東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 リハビリテーション医学研究室(大森)
 Department of Physical Medicine and Rehabilitation (Omori)

教授:
  海老原 覚
講師:
  大国 生幸
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















海老原 覚   教授
 11 9  5  1 4       14
(14)
 12
(11)
 
 
 11
(10)
 4
(4)
伊豆蔵 英明   助教
  1 1           1
(1)
 3
(3)
 
 
 
 
 11 1  1 0  0  15
(15)
 0
(0)
 11
(10)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kenji Toyoshima, Atsushi Araki, Yoshiaki Tamura, Osamu Iritani, Sumito Ogawa, Koichi Kozaki, Satoru Ebihara, Haruo Hanyu, HIroyuki Arai, Masafumi Kuzuya, Katsuya Iijima, Takashi Sakurai, Takao Suzuki, Kenji Toba, Hidenori Arai, Masahiro Akishita, Hiromi Rakugi, Koutaro Yokote, Hideki Ito, Shuichi Awata:  Development of the Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 8-items,a short version of the Dementia Assessment Sheet for Community -based Integrated Care System 21-items,for the assessment of congnitive and daily functions.  Geriatrics Society  :1458 -1462 , 2018
2. Riyo Komatsu, Tatsuma Okazaki, Satoru Ebihara, Makoto Kobayashi, Yoko Tsukita, Mayumi Nihei, HIsatoshi Sugiura, Kaijun Niu, Takae Ebihara, Masakazu Ichinose:  Aspiration pneumonia induces muscle atrophy in the respiratory, skeletal,and swallowing systems.  Journal of Cachexia,Sarcopenia and Muscle  2018 (9) :643 -653 , 2018
3. Takashi Makino, Hajime Otsuka, Yoshinobu Hata, Satoshi Koezuka, Yoko Azuma, Kazutoshi Isobe, Keishi Sugino, Satoru Ebihara, Sakae Honma, Akira Iyoda:  Long-acting muscarinic antagonist and long-acting β2-agonist therapy to optimaize chronic obstructive pulmonary disease prior to lung cancer surgery.  MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY  8 :647 -652 , 2018
総説及び解説
1. 海老原 覚:  高齢者の自立神経障害.  Jounal of CLINICAL REHABILITATION  27 (12) :1186 -1191 , 2018
2. 海老原 覚, 岡崎 達馬:  誤嚥性肺炎の基礎研究.  Jounal of CLINICAL REHABILITATION  27 (9) :892 -896 , 2018
3. 海老原 覚:  呼吸リハビリテーションの最前線―新評価からのアプローチ―.  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  55 (6) :502 -506 , 2018
4. 海老原 覚:  誤嚥性肺炎.  ことぶき  38 (8) :54 -59 , 2018
5. 海老原 覚:  COPD患者が在宅で行う酸素療法ってどんなもの?.  ニュートリションケア  11 (12) :24 -25 , 2018
