東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(大森)
 Department of Surgical Pathology (Omori)

教授:
  渋谷 和俊
准教授:
  栃木 直文
講師:
  若山 恵
助教:
  密田 亜希
  江嶋 梢
■ 概要
臨床医学としての病理学との立場から、日常の病理診断検体を対象とした人体病理学研究、臨床各科と共同の臨床病理学研究、これらを補完する疾患モデル動物研究を3つの柱として研究を行っている。医療の現場から新たな研究が生まれ、その成果が医療に還元されることが理想と考える。
1.深在性真菌症に関する病理学的研究:
臓器移植における免疫抑制や HIV 感染等,感染防御能の撹乱状態の中で,致死的な感染症として発症する深在性真菌症に関する病態解析や形態・分子生物学的診断法についての研究を行っている。また、いまだ不明な点の多い真菌に由来する生物活性物質の構造と生体活性について、難治性疾患との関連を中心として研究を行っている。
2.腫瘍病理学に関する研究:
消化管癌を中心とした腫瘍病理学研究を今後推進する計画である。1)早期食道癌における血管形態解析、2)食道癌発生に関与するエピジェネティック変化の解析、3)胃癌におけるHER2関連分子発現解析が進行中である。
3.稀少人体例に関する病理学的解析
■ Keywords
深在性真菌症, 肺高血圧症, 消化器癌, 外科病理, 侵襲性糸状菌症, In Situ Hybridazation, マイコトキシン
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業  (研究課題番号:19fk0108045h0303)
 研究課題:侵襲性酵母感染症病原性解明と疫学・診断法・制御法の研究  (研究分担者:澁谷和俊)
 研究補助金:1800000円  (分担)
2.  日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業  (研究課題番号:19fk0108094h0001)
 研究課題:薬剤耐性真菌対策を含めた侵襲性真菌症の革新的検査と治療法に関する研究開発  (研究分担者:澁谷和俊)
 研究補助金:600000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  澁谷和俊 :北京大学第一医院客員教授, 上海中医薬大学客員教授, 国立感染症研究所客員研究員, 千葉大学真菌医学研究センター非常勤講師, 東京医薬専門学校教育課程編成委員
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  関東深在性真菌症研究会  ,経団連会館  2019/11
2.  第5回研究倫理を語る会  ,大大田区産業プラザPio  2020/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  澁谷和俊 :医学系大学倫理委員会連絡会議理事, 研究倫理を語る会世話人, 日本医真菌学会理事長, 日本病理学会評議員・コンサルテーションシステムにおけるコンサルタント・Pathology International 副編集長, 日本感染症学会評議員, 日本環境感染症学会評議員, 日本画像医学会評議員, Medical Mycology editor, 関東医真菌懇話会事務局長, 関東呼吸器真菌症研究会代表世話人, 肺真菌症研究会世話人, 関東深在性真菌症研究会世話人, アスペルギルス研究会世話人, 真菌症フォーラム世話人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渋谷 和俊   教授
  2  3          
 15
(5)
 
 
 3
(3)
 4
(1)
栃木 直文   准教授
 1             
 7
(3)
 
 
 
 3
(1)
大久保 陽一郎   講師
              
 
 
 
 
 
若山 恵   講師
              
 7
(4)
 
 
 
 3
(1)
江嶋 梢   助教
              
 4
(2)
 
 
 
 1
密田 亜希   助教
              
 2
(1)
 
 
 
