東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(大森)
 Department of Anesthesiology (Omori)

教授:
  落合 亮一
准教授:
  佐藤 暢一
講師:
  寺田 享志
  里元 麻衣子
助教:
  武藤 理香
  大岩 彩乃
  出光 亘
  黒澤 暁子
  勝井 真咲アン
  サムナ ロバート
藤原 秀憲
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K10928)
 研究課題:敗血症関連脳症の病態機序の解明および治療薬の検討  (研究代表者:里元麻衣子)
 研究補助金:4810000円  (代表)
2.  文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K1014)
 研究課題:検証された評価基準を用いた口腔トリアージ法による手術周術期口腔管理の肺炎予防効果  (研究分担者:落合亮一, 寺田享志)
 研究補助金:1560000円  (分担)
3.  文部科学省科学研究費助成事業 若手研究  (研究課題番号:19K18308)
 研究課題:術後せん妄予測ツールの開発  (研究代表者:里元麻衣子)
 研究補助金:2730000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















落合 亮一   教授
              2
(2)
 6
(1)
 
 1
 6
(1)
 
佐藤 暢一   准教授
 1     2        1
(1)
 3
(1)
 
 
 
 
里元 麻衣子   講師
    1          1
 
 1
 1
 
 
寺田 享志   講師
              3
(2)
 11
(1)
 
 
 
 
出光 亘   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
大岩 彩乃   助教
              4
(2)
 1
(1)
 
 
 
 1
(1)
 1 0  2 0  0  11
(7)
 1
(0)
 6
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sun Z, Satomoto M, Adachi YU, Makita K.:  Blood-brain barrier disruption caused by neonatal sevoflurane-induced depends on exposure time and is reversible in mice.  Korean J Anesthesiol.  72 (4) :389 -391 , 2019
総説及び解説
1. 佐藤暢一:  基本的換気モード.  ICUとCCU  43 (6) :301 -307 , 2019
■ 著書
1. 佐藤暢一:  プロポフォールは環境に優しいか?.  一歩進んだ麻酔管理  115-116.  克誠堂出版,  東京, 2019
2. 佐藤暢一:  アセトアミノフェンやNSAIDs.  一歩進んだ麻酔管理  218-221.  克誠堂出版,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 大岩彩乃: 慢性痛の治療と研究、その先へ.  第39回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム,  東京,  2019/08
2. 落合亮一: APRVを再考する.  第41回日本呼吸療法医学会学術集会,  大阪,日本,  2019/08
3. ◎一林亮,鈴木銀河,渡辺雅之,川下正幸,森田典子,寺田享志,古澤圭壱,降旗理恵,古橋龍彦,渡邊正志,本多満: 当院での中心静脈穿刺合併症に 対する医療安全管理部の取り組み.  日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会,  甲府,  2019/07
4. 寺田享志 出光亘 佐藤暢一 落合亮一: esCCO および FloTrac™ により測定される心拍出量  -末梢血管抵抗の影響-.  日本集中治療学会3回関東甲信越支部学術集会,  甲府,  2019/07
5. 大岩彩乃: チーム医療が術後遷延痛に対してできること 〜神経障害性疼痛のメカニズムから遷延痛を考える〜.  日本ペインクリニック学会第53回大会,  熊本,  2019/07
6. 大岩彩乃: 神経障害性痛の第一選択薬は α2δリガンドを選択する.  日本ペインクリニック学会第53回大会,  熊本,  2019/07
7. ◎落合亮一: 周術期管理を担う医療従事者を如何に集めるか?.  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,日本,  2019/06
8. ◎落合亮一: 次の一手を考える―私たちの次の世代も健やかに老いるために―.  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,日本,  2019/05
9. 佐藤暢一: 大災害時の手術室機器管理 災害発生早期の手術室内での対応(担当麻酔科医の立場から).  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,  2019/05
10. 落合亮一: 周術期管理チーム委員会:周術期管理チームと特定行為研修.  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,日本,  2019/05
11. ◎寺田享志: esCCO および FloTracTMにより測定される心拍出量とその追従性の校正方法による比較.  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,日本,  2019/05
12. 落合亮一: 総務委員会:平成 32 年度診療報酬改定について考える.  日本麻酔科学会第66回学術集会,  神戸,日本,  2019/05
13. 大岩彩乃、坂本典明、佐藤暢一、落合亮一: 幻肢痛に対して脊髄神経刺激療法が有効であった一症例.  第33回日本ニューロモデュレーション学会,  東京,  2019/05
14. 大岩彩乃 古賀祐揮 鈴木陽 坂本典昭 佐藤暢一 落合亮一: パンコースト症候群に対して腕神経叢のパルス高周波療法が有効であった一症例.  日本区域麻酔学会第6回学術集会,  高知,  2019/04
15. ◎里元麻衣子、越膳真弓、足立裕史、宮島美穂、松島英介、落合亮一: 術後せん妄診断患者の夜間HRV(Heart Rate Variability)の検討.  第30回日本臨床モニター学会総会,  木更津、日本,  2019/04
国際学会
1. ◎Maiko Satomoto, Mayumi Echizen, Miho Miyajima, Yushi Adachi, Eisuke Matsushima, Ryoichi Ochiai.: Characteristics of Postoperative Delirium in Intensive Care Unit using Heart Rate Variability (HRV) in Night Time Recording.  2019 Euroanesthesia,  Vienna, Austria,  2019/06
2. Adachi YU, Katogi Y, Kuroiwa K, Satomoto m, Tamura T, Sato Boku A.: Dopaminergic Pathway Modifies Anaesthetic Properties of Propofol: in vivo Animal Experiments.  Euroanesthesia 2019,  Vienna, Australia,  2019/06
その他
1. 大岩彩乃: 「痛み」を診る.  東邦大学オープンキャンパス,  大森,  2019/08
2. ◎落合亮一: 次の一手を考える ー私たちの次の世代も健やかに老いるためにー.  東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座 出張講演会,  東京,日本,  2019/07
3. ◎落合亮一: 麻酔看護の基礎と予定手術・緊急手術を学ぶ!.  第26回手術室看護セミナー,  名古屋,日本,  2019/06
4. ◎落合亮一: 麻酔看護の基礎と予定手術・緊急手術を学ぶ!.  第26回手術室看護セミナー,  神戸,日本,  2019/06
5. ◎落合亮一: 麻酔看護の基礎と予定手術・緊急手術を学ぶ!.  第26回手術室看護セミナー,  福岡,日本,  2019/05
6. ◎落合亮一: 「急性期医療の次の一手」〜私たちが安心して老いるために そしてそれが多くの人々のためになるように〜.  富士宮市医師会第484回学術講演会,  富士宮市,日本,  2019/05
7. ◎落合亮一: 麻酔看護の基礎と予定手術・緊急手術を学ぶ!.  第26回手術室看護セミナー,  東京,日本,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者