6. 海老原 覚:  COPD患者はなぜ痩せるの?太る場合もあるの?.  ニュートリションケア  11 (12) :26 -27 , 2018
7. 海老原 覚:  呼吸リハビリテーションって何?管理栄養士は何ができるの?.  ニュートリションケア  11 (12) :28 -29 , 2018
8. 海老原 覚:  高齢喘息患者に誤嚥の存在が疑われるときの私の処方.  モダンフィジシャン  38 (7) :786 -786 , 2018
9. 海老原 賢人, 海老原 覚:  リハビリテーション.  呼吸器ジャーナル  66 (2) :254 -259 , 2018
10. 海老原 覚, 佐々木 まどか, 大和 佐友里, 関谷 秀樹:  認知症の摂食嚥下機能評価.  摂食嚥下リハビリテーションにおける機能評価  27 (7) :695 -700 , 2018
11. 海老原 覚:  嚥下生涯と誤嚥性肺炎の病態と治療最前線.  藤沢市医師会報  (515) :4 , 2018
12. 海老原 覚:  誤嚥.  内科  121 (4) :634 -638 , 2018
13. 海老原 覚, 伊豆蔵 英明:  高齢者の誤嚥と咳嗽.  内科  121 (5) :1195 -1199 , 2018
14. 海老原 覚:  循環器・呼吸器疾患のリハビリテーション医療.  日本医師会雑誌  147 (9) :1793 -1796 , 2018
15. 海老原 覚, 岡崎 達馬:  サルコペニアの科学と臨床
3)呼吸器疾患とサルコペニア・フレイル.  日本内科学会雑誌  107 (9) :1708 -1712 , 2018
16. 海老原 覚:  誤嚥性肺炎.  日本臨床 増刊号 老年医学 下  76 (7) :282 -285 , 2018
17. 海老原 覚:  高齢者の呼吸リハビリテーション.  日本老年医学会雑誌  55 (3) :311 -318 , 2018
18. 大国 生幸, 海老原 覚:  高齢者骨折の現状と整形外科的治療の概要.  理学療法  35 (4) :292 -301 , 2018
19. Ai Igarashi, Yuji Iwanami, Keishi Sugino, Kyoko Gocho, Sakae Honma, Satoru Ebihara:  Using 6-Min Walk Distance Expressed as a Percentage of Refrence to Evaluate the Effect of Pulmonary Rehabilitation in Elderly Patients With Interstitial Lung Disease.  Jounal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention  2018 (38) :342 -347 , 2018
20. Midori MIyagi, Satoru Ebihara:  Aspiration in the Elderly.  Reflux Aspiration and Lung Disease  2018946542 :261 -265 , 2018
その他
1. 海老原 覚:  第二回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 会長インタビュー 
リハビリテーション医学は
Adding Life to Years and Years to Life.  The Japanese Jounal of Rehabilitation Medicine  55 (7) :529 -532 , 2018
2. 和田 幹生, 前田 圭介, 海老原 覚:  学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
誤嚥性肺炎の予防に”食・動・栄・起・口・機”.  日経メディカルオンライン  :20180705 , 2018
3. Izukura H:  Laser Therapy Awards 2017, messages from the winners, good paper award.  Laser Therapy  27 (1) :9 -9 , 2018
■ 著書
1. 海老原 覚, 海老原 孝枝:  摂食・嚥下など障害がある高齢者で注意すべきポイントは?.  サルコペニア30のポイント  141-145.  フジメディカル出版,  大阪, 2018
2. 三田 乃理子:  処方変更時の他職種との連携 
各論(5)理学療法士(PT)との連携.  老年薬学ハンドブック  85-85.  メディカルレビュー社,  東京, 2018
3. 海老原 覚:  循環器疾患.  リハビリテーション医学・医療コアテキスト  209-218.  医学書院,  日本, 2018
4. 海老原 覚:  呼吸器疾患.  リハビリテーション医学・医療コアテキスト  221-226.  医学書院,  東京, 2018
