学会関東支部第357回例会,  東京都,  2019/12
8. ◎吉田匡宏, 藤井貴央, 清水友理, 桐林孝治, 大原関利章, 五味達哉: 小細胞肺癌のオリゴ副腎転移に対し放射線治療を施行した1例.  第60回日本肺癌学会学術集会,  大阪市,  2019/12
9. ◎吉田悠人, 島田長茂, 小高倫生, 渡邉賀代, 中野千裕, 押尾剛志, 今泉知里, 大原関利章, 松瀬厚人: 穿破により胸膜炎を伴った成熟型縦隔奇形腫の1例.  第237回日本呼吸器学会関東地方会,  東京都,  2019/11
10. ◎荒尾和哉, 髙橋美咲, 向井秀樹, 福田英嗣, 榎本泰典, 山下太郎: 皮膚限局性結節性アミロイドーシス(両第1趾間発症例と左鼻翼発症例)の2例..  第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2019/11
11. ◎村石佳重, 中村千秋, 湯浅瑛介, 佐々木智子, 藤田正志, 横内 幸, 大原関利章, 高橋 啓, 田中京子, 安田 貢: 広汎性子宮頸部摘出術後に見られる腺細胞の検討.  第58回日本臨床細胞学会秋期大会,  岡山県,  2019/11
12. ◎森山穂高,浅井浩司,渡邉 学,鯨岡 学,渡邉隆太郎,桐林孝治,榎本俊行,二渡信江,大原関利章,斉田芳久: 急速腫大を認めた肺扁平上皮癌肝転移の1切除例.  第81回日本臨床外科学会総会,  高知,  2019/11
13. ◎武井啓朗,中野千裕,小高倫生,渡邉賀代,押尾剛志,今泉知里,日山久美子,島田長茂,松瀬厚人、横内 幸: 肺胞出血を合併した慢性肺アスペルギルス症の1例.  第665回日本内科学会関東地方会,  東京都,  2019/11
14. ◎浅川奈々絵, 佐藤若菜, 横内幸, 大原関利章, 藤岡泰生, 土屋恵司, 熊坂利夫, 髙橋啓: 経年的な拡大を伴う川崎病性冠動脈瘤に対し、出産後に冠動脈瘤切除術と冠動脈バイパス術を施行した1例.  第24回日本血管病理研究会,  長野,  2019/11
15. ◎増田弘毅, 佐藤若菜, 横内幸, 大原関利章, 髙橋啓, 伊藤行信, 吉田誠, 後藤明輝: 川崎病冠動脈瘤病変に生じた内腔からの血管新生(Arterial angiogenesis).  第24回日本血管病理研究会,  長野,  2019/11
16. ◎鮎澤衛, 阿部淳, 伊藤秀一, 加藤太一, 鎌田政博, 小林徹, 塩野淳子, 鈴木啓之, 須田憲治, 高橋啓, 土屋恵司, 中村常之, 中村好一, 野村裕一, 濱田博通, 深澤隆治, 古野憲司, 松裏裕行, 松原知代, 三浦大: 川崎病診断の手引き 改訂6版の変更点について.  第39回日本川崎病学会・学術集会,  東京,  2019/10
17. ◎大原関利章, 浅川奈々絵, 横内 幸, 佐藤若菜, 三浦典子, 大野尚仁, 髙橋 啓: カンジダ細胞壁多糖誘導川崎病血管炎モデルを用いた川崎病病因論の考察.  第39回日本川崎病学会・学術集会,  東京都,  2019/10
18. ◎横内 幸, 大原関利章, 佐藤若菜, 浅川奈々絵, 高橋 啓: 川崎病冠状動脈瘤における石灰化の初期病変.  第39回日本川崎病学会・学術集会,  東京都,  2019/10
19. ◎佐藤若菜, 横内 幸, 大原関利章, 浅川奈々絵, 髙橋 啓: 川崎病大動脈病変とvasa vasorum.  第39回日本川崎病学会・学術集会,  東京都,  2019/10
20. ◎塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 渡邉 学, 佐々木祐太, 平栗有沙, 金子南紀子, 藤崎純, 大原関利章, 前谷容: 超音波検査で経時的に観察した胆管内乳頭状腫瘍の一例.  日本超音波医学会第31回関東甲信越地方会学術集会,  東京都,  2019/10
21. ◎井上なつき, 伊藤志昂, 横井佑一郎, 青木由香, 両角尚子, 坂口雄介, 穐山直太郎, 大塚昌信, 大原関利章, 吉川衛: Schizophyllum commune(スエヒロタケ)によるアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎についての検討.  第63回 日本医真菌学会総会・学術集会 国内学会,  千葉,  2019/10
