<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 耳鼻咽喉科学講座(大森)
 Department of Otorhinolaryngology (Omori)

■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  (研究課題番号:19K23871)
 研究課題:シェーグレン症候群関連疾患発症機構の解明  (研究代表者:井上彰子)
 研究補助金:1430000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業基金 若手研究  (研究課題番号:20K18296)
 研究課題:病原性T細胞に着目したシェーグレン症候群病態形成機序の解析  (研究代表者:井上彰子)
 研究補助金:1560000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















和田 弘太   教授
    1          
 1
 
 
 
 
松島 康二   准教授
              
 1
 
 
 
 
細野 祥子   助教
    1          
 1
 
 
 
 
井上 彰子   助教
    1          
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yoshiyuki Watanabe , Seto Yukiko, Ritsuko Oikawa, Takara Nakazawa, Hanae Furuya, Hidehito Matsui, Sachiko Hosono, Mika Noike, Akiko Inoue, Hiroyuki Yamamoto, Fumio Itoh, Kota Wada:  Mouthwash-Based Highly Sensitive Pyro-Genotyping for Nine Sexually Transmitted Human Papilloma Virus Genotypes.  International Journal of Molecular Sciences  21 (10) :- , 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎綱由香里, 井上彰子, 細野祥子, 松島康二, 和田弘太: 左声帯麻痺に経鼻胃管症候群を併発した一症例.  第32回日本喉頭科学会総会・学術講演会,  仙台,  2020/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者