東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大森)
 Department of Ophthalmology (Omori)

教授:
  堀 裕一
講師:
  柴 友明
  松本 直
助教:
  岡島行伸
  岡部智子
  鈴木佑佳
  片山雄治
  有村 哲
シニアレジデント:
  熊代 俊
  長村洋徳
レジデント:
  柏木るり子
  土橋七絵
  曽根崎雅也
  一之瀬ルル
  小松哲也
  渡邊 綾
  森山沙帆
大学院生
  岩下紘子
  小林達彦
  糸川貴之
専攻生:
  柴 智恵子
■ 概要
新生児における眼底血流の研究
新生児用レーザースペックルを用いて、新生児の眼血流の研究を行う。さらに未熟児網膜症の病態や発症メカニズムについての研究を行う
眼循環と全身疾患との関連についての研究
眼循環、特に網膜および視神経の血流と全身疾患(循環器疾患、呼吸器疾患、腎疾患)との関連についてレーザースペックルフローグラフィを用いての臨床研究を行う
新しい角膜移植術の開発および臨床研究
各種角膜移植術(全層移植、表層移植、深層移植、内皮移植、培養上皮移植)における新しい術式およびその手術器具の開発を行い、臨床研究を行う
コンタクトレンズ装用が角膜に与える影響についての研究
コンタクトレンズ装用が角膜および眼表面に与える影響について、生物学的および光学的に検討を行う。またコンタクトレンズ装用による近視促進抑制効果について検討を行う
眼感染症における重症化メカニズムの遺伝子解析
角膜および眼感染症において、原因微生物の遺伝子解析を行い、重症化メカニズムについて検討を行う
眼球および付属器における血流動態についての研究
眼球および付属器(網膜、脈絡膜、結膜、眼瞼)における血流動態を検討し、各種疾患の病態解明について基礎研究および臨床研究を行う
眼表面ムチンの発現および機能に関する研究
涙液層および眼表面上皮に発現するムチンを研究し、眼表面の水濡れ性およびバリア機能について解明する。ドライアイおよび各種オキュラーサーフェス疾患の病態解明を行う
増殖糖尿病網膜症に関連した研究
糖尿病網膜症の重症化および他の全身疾患との検討、血中および硝子体中の様々な因子との関連を検討する
流涙症を来す疾患の病態および原因についての研究
各種流涙を来す疾患(涙道閉塞、角結膜炎など)についての病態および原因についての研究を行う。特に涙道閉塞については、新しい涙道内視鏡および涙管チューブの開発研究を行う
正常人における眼血流の日本人データベースの構築
人間ドックや健康診断において眼血流(網膜血流)を測定し、全身状態と眼血流の関係を検討し、日本人の眼血流データベースを構築する。
■ Keywords
角膜移植、黄斑疾患、網膜硝子体手術、未熟児網膜症、緑内障、眼瞼および涙道疾患
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)  (研究課題番号:15K10882)
 研究課題:眼表面ムチンとオキュラーサーフェス疾患に関する分析研究  (研究代表者:堀 裕一)
 研究補助金:1200000円  (代表)
2.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)  (研究課題番号:16K11275)
 研究課題:眼底循環検査を用いた動脈硬化の把握  (研究代表者:柴 友明)
 研究補助金:1300000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  堀 裕一 :日本角膜学会評議員, 日本眼感染症学会評議員, 日本涙道涙液学会理事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















堀 裕一   教授
 3 4  7  5 5       3
(3)
 21
(1)
 4
(2)
 12
 1
 2
柴 友明   准教授
  1 5 2          1
 8
(1)
 
 8
 
 
柴 友明   講師
  1 5 2          1
 8
(1)
 
 8
 
 
松本 直   講師
 1 2 1 6   1       4
(1)
 5
(1)
 3
 1
 
 
松本 直   講師
 1 2 1 6   1       4
(1)
 5
(1)
 3
 1
 
 
有村 哲   助教
    1          
 2
 
 1
 
 1
岡島 行伸   助教
      1        1
 7
 1
 1
 
 1
岡部 智子   助教
              
 
 