22. ◎高橋 啓: <脈管専門医教育セッション>血管炎症候群の病理 大・中型血管炎を中心に.  第60回日本脈管学会総会,  東京都,  2019/10
23. ◎橋本奈々, 原田侑弥, 髙橋美咲, 大原関利章, 新山史朗, 福田英嗣: 肺炎球菌感染症に伴う電撃性紫斑病.  第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  金沢,  2019/10
24. ◎中田茅, 髙橋美咲, 新山史朗, 佐藤若菜, 望月聖太, 福田英嗣: 肩部に発症した深在型隆起性皮膚線維肉腫..  第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会,  金沢,  2019/10
25. ◎田中貴志,新後閑弘章, 徳久順也, 齋藤倫寛, 浅井浩司, 渡邉学, 横内幸, 前谷容: 胆管穿破により閉塞性黄疸を発症した膵IPMNの5例.  第55回日本胆道学会学術集会,  名古屋,  2019/10
26. ◎里井新, 権勉成, 村上貴寛, 田中貴志, 徳久順也 新後閑弘章, 前谷容, 鯨岡学, 森山穂高, 浅井浩司, 渡邉学, 髙橋啓: 急性膵炎を繰り返した膵嚢胞の一例.  日本消化器病学会関東支部第356回例会,  東京,  2019/09
27. ◎馬場隆成, 山本修平, 村上貴寛, 松井貴史, 塩澤一恵, 渡邉学, 前谷容, 大原関利章, 原田侑弥, 福田英嗣: 壊疽性膿皮症の肝病変の1例.  日本内科学会関東支部主催第653回関東地方分会,  東京,  2019/09
28. ◎高橋 啓, 大原関利章, 横内 幸, 佐藤若菜, 浅川奈々絵: 川崎病血管炎発症機序解明の試み.  第7回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京都,  2019/07
29. ◎香内朱萌, 塩澤一恵, 山本修平, 松井貴史, 三枝善伯, 渡邉学, 前谷容, 浅井浩司, 横内幸: 肝細胞癌と肝内胆管癌の同時性重複癌の一例.  第7回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京都,  2019/07
30. ◎高橋 啓: 「川崎病の up to date」病理学的側面から.  第43回日本小児皮膚科学会学術大会,  埼玉県さいたま市,  2019/07
31. ◎押尾剛志、條澤早瑛子、今泉知里、中野千裕、渡邊賀代、小高倫生、松瀬厚人、高橋啓: 気管原発MALTリンパ腫の1例.  第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2019/07
32. ◎横内 幸, 大原関 利章, 佐藤 若菜, 浅川 奈々絵, 高橋 啓: 川崎病罹患後3年までの冠状動脈瘤における組織学的石灰化.  第55回日本小児循環器学会総会・学術集会,  札幌市,  2019/06
33. ◎佐藤 若菜, 横内 幸, 大原関 利章, 浅川 奈々絵, 高橋 啓: 急性期川崎病大動脈の炎症進展におけるvasa vasorumの関与について.  第55回日本小児循環器学会総会・学術集会,  札幌市,  2019/06
34. ◎渡邉隆太郎,渡邉 学,浅井浩司,齋藤智明,萩原令彦,鯨岡 学,森山穂高,榎本俊行,桐林孝治,二渡信江,岡本 康,斉田芳久,大原関利章: 絞扼性イレウスを伴う突発性横隔膜破裂の1例.  第44回日本外科系連合学会学術集会,  金沢,  2019/06
35. ◎佐藤若菜, 大原関利章, 横内 幸, 浅川奈々絵, 高橋 啓: 川崎病における大動脈の炎症について部位別検索を含めた組織学的検討.  第38回関東川崎病研究会,  東京都,  2019/06
36. ◎馬場隆成,木村隆輔,富永健司,吉田有輝,高橋厚子,島田長怜,村上貴寛,里井 新,榎本俊行,長尾さやか,高橋亜紗子,伊藤一樹,斉田芳久,横内 幸,前谷 容: 粘膜下腫瘍の形態を呈した大腸粘膜下層浸潤癌の1例.  第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会,  東京,  2019/06