5. 海老原 覚:  腎疾患.  リハビリテーション医学・医療コアテキスト  228-228.  医学書院,  東京, 2018
6. 海老原 覚:  内分泌代謝性疾患.  リハビリテーション医学・医療コアテキスト  231-234.  医学書院,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 海老原 覚: 急性期病院での包括的呼吸リハビリテーション最前線.  第7回東京呼吸循環腎臓リハビリテーションセミナー,  東京,  2018/12
2. 井田 裕太郎, 大平 真也, 古谷 花絵, 鈴木 孝彦, 海老原 覚, 和田 弘太: 一側性前庭障害患者に対する前庭リハビリテーションの検討.  第77回日本めまい平衡医学会総会,  山口,  2018/11
3. 海老原 覚: 間質性肺炎の概念.  第28回呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉県,  2018/11
4. 岩波 裕治, 海老原  賢人,山口 凌, 山崎 馨子, 仲村 泰彦, 臼井 優介, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 間質性肺炎患者の重症度と身体機能および健康関連QOLの関連性.  第28回呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉県,  2018/11
5. 海老原 覚: 知っておくべき検査と判定法(高齢者総合的機能評価・フレイル).  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台,  2018/11
6. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎のリハビリテーションの機能予後・生命予後.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台,  2018/11
7. ◎下山渉太, 豊田真也, 川原佳祐, 望月雄大, 金子卓男, 武者芳朗, 海老原覚: ACL再建術後の膝筋力とLeg hop testの関係-スポーツ復帰と再断裂からの一考-.  第29回日本臨床スポーツ医学会,  札幌,  2018/11
8. 海老原 覚: 呼吸リハビリテーションの機能予後と生命予後.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台,  2018/11
9. 海老原 覚: 高齢者転倒予防の新機軸.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台,  2018/11
10. 伊豆蔵 英明, 大国 生幸, 宮城 翠, 海老原 覚: 直線偏光近赤外線照射が健常成人の咳反射と咳衝動におよぼす影響.  第20回日本咳嗽学会学術集会,  東京,  2018/10
11. 金崎 雅史, 河本 寛史, 海老原 覚: Handheld fanによる顔面の送風がクエン酸誘発性咳反射閾値および咳衝動に及ぼす影響の検討.  第20回日本咳嗽学会学術集会,  東京,  2018/10
12. 宮城 翠, 大国 生幸, 伊豆蔵 英明, 土谷 一晃, 海老原 覚: 大腿骨骨幹部骨折を繰り返すMcCune-Albright症候群のリハビリテーション経験.  第69回日本リハビリテーション医学会関東地方会学術集会,  東京,  2018/09
13. ◎宮城 翠, 髙橋 寛, 関谷 秀樹, 海老原 覚: Halo-vest装着患者における嚥下障害規定要因の抽出とそれに基づいた嚥下障害ハイリスク群に対する早期嚥下リハ介入の研究.  第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,  仙台,  2018/09
14. 海老原 覚: 高齢者誤嚥性肺炎の治療と予防法.  評価医養成のための摂食嚥下研修会,  東京,  2018/07
15. 海老原 覚: 呼吸器疾患に対するリハビリテーション.  急性期病棟におけるリハビリテーション医師研修会,  東京,  2018/07
16. 海老原 覚: 呼吸を記載し呼吸を育むリハビリテーション最前線.  第2回日本呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会合同学術大会,  横浜,  2018/07
17. ◎川崎真宏, 小田真美子, 伊豆蔵英明, 武者芳朗: 高齢者の肩関節疾患術後のバランス機能変化.  第55会日本リハビリテーション医学会学術集会,  福岡,  2018/07
18. ◎下山渉太, 小田部哲夫, 貫井勇介, 亀谷純, 東大輝, 小野剛, 伊豆蔵英明, 武者芳朗: 高齢心不全患者におけるGNRIを用いた栄養状態の推移と社会的帰結.  第55回日本リハビリテーション医学会学術集会,  福岡,  2018/07