 
 
 1
片山 雄治   助教
    1          
 4
 
 
 
 
権田 恭広   助教
 1 1            
 4
(1)
 
 
 
 
鈴木 佑佳   助教
  1            3
 3
 
 
 
 
丸山 貴大   助教
 1             
 
 
 
 
 
 7 12  6 0  0  17
(5)
 11
(2)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. ◎松本 直,岡島行伸,堀 裕一:  東邦大学医療センター大森病院における平日救急輪番制導入後の眼科救急受け入れ状況.  東邦医学会誌  63 (4) :284 -291 , 2016
2. 丸山貴大, 権田恭広, 山口由佳, 堀裕一:  新しいインジェクターを用いたワンピースハイブリッドアクリル眼内レンズ挿入の検討.  日本白内障屈折矯正手術学会雑誌  30 (4) :548 -551 , 2016
3. 権田恭広, 松本直, 柴友明, 堀裕一:  全身浮腫による体重増減と並行した漿液性網膜剥離を繰り返したネフローゼ症候群の1例.  臨床眼科  70 (7) :1129 -1134 , 2016
4. Tou N, Nejima R, Ikeda Y, Hori Y, Araki-Sasaki K, Miyata K, Inoue Y, Tawara A:  Clinical utility of antimicrobial susceptibility measurement plate covering formulated concentrations of various ophthalmic antimicrobial drugs.  Clinical Ophthalmology  10 :2251 -2257 , 2016
5. Shiba T, Takahashi M, Matsumoto T, Hori Y:  Arterial stiffness shown by the cardio-ankle vascular index is an important contributor to optic nerve head microcirculation.  Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  255 (1) :99 -105 , 2017
6. Shiba T, Sugiyama T, Hori Y, Matsumoto T, Maeno T, Takahashi M:  Relationship between plasma levels of vasoactive mediators and optic nerve head circulation shown by laser speckle flowgraphy.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  254 (6) :1033 -1039 , 2016
7. Shiba T, Takahashi M, Hashimoto R, Matsumoto T, Hori Y.:  Pulse waveform analysis in the optic nerve head circulation reflects systemic vascular resistance obtained via a Swan-Ganz catheter.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  254 (6) :1195 -1200 , 2016
8. Shiba C, Shiba T, Takahashi M, Mastumoto T, Hori Y:  Relationship between glycosylated hemoglobin A1c and ocular circulation by laser speckle flowgraphy in patients with/without diabetes mellitus.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  254 (9) :1801 -1809 , 2016
9. Matsumoto T, Itokawa T, Shiba T, Katayama Y, Arimura T, Hine K, Mizukaki N, Yoda H, Hori Y:  Ocular blood flow values measured by laser speckle flowgraphy correlate with the postmenstrual age of normal neonates.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  254 (8) :1631 -1636 , 2016