37. ◎荒尾和哉, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 横内幸, 向井秀樹, 福田英嗣, 山下太郎: 両側の第一趾間に生じた皮膚限局性結節性アミロイドーシスの1例..  第118回日本皮膚科学会総会,  名古屋,  2019/06
38. ◎湯浅瑛介, 中村千秋, 佐々木智子, 村石佳重, 藤田正志, 榎本泰典, 横内 幸, 大原関利章, 高橋 啓, 松瀬厚人: 当院における気管支洗浄・擦過ブラシ洗浄液検体を用いた肺癌EGFR検査の試み.  第60回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  東京都,  2019/06
39. ◎平井希, 齋藤紀彦, 鈴木遼, 平元侑, 藤田聡, 中山晴雄, 林盛人, 大原関利章, 青木和哉, 岩渕聡: 高齢者における小脳悪性神経膠腫の臨床病理学的検討.  第37回日本脳腫瘍病理学会学術集会,  名古屋,  2019/05
40. ◎伊藤一樹,桐林孝治,西牟田浩伸,萩原令彦,新妻 徹,高橋 啓,斉田芳久,草地信也: 急速増大した胸腔内胸壁型脂肪腫の胸腔鏡下1切除例.  第36回日本呼吸器外科学会学術集会,  大阪,  2019/05
41. ◎新妻 徹,桐林孝治,西牟田浩伸,萩原令彦,伊藤一樹,斉田芳久,草地信也,大原関利章: 直腸癌術後に非典型的形態を呈した転移性肺癌の一例.  第36回日本呼吸器外科学会学術集会,  大阪,  2019/05
42. ◎西牟田浩伸,桐林孝治,萩原令彦,新妻 徹,伊藤一樹,草地信也,横内 幸: 感染を伴った気管支閉鎖症の一切除例.  第36回日本呼吸器外科学会学術集会,  大阪,  2019/05
43. ◎佐藤若菜, 横内 幸, 大原関利章, 榎本泰典, 伊原文恵, 高橋 啓: 川崎病大型血管炎.  第108回日本病理学会総会,  東京都,  2019/05
44. ◎髙橋 啓: 川崎病心血管病変の病理組織像ー急性期から遠隔期までー.  第8回宮城川崎病研究会,  宮城県,  2019/05
45. ◎横内 幸, 大原関利章, 佐藤若菜, 榎本泰典, 伊原文恵, 高橋 啓: 川崎病による冠状動脈瘤における石灰化の発生時期と組織学的局在.  第108回日本病理学会総会,  東京都,  2019/05
46. ◎高橋 啓: 血管炎における国際分類 CHCC2012.  第108回日本病理学会総会,  東京都,  2019/05
国際学会
1. ◎Takahashi K, Sato W, Yokouchi Y, Enomoto Y, Oharaseki T: Immunohistological Observation of Aortitis in Kawasaki disease.  The 19th International Vasculitis and ANCA Workshop,  Philadelphia, USA,  2019/04
その他
1. ◎大原関利章, 横内幸, 浅川奈々絵, 佐藤若菜, 髙橋啓: 川崎病血管炎マウスモデルにおける血清サイトカインの変動.  第8回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京,  2020/02
2. ◎髙橋 啓: 川崎病心血管病変の病理.  第23回小児免疫リウマチ研究会,  東京都,  2019/11
3. ◎大原関利章: 川崎病血管炎モデルの病理学的特徴.  川崎病の子供をもつ親の会 千葉県連絡会,  千葉県,  2019/11
4. ◎高橋 啓: 川崎病心血管病変の病理学的特徴.  第60回三重小児循環器談話会,  三重県,  2019/10
5. ◎佐々木彩, 橋本奈々, 原田侑弥, 渡邊恒輔, 髙橋美咲, 新山史朗, 福田英嗣, 大原関利章: 蜂窩織炎との鑑別を要したtattoo granulomaの1例..  第7回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京,  2019/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者