東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(大森)
 Department of Surgical Pathology (Omori)

教授:
  渋谷 和俊
准教授:
  栃木 直文
  根本 哲生
講師:
  若山 恵
助教:
  密田 亜希
  江嶋 梢
■ 概要
臨床医学としての病理学との立場から、日常の病理診断検体を対象とした人体病理学研究、臨床各科と共同の臨床病理学研究、これらを補完する疾患モデル動物研究を3つの柱として研究を行っている。医療の現場から新たな研究が生まれ、その成果が医療に還元されることが理想と考える。
1.深在性真菌症に関する病理学的研究:
臓器移植における免疫抑制や HIV 感染等,感染防御能の撹乱状態の中で,致死的な感染症として発症する深在性真菌症に関する病態解析や形態・分子生物学的診断法についての研究を行っている。また、いまだ不明な点の多い真菌に由来する生物活性物質の構造と生体活性について、難治性疾患との関連を中心として研究を行っている。
2.腫瘍病理学に関する研究:
消化管癌を中心とした腫瘍病理学研究を今後推進する計画である。1)早期食道癌における血管形態解析、2)食道癌発生に関与するエピジェネティック変化の解析、3)胃癌におけるHER2関連分子発現解析が進行中である。
3.稀少人体例に関する病理学的解析
■ Keywords
深在性真菌症, 肺高血圧症, 消化器癌, 外科病理, 侵襲性糸状菌症, In Situ Hybridazation, マイコトキシン
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業  (研究課題番号:16K09939)
 研究課題:難診断深在性真菌症の早期診断法の開発  (研究分担者:渋谷和俊)
 研究補助金:100000円  (分担)
2.  日本医療研究開発機構  (研究課題番号:18fk0108045h0302)
 研究課題:侵襲性酵母感染症の病原性解明と疫学・診断法・制御法の研究  (研究分担者:渋谷和俊)
 研究補助金:1800000円  (分担)
3.  日本医療研究開発機構委託費  (研究課題番号:18fk0108008h0003)
 研究課題:真菌感染症の病態解明及び検査・治療法の確立に関する研究  (研究分担者:渋谷和俊)
 研究補助金:600000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  渋谷和俊 :北京大学第一医院客員教授, 上海中医薬大学客員教授, 国立感染症研究所客員研究員, 千葉大学真菌医学研究センター非常勤講師, 東京医薬専門学校教育課程編成委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  渋谷和俊 :医学系倫理委員会連絡会議理事, 研究倫理を語る会世話人, 日本医真菌学会理事・評議員・学会賞選考委員長, 日本病理学会評議員・コンサルテーションシステムにおけるコンサルタント・Pathology International 副編集長, 日本感染症学会評議員, 日本環境感染症学会評議員, 日本画像医学会評議員, 日本臨床検査自動化学会編集委員会委員, Medical Mycology editor, 関東医真菌懇話会事務局長, 関東呼吸器真菌症研究会代表世話人, 肺真菌症研究会世話人, 関東深在性真菌症研究会世話人, アスペルギルス研究会世話人, 真菌症フォーラム世話人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渋谷 和俊   教授
  1  6          1
(1)
 25
(7)
 
 2
 4
(4)
 4
(2)
栃木 直文   准教授
    2          1
(1)
 18
(6)
 1
 1
 
 2
(1)
根本 哲生   准教授
    4          1
 15
(2)
 
 
 
 2
(1)
大久保 陽一郎   講師
   1 2          
 
 
 
 
 
若山 恵   講師
    1          
 8
 
 1
 
 2
(1)
江嶋 梢   助教
              1
 1
 
 1
 
 
密田 亜希   助教
              
 4
(1)
 