10. Osamura H, Shiba T, Itokawa T, Matsumoto T, Hori Y:  Relationships among Ocular Blood Flow Shown by Laser Speckle Flowgraphy, Retinal Arteriosclerotic Change, and Chorioretinal Circulation Time Obtained by Fluorescein Angiography.  Journal of Ophthalmology  Article ID 2969064, 7 pages :ePub -ePub , 2017
11. Shiba T, Takahashi M, Yoshida I, Taniguchi H, Matsumoto T, Hori Y.:  Arteriosclerotic Changes after Intravitreal Injections of Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Drugs in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration.  Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift für Augenheilkunde  235 (4) :225 -232 , 2016
総説及び解説
1. 堀 裕一:  ドライアイでの結膜変化.  あたらしい眼科  33 (7) :1013 -1014 , 2016
2. 堀 裕一:  涙液分泌を介するドライアイ治療薬の適応と治療戦略.  眼薬理  30 (1) :66 -68 , 2016
3. ◎松本 直:  Laser Speckle Flowgraphyを用いた新生児眼循環測定の再現性.  東邦医学会誌  64 (1) :48 -51 , 2017
4. 堀 裕一:  オキュラーサーフェス疾患と薬物治療について ~ドライアイと薬剤毒性角膜症~.  日本の眼科  87 (9) :1215 -1220 , 2016
5. 松本 直, 堀 裕一:  見逃してはいけないステロイドの副作用 9白内障・緑内障.  薬事  58 (10) :103 (2327) -108 (2332) , 2016
6. Mao Takahashi1, Kazuhiro Shimizu, Takuo Iizuka1, Shyuuji Satou, Mahito Noro, Tomoaki Shiba and Kohji Shirai:  Diagnosis and treatment of macrovascular complications in diabetes mellitus using arterial stiffness measured by cardio-ankle vascular index.  Journal of Aging Science.  5 (1) :167 -167 , 2017
症例報告
1. 一ノ瀬ルル, 鈴木佑佳, 松本 直, 和田弘太, 堀 裕一:  先天性涙嚢ヘルニアに対し23G注射針つき注射筒を用いた1例.  臨床眼科  70 (10) :1659 -1663 , 2016
2. Matsumoto T, Itokawa T, Shiba T, Hine K, Hori Y:  A Change in Ocular Circulation after Photocoagulation for Retinopathy of Prematurity in a Neonate.  Case Reports in Ophthalmology  8 (1) :91 -98 , 2017
3. Sasaki Y, Rikitake T, Shindo E, Okano T, Matsumoto T, Fujio N, Muraoka S, Kawai S, Urita Y:  scleritis associated
with microscopic polyarteritis: Red eye as a Clue to diagnose systemic diseases.  Journal of General and Family Medicine  17 (4) :323 -327 , 2016
■ 著書
1. 松本 直:    第110回医師国家試験試験問題解説  1-433.  MEDIC MEDIA,  東京, 2016
2. ○松本 直,堀 裕一 編集 川合眞一:  白内障・緑内障.  月刊薬事 ステロイド療法のエッセンス  103-108.  じほう,  東京, 2016
3. 編集:飯田 知弘, 中澤 徹, 堀 裕一:  診察と検査.  眼科診療マイスターI 診察と検査  1-324.  メジカルビュー,  東京都新宿区, 2016
4. 編集:飯田 知弘, 中澤 徹, 堀 裕一:  診断と治療.  眼科診療マイスターII診断と治療  1-320.  メジカルビュー,  東京都新宿区, 2017
5. 堀 裕一:  帯状角膜変性、角膜脂肪変性.  一目でわかる眼疾患の見分け方(上)角結膜疾患 緑内障  21-24.  メジカルビュー社,  東京都新宿区, 2016
6. 柴友明:  硝子体手術における広角観察システム.  眼科マイスターⅢ