19. ◎川崎真宏, 小田真美子, 伊豆蔵英明, 武者芳朗: 高齢者の肩関節疾患術後のバランス機能の変化.  第55回日本リハビリテーション医学会学術集会,  福岡,  2018/07
20. 鈴木 孝彦: 脊椎多椎間固定術前後におけるCobb角と静的・動的安定性との関連性.  第55回日本リハビリテーション医学会学術集会,  福岡,  2018/07
21. 海老原 覚: 間質性肺炎の呼吸リハビリテーション最前線.  第55回日本リハビリテーション医学会学術集会,  福岡,  2018/06
22. 海老原 覚: 発症機序に基づく誤嚥性肺炎対策及びリハビリテーション医療の最前線.  第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,  三重県,  2018/06
23. 海老原 覚: 高齢者のリハビリテーション.  第60回日本老年医学会学術集会 高齢者医療研修会,  京都,  2018/06
24. 海老原 覚: フレイル高齢者を診る.  第91回日本整形外科学会学術総会,  神戸,  2018/05
25. ◎牧野崇、大塚創、肥塚智、東陽子、秦美暢、磯部和順、栃木直文、大国生幸、渋谷和俊、本間栄、海老原覚、伊豫田明、: 重症COPD合併肺癌切除例の治療成績.  日本呼吸器外科学会,  千葉県幕張,  2018/05
26. 海老原 覚: 薬剤師がおさえておきたい嚥下の知識最前線.  第2回日本老年薬学会学術大会,  東京,  2018/05
27. ◎海老原 賢人, 岩波 裕治, 山口 凌, 山﨑 馨子, 臼井 優介, 仲村 泰彦, 後町 杏子, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 気腫合併型肺腺維症患者に対する外来呼吸リハビリテーションの効果.  第5回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東支部学術集会,  千葉県,  2018/05
28. 海老原 覚: 呼吸器疾患とサルコペニア・フレイル.  第115回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2018/04
その他
1. 海老原 覚: チームで行うCOPD及び間質性肺炎呼吸器リハビリテーションの最前線.  第12回日光呼吸器病診連携の会,  日光,  2018/12
2. 海老原 覚: 誤嚥性肺炎の呼吸ケア最前線.  北陸呼吸ケア研究会第27回石川会,  石川県,  2018/11
3. 海老原 覚: 摂食嚥下リハビリテーションでの嚥下調整食新評価危機の開発.  第72回東邦医学会総会,  東京,  2018/11
4. 海老原 覚: 高齢者嚥下障害の機序と治療戦略.  第72回東邦医学会総会,  東京,  2018/11
5. 海老原 覚: フレイル高齢者を診る~転倒・骨折予防の新戦略を含めて~.  第2回整形外科懇話会in大和郡山,  奈良県,  2018/11
6. 海老原 覚: フレイル高齢者の誤嚥性肺炎と嚥下障害の最前線.  高津区三師会合同地域医療講演会,  川崎市,  2018/11
7. 海老原 覚: 高齢者嚥下障害と誤嚥性肺炎の病態と治療最前線.  第15回名古屋長寿医療談話会,  名古屋,  2018/10
8. 海老原 覚: 認知症患者の方に起こりやすい転倒、誤嚥、リハに対するアロマセラピー.  平成30年度地域医療連携推進研究~さらなる知識・技能・態度のスキルアップを目指したい方に~,  千葉県,  2018/10
9. 岩波 裕治, 海老原 覚: 間質性肺炎・肺線維症のリハビリテーション.  第2回間質性肺炎・肺線維症勉強会,  東京,  2018/09
10. 山口 凌: がんリハビリテーション~がん患者の希望を支えるリハビリ~.  平成30年度第3回東邦大学医療センター大森病院緩和ケア公開セミナー,  東京,  2018/09
11. 海老原 覚: 包括的呼吸リハビリテーションの最前線.  20th IREF,  滋賀県,  2018/08
12. 海老原 覚: 慢性呼吸器疾患の呼吸リハビリテーション.  実践リハビリテーション医学研修会,  東京,  2018/08
13. 海老原 覚: 嚥下生涯の知識最前線.  ラジオNIKKEI 薬学の時間,  東京,  2018/07
14. 海老原 覚: 高齢者のフレイルを知ろう!.  平成30年度 上半期 おたっしゃケアチーム研修会,  東京,  2018/07
15. 海老原 覚: 高齢者の呼吸リハビリテーション最前線~ICS/LABAの併用経験を含めて~.  第二回宮城老年医学カンファレンス,  仙台,  2018/06
16. 海老原 覚: 嚥下障害と誤嚥性肺炎の病態と治療最前線.  嚥下と誤嚥性肺炎を考える会,  藤沢,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者