 1
 
 
 0 1  0 0  0  4
(2)
 1
(0)
 4
(4)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ito M, Oshima Y, Yajima S, Suzuki Takashi, Nanami T, Shiratori F, Funahashi K, Nemoto T, Shimada H:  Is high serum programmed death ligand 1 level a risk factor for poor survival in patients with gastric cancer?.  Annals of Gastroenterological Surgery  2 (4) :313 -318 , 2018
2. R.-J. WANG, X.-W. WANG, SHIBUYA K,R.-Y.LI.:  Image Gallery: Cervical lymphadenitis as an unusual presentation of disseminated coccidioidomycosis.  Britishi Journal of Dermatology.  178 (6) :e394 -e394 , 2018
3. Suzuki Takashi, Yajima S, Ishioka N, Nanami T, Oshima Y, Washizawa N, Funahashi K, Otsuka S, Nemoto T, Shimada H:  Prognostic significance of high serum p53 antibody titers in patients with esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  15 (4) :294 -300 , 2018
4. Ikeda-Dantsuji Y, Nakamura S, Ohno H, Inukai T, Nagi M, Ueno K, Umeyama T, Kinjo Y, Yamagoe S, Shibuya K, Miyazaki Y.:  Intraspecies variation in the efficacy of adjunctive recombinant interferon-γ therapy against cryptococcal meningoencephalitis in mice.  Medical Mycology  56 (3) :382 -386 , 2018
5. Hori Y, Shibuya K.:  Role of FKS Gene in the Susceptibility of Pathogenic Fungi to Echinocandins.  Medical Mycology journal  59 (2) :E31 -40 , 2018
6. Suzuki M, Nakatani Y, Ito H, Narimatsu H, Yamada K, Yoshioka E, Washimi K, Okubo Y, Kawachi K, Miyagi Y, Yokose T.:  Pulmonary adenocarcinoma with high-grade fetal adenocarcinoma component has a poor prognosis, comparable to that of micropapillary adenocarcinoma.  Modern Pathology  Epub ahead of print (Epub ahead of print) :Epub ahead of print -Epub ahead of print , 2018
7. Ogata H, Mitsuzuka Y, Honma N, Yoshida M, Sumazaki M, Saito F, Kobayashi M, Shibuya K, Mikami T, Kaneko H:  Sonographic visualization of nipple blood flow can help differentiate Paget disease from benign eczematous nipple lesions.  PLoS One  13 (5) :e0197156 , 2018
総説及び解説
1. Okubo Y, Yoshioka E, Suzuki M, Washimi K, Kawachi K, Kameda Y, Yokose T.:  Diagnosis, Pathological Findings, and Clinical Management of Gangliocytic Paraganglioma: A Systematic Review.  Frontiers in Oncology  8 (291) :1 -8 , 2018
症例報告
1. 山田悠人、木村祐介、渡辺浩二、吉本憲介、渕之上和弘、岩崎 将、岸本有為、伊藤 謙、岡野直樹、五十嵐良典、土屋 勝、金子弘真、渋谷和俊:  IPMNの長期経過観察により診断した膵癌の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  92 (1) :178 -179 , 2018
2. Kochi R, Yajima S, Nanami T, Suzuki Takashi, Oshima Y, Tokura N, Takatsuka J, Funahashi K, Tochigi N, Shimada H:  Five-year postsurgical monitoring of serum p53 antibody for locally advanced esophageal squamous cell carcinoma.  Clinical Journal of Gastroenterology  11 (4) :278 -281 , 2018