 1
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 大平真也, 本間尚子, 松浦賢太郎, 松井秀仁, 梶原理子, 古谷花絵, 澁谷和俊, 和田弘太:  神経鞘腫と鑑別を要した耳後部結節性筋膜炎の1例.  耳喉頭頸  91 (7) :600 -604 , 2019
2. Igarashi H, Shigiyama F, Wakui N, Nagai H, Shibuya K, Shiraga N, Hirose T, Kumashiro N:  Whole hepatic lipid volume quantification and color mapping by multi-slice and multi-point magnetic resonance imaging.  Hepatology Research  :doi: 10.1111/hepr.13408 , 2019
総説及び解説
1. 栃木直文,澁谷和俊:  深在性真菌症における病理診断の進歩.  最新医学  74 (5) :110 -114 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎平野幸世、卜部尚久、古河まりえ、黒澤武介、小林 紘、仲村泰彦、三好嗣臣、鈴木亜衣香、一色琢磨、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、定本聡太、若山 恵、二本柳康博、栃木直文、岸 一馬: 診断に苦慮した縦隔・腹腔内リンパ節結核の1例.  第235 回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2019/07
2. ◎尾作忠知, 齊藤芙美, 須磨崎真, 緒方秀昭, 二本柳康博, 渋谷和俊: 当科で経験した温存乳房放射線治療後血管肉腫の2例.  第27回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2019/07
3. ◎肥塚 智、東 陽子、佐野 厚、大塚 創、牧野 崇、坂井 貴志、坂本 晋、定本 聡太、若山 恵、岸 一馬、渋谷 和俊、伊豫田 明: 病勢進行を認めるCombined Pulmonary Fibrosis and Emphysema (CPFE)を合併した肺癌の1切除例.  第185回日本肺癌学会 関東支部学術集会,  東京都,  2019/07
4. ◎牛込充則, 船橋公彦, 山川輝記, 吉田公彦, 三浦康之, 鏡 哲, 金子奉暁, 栃木直文, 甲田貴丸, 栗原聰元: 術後早期の肝転移に対して病勢コントロールにRFAを施行して肝切除を行った2例.  第91回大腸癌研究会,  東京都,  2019/07
5. ◎伊藤 貢世、東 陽子、佐野 厚、大塚 創、牧野 崇、定本 聡太、若山 恵、澁谷 和俊、伊豫田 明: 下葉を温存し得た右肺中葉カルチノイドの1 切除例.  第180回日本胸部外科学会 関東甲信越地方会,  東京都,  2019/06
6. ◎三宅洋子, 栃木直文, 篠崎稔, 馬渕弘子, 野村恵利, 二本柳康博, 江嶋梢, 若山恵, 齋藤芙美, 澁谷和俊.: 甲状腺硝子化索上腫瘍の一例.  第60回日本臨床細胞学会総会,  東京,  2019/06
7. ◎根本哲生, 渕之上和弘, 島田英昭, 立石陽子, 門馬久美子: “Seed and Soil” セッション4「臨床医と病理医の接点 ~臨床医に伝えたい食道の病理~」食道ESD 検体の病理組織学的評価の問題点.  第73回日本食道学会学術集会,  福岡市,  2019/06
8. 古谷花絵, 梶原理子, 細野祥子, 井上彰子, 松浦賢太郎, 松島康二, 密田亜希, 栃木直文, 渋谷和俊, 和田弘太: 異所性脳組織と診断された右鼻腔腫瘍の1症例.  第14回日本小児耳鼻咽喉科学会・学術講演会,  福岡,  2019/05
9. ◎肥塚 智、佐野 厚、大塚 創、牧野 崇、東 陽子、秦 美暢、三上 哲夫、栃木 直文、渋谷 和俊、伊豫田 明: 2cm以下の小型肺腺癌におけるSpread Through Air Spaces (STAS)の意義.  第36回日本呼吸器外科学会学術集会,  大阪市,  2019/05
10. ◎定本聡太,二本柳康博, 江嶋梢, 密田亜希, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊: Pulmonary tumor thrombotic microanglopathy(PTTM)を来した膵尾部を原発とする低分化腺癌の一剖検例.  第108回日本病理学会総会,  東京,  2019/05
11. ◎阿部雅広, 金城雄樹, 上野圭吾, 澁谷和俊, 賀来満夫, 宮﨑義継.: Candida albicans 眼内炎マウスモデルの構築及び同モデルを用いた眼内炎発症機序に関する解析.  第93回日本感染症学会総会・学術講演会.,  名古屋,  2019/04
12. ◎Matsumoto Y, Tsuchiya M, Okada R, Ito Y, Kimura K, Kubota Yoshihisa, Maeda T, Otsuka Y, Ejima K, Shibuya K: Successful outcome of laparoscopic splenectomy in a patient with sclerosing angiomatoid nodular
transformation (SANT).  31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(JSHBPS),  Takamatsu,  2019/06
その他
1. ◎澁谷和俊, 若山恵, 栃木直文, 定本聡太, 篠崎稔, 村山琮明, 小浦伸嗣: 糸状菌の病理組織自動診断システムの開発.  第13回アスペルギルス研究会,  東京,  2019/09
2. ◎澁谷和俊: 真菌症:臨床・研究のあゆみ.  東邦大真菌講演会,  東京,  2019/09
3. ◎澁谷和俊: 真菌症の病理学的俯瞰.  Infection Symposium in 大阪 2019,  大阪,  2019/08
4. ◎長谷川奈海, 島村剛, 澁谷和俊: モルモット爪白癬モデルの作成と病態評価.  第40回関東医真菌懇話会,  東京,  2019/06
5. ◎澁谷和俊: 爪白癬の病理学的側面.  第40回関東医真菌懇話会,  東京,  2019/06
6. ◎篠崎稔、若山恵、栃木直文、定本聡太、二本柳康博、江嶋梢、密田亜希、村山そう明、澁谷和俊: 消化管真菌症に関する病理組織学的および疫学的検討.  真菌症フォーラム2019,  大阪,  2019/05
7. ◎栃木直文,定本聡太,篠崎稔,若山恵,澁谷和俊.: AI技術を用いた病理組織切片上での糸状菌鑑別の試み.  真菌症フォーラム2019,  大阪,  2019/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者