3. Noguchi G, Furuya M, Okubo Y, Nagashima Y, Kato I, Matsumoto K, Tanaka R, Hisasue SI, Yao M, Kishida T.:  Hereditary leiomyomatosis and renal cell cancer without cutaneous manifestations in two Japanese siblings.  Internatioal Journal of Urology  Epub ahead of print (Epub ahead of print) :Epub ahead of print -Epub ahead of print , 2018
4. Yoko Azuma、Hajime Otsuka、Takashi Makino、Satoshi Koezuka、Yoichi Anami、Sota Sadamoto、Megumi Wakayama、Naobumi Tochigi、Kazutoshi Shibuya
Akira Iyoda:  Giant thymoma successfully resected via median sternotomy and anterolateral thoracotomy:a case report.  Journal of Cardiothoracic Surgery  doi.org/ (10.1186/) :s13019-018- -0711-z , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎牛込充則, 鏡 哲, 小池淳一, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 金子奉暁, 栗原聰元, 根本哲生, 栃木直文, 密田亜希, 塩川洋之, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦: 大腸ステントの有用性の検討.(ワークショップ).  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
2. ◎長嶋康雄, 小池淳一, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 根本哲生, 島田英昭, 船橋公彦: pSM大腸癌のリンパ節転移についての検討.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
3. ◎尾作忠知, 齊藤芙美, 大久保和範, 緒方秀昭, 根本哲生, 渋谷和俊: 乳房温存術後、放射線照射後8年目に温存乳房皮膚血管肉腫を発症した1例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2018/11
4. ◎小林照明, 緒方英昭, 密田亜希, 雨宮和紀, 髙橋りえ, 稲毛麻弥, 篠崎稔, 江嶋梢, 栃木直文, 若山恵, 根本哲生, 馬越俊輔, 澁谷和俊.: 乳腺に発生した顆粒細胞腫の2例.  第57回日本臨床細胞学会秋期大会,  横浜,  2018/11
5. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉野 優, 酒井隆光, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 栗原聰元, 栃木直文, 深澤由佳, 三上哲夫, 本間尚子, 金田幸枝, 渋谷和俊, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の効果とPET 検査を用いた評価.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京都,  2018/11
6. ◎松野高久, 三上哲夫, 本間尚子, 澁谷和俊, 五十嵐良典: 潰瘍性大腸炎関連腫瘍におけるエストロゲン受容体β発現について.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
7. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 大塚由一郎, 船橋公彦, 根本哲生, 島田 英昭: 胃内分泌細胞性腫瘍切除例の12例の検討.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸市,  2018/11
8. ◎阿部雅広, 金城雄樹, 上野圭吾, 澁谷和俊, 賀来満夫, 宮﨑義継.: Candida albicans眼内炎マウスモデルの構築及び同モデルを用いた眼内炎発症機序に関する解析.  第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会,  東京,  2018/10
9. ◎山崎信人, 須磨崎真, 斎藤芙美, 尾作忠知, 緒方秀昭, 小梛地洋, 渡邊 峻, 酒井正人, 黒岩実, 二本柳康博, 栃木直文, 渋谷和俊: 14歳女児に発生し再発を繰り返した両側乳腺葉状腫瘍の1例.  第53回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2018/10
10. ◎小梛地洋, 長島俊介, 山崎信人, 渡邊峻, 田中章大, 河合玲子, 島田脩平, 密田亜希, 酒井正人, 渋谷和俊, 黒岩実: 出生前診断された後腹膜へ広がるS状結腸間膜リンパ管腫の1例.  第53回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2018/10
11. ◎肥塚智、三上哲夫、栃木直文、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、渋谷和俊、伊豫田明: 2cm 以下の小型肺腺癌のCT 所見・FDG-PET のSUVmax 値とSpread Through Air Spaces(STAS)との相関および治療成績の検討.  第71回日本胸部外科学会定期学術集会,  東京都港区,  2018/10
12. ◎野口宥, 貴島祥, 川添麻衣, 緒方秀昭, 大久保直人, 鹿嶋直康, 竹本育聖, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 宮﨑泰斗, 財裕明, 本田善子, 栃木直文, 島田長人,澁谷和俊, 瓜田純久: 乳癌切除術直後にリウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rtheumatica:PMR)を発症した一例.  第17回日本病院総合診療医学会 学術総会,  岐阜,  2018/09
13. ◎永井洋子, 山辺史人, 佐々木陽典, 石井孝政, 中島耕一, 三上哲夫, 渋谷和俊, 赤坂喜清, 瓜田純久, 山中宣昭.: アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬による腎輸入細動脈の病理形態学的変化の検討.  第41回日本高血圧学会総会,  旭川,  2018/09
14. ◎中山晴雄, 澁谷和俊: Catheter培養のみ酵母様真菌が同定された症例の実際(ポスター).  第62回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2018/09
15. ◎澁谷和俊: 爪白癬の病態:成立機序と拡大様式について.  第62回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2018/09
16. ◎東陽子、佐野厚、大塚創、牧野崇、肥塚智、栃木直文、本間栄、伊豫田明: 肺大細胞神経内分泌癌手術例の臨床的特徴と治療成績.  第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,  京都市左京区,  2018/09
17. ◎長嶋康雄, 小池淳一, 酒井隆光, 吉野 優, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 根本哲生, 船橋公彦: pSM癌のリンパ節転移についての検討.  第89回大腸癌研究会,  新潟市,  2018/07
18. ◎齊藤芙美, 久保田伊哉, 尾作忠知, 伊藤俊秀, 五十嵐弘之, 永嶌智子, 池原佳世子, 坪井久美子, 栃木直文, 渋谷和俊, 緒方秀昭: 多発性内分泌腫瘍症(MEN)2B型の手術経験.  第30回日本内分泌外科学会総会,  札幌市,  2018/06
19. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 大熊新之助, 藤井毅郎, 名波竜規, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 縦隔鏡・左開胸アプローチで大動脈合併切除を施行した進行バレット食道癌の一例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
20. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大熊新之介, 藤井毅郎, 根本哲生, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後(T1aN0M0),#112Ao リンパ節再発に対する下行大動脈置換を施行した1例.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
21. ◎渕之上和弘, 根本哲生, 若山 恵, 栃木直文, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭, 五十嵐良典, 澁谷和俊: 食道表在癌におけるリンパ節転移の予測因子の臨床病理学的検討.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮市,  2018/06
22. ◎新原純子, 根本哲生, 渕之上和弘, 若山恵, 栃木直文, 渋谷和俊.: 食道カンジダ症の臨床病理学的検討.  第72回日本食道学会学術集会,  宇都宮,  2018/06
23. ◎上野圭吾, 浦井誠, 定本聡太, 篠崎稔, 大谷淑子, 柳原尚, 髙塚翔吾, 阿部雅広, 林崎浩史, 清水公徳, 澁谷和俊, 宮﨑義継, 金城雄樹.: 高病原性クリプトコックス症に対する樹状細胞ワクチン(肺常在性記憶型Th17細胞による感染制御機構について).  第29回日本生体防御学会総会,  京都,  2018/06
24. ◎肥塚智、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、卜部尚久、栃木直文、本間栄、渋谷和俊、伊豫田明: 胸骨正中切開+前側方開胸下に切除した原発不明縦隔リンパ節転移腺癌の1例.  第177回日本胸部外科学会,  東京都大田区,  2018/06
25. ◎江嶋 梢、藤野 春香、定本 聡太、二本柳 康博、密田 亜希、若山 恵、栃木 直文、
根本 哲生、名取 一彦、澁谷 和俊: Hodgkinリンパ腫におけるDNMT1, 3A, 3Bの免疫組織学的発現についての検討.  第107回日本病理学会総会,  ロイトン札幌,北海道, 日本,  2018/06
26. ◎渕之上和弘, 根本哲生, 若山 恵, 栃木直文, 島田英昭, 五十嵐良典, 澁谷和俊: 表在型食道癌におけるリンパ節転移の予測因子の臨床病理学的検討.  第107回日本病理学会総会,  札幌市,  2018/06
27. 島田脩平,長島俊介,小梛地洋,山崎信人1,酒井正人,緒方公平,斉藤敬子,定本聡太,若山 恵,小澤 司,与田仁志,渋谷和俊,黒岩 実: 救命し得なかった極低出生体重児の巨大仙尾部奇形腫の1 例.  第55 回日本小児外科学会学術集会,  新潟市,  2018/06
28. ◎栃木直文.: AFS推進における病理医の役割と課題~診断制度向上のために~.  第92回日本感染症学会学術講演会 第66回日本化学療法学会総会 合同学会 学術講演会,  岡山,  2018/06
29. ◎東陽子、大塚創、肥塚智、牧野崇、秦美暢、栃木直文、澁谷和俊、伊豫田明: 完全鏡視下に切除した両側多発神経線維腫の1 例.  第41 回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京都新宿区,  2018/05
30. ◎牧野崇、大塚創、肥塚智、東陽子、秦美暢、磯部和順、栃木直文、大国生幸、渋谷和俊、本間栄、海老原覚、伊豫田明、: 重症COPD合併肺癌切除例の治療成績.  日本呼吸器外科学会,  千葉県幕張,  2018/05
31. ◎根本哲生, 渕之上和弘, 五十嵐良典.: 食道胃接合部表在癌の病理-食道胃接合部の解剖と病理診断における問題点-.  第95回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2018/05
32. ◎伊藤正朗, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鈴木 隆, 名波竜規, 白鳥史明, 大塚由一郎, 船橋公彦, 根本哲生, 島田英昭: 血清PD-L1 は胃癌予後因子となるか?.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
33. ◎後藤麻佑, 鏡 哲, 栗原聰元, 村山健二, 栗原奈津子, 梶原庸司, 今村茂樹, 木村和孝, 甲田貴丸, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 定本聡太, 若山 恵, 船橋公彦: 内肛門括約筋からの発生が考えられた平滑筋腫の2 例.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京都,  2018/04
国際学会
1. ◎Tochigi N, Sadamoto S, Shibuya K.: Quantitative image analysis of angles produced by fungal hyphae can distinguish between Mucor and Aspergillus: An exploration into basic algorithm supporting future automated histological image analyzing system to isolate Mucor from other filamentous fungi.  The 7th Global Network Forum on Infection and Immunity Medical Mycology,  千葉,  2018/11
2. ◎Sadamoto S, Wakayama M,Shinozaki M, Nihonyanagi Y, Ejima K, Mituda A, Tochigi N, Shibuya K.: Histopathological study molecular epidemiological analysis on autopsy subjects with blood stream yeast infection using peptide nucleic acid (PNA) probe in situ hybridization technique.  The 7th Global Network Forum on Infection and Immunity Medical Mycology 2018.,  千葉,  2018/11
その他
1. ◎澁谷和俊.: 病理から見た侵襲性糸状菌症について.  第23回南東北化学療法シンポジウム,  仙台,  2018/09
2. ◎阿部雅広, 金城雄樹, 上野圭吾, 高塚翔吾, 定本聡太, 篠崎稔, 澁谷和俊, 賀来満夫, 宮﨑義継: マウスモデルを用いたCandida眼内炎における菌種毎の発症頻度の差異に関する解析.  第39回関東医真菌懇話会,  東京,  2018/06
3. ◎新原純子, 根本哲生, 渕之上和弘, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊.: 食道カンジダ症の臨床病理学的検討.  第39回関東医真菌懇話会,  東京,  2018/06
4. ◎澁谷和俊.: 侵襲性ムーコル症と糸状菌症.  第6回富山深在性真菌症研究会,  富山,  2018/06
5. ◎澁谷和俊.: 侵襲性ムーコル症と糸状菌症.  Kyoto Infection & Hematology Meeting,  京都,  2018/05
6. ◎新原純子, 根本哲生, 渕之上和弘, 定本聡太, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊.: 食道カンジダ症の臨床病理学的検討.  真菌症フォーラム第24回学術集会,  東京,  2018/05
7. ◎森田薫, 木村俊一, 齋藤桐子, 早川仁, 赤星佑, 亀田和明, 山本千裕, 藤原慎一郎, 越智真一, 鈴木貫之, 山田茂樹, 田中亨, 大城久, 宮﨑義継, 澁谷和俊, 神田善伸.: 急性白血病に対する同種造血幹細胞移植前後に肺ムーコル症を合併した4症例.  真菌症フォーラム第24回学術集会.,  東京,  2018/05
8. ◎澁谷和俊.: 真菌症の病理と病態.  第19回埼玉難治性皮膚疾患臨床研究会.,  埼玉,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者