処置と手術手技  168-169.  メジカルレビュー社,  東京, 2017
7. 柿栖康二, 堀 裕一:  涙液検査・角膜知覚.  眼科臨床エキスパート 角結膜疾患の治療戦略  43-49.  医学書院,  東京都文京区, 2016
8. 堀 裕一:  角膜知覚検査、結膜スメア、Impression cytology、微生物学検査.  今日の眼疾患治療指針  60-64.  医学書院,  東京都文京区, 2016
9. 岡島行伸, 堀 裕一:  強角膜・結膜の救急疾患.  オクリスタ44 眼科医のための救急マニュアル  1-8.  全日本病院出版会,  東京都文京区, 2016
10. 編集:堀 裕一:    オクリスタ3月増大号「眼科における薬物療法パーフェクトガイド」  1-140.  全日本病院出版会,  東京都文京区, 2017
11. 堀 裕一:  スリットランプを用いた前眼部の観察.  オクリスタ46見えるわかる細隙灯顕微鏡検査  1-6.  全日本病院出版会,  文京区本郷, 2017
12. 柴友明:  網膜疾患
網膜静脈閉塞症.  OCULISTA  107-113.  全日本病院出版会,  東京, 2017
13. 堀 裕一:  角膜前涙液層.  眼科臨床クオリファイ30「眼の発生と解剖・機能」  92-97.  中山書店,  東京都文京区, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岩下紘子, 堀 裕一, 酒井利奈, 氏平政伸, 馬渕清資: コンタクトレンズの潤滑に及ぼす点眼液の効果.  第37回バイオトライボロジシンポジウム,  首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス、東京都千代田区,  2017/03
2. ◎堀 裕一: シンポジウム25「羊膜および羊膜細胞の再生医療材料としての有用性」眼科領域における羊膜を使った手術について.  第16回日本再生医療学会総会,  仙台国際センター、宮城県仙台市,  2017/03
3. ◎鈴木佑佳, 山内悠也, 後藤聡, 堀裕一: ドライアイ患者に合併した涙嚢炎の1例.  東京・涙道涙液研究会,  品川、東京,  2017/02
4. ◎岩下紘子, 岡島行伸, 糸川貴之, 大畑絢香, 丑田公規, 堀 裕一: ソフトコンタクトレンズの水濡れ性評価のための新しい接触角測定法の試み.  角膜カンファランス2017,  アクロス福岡、福岡市,  2017/02
5. ◎岡島行伸, 鈴木佑佳, 一ノ瀬ルル, 鈴木 崇, 堀 裕一, 青木弘太郎, 石井良和, 館田一博: 涙小管炎における網羅的メタゲノム解析.  角膜カンファランス2017,  アクロス福岡、福岡市,  2017/02
6. ◎小林達彦, 岡島行伸, 鈴木 崇, 堀 裕一, 青木弘太郎, 石井良和, 館田一博: タクロリムス点眼が著効したタイゲソン点状表層角膜炎の一例.  角膜カンファランス2017,  アクロス福岡、福岡市,  2017/02
7. ◎曽根崎雅也, 岡島行伸, 権田恭広, 堀裕一: 当院におけるCCF(内頸動脈海綿静脈洞瘻)の5症例.  第149回東邦医学会,  東京,  2017/02
8. ◎鄭有人、片山雄治: 網膜色素変性が疑われて、PDE阻害薬で症状増悪した症例.  第149回東邦医学会,  東京,  2017/02
9. ◎鈴木佑佳, 後藤聡, 和田弘太, 堀裕一: 7Pモノソミーにおける鼻涙管閉塞症に対し涙嚢鼻腔吻合術(鼻外法)を施行した1例.  第40回日本眼科手術学会,  東京,  2017/01
10. ◎松本 直,糸川貴之,柴 友明,片山雄治,有村 哲,堀 裕一: LSFGを用いた未熟児網膜症硝子体内ベバシズマブ注射前後の眼血流変化.  第55回網膜硝子体学会総会,  東京,  2016/12
11. ◎熊代 俊,松本 直,堀 裕一,柴 友明: 猫ひっかき病により発症した視神経網膜炎に黄斑円孔を続発した1例.  第55回網膜硝子体学会,  東京,  2016/12
12. ◎松本 直: Reproducibility of neonate ocular circulation measurements using laser speckle flowgraphy.  第70回東邦医学会総会,  東京,  2016/11
13. ◎吉田 いづみ, 佐藤宏樹, 矢田圭介, 谷口ひかり, 小野田康孝, 村松理奈, 木下大資, 柴 友明, 堀 裕一, 前野貴俊: 裂孔原性網膜剥離における剥離の形と裂孔の位置の関係について.  第70回日本臨床眼科学会,  国立京都国際会館、京都市,  2016/11
14. ◎柴智恵子, 柴友明, 権田恭広, 松本直, 高橋真生, 堀裕一: HbA1c値と眼循環の関連について(第120回日本眼科学会総会 学術展示優秀賞受賞講演).  第70回日本臨床眼科学会,  京都,  2016/11
15. ◎小松哲也, 有村 哲, 熊代 俊, 長村洋徳, 片山雄治, 柴 友明, 松本 直, 堀 裕一: 裂孔原性網膜剥離に対するバックリング術後晩期に発症した黄斑円孔の2症例.  第70回日本臨床眼科学会,  国立京都国際会館、京都市,  2016/11
16. ◎太刀川貴子、武井正人、清田眞理子、斉藤雄太、東範行、丸子一朗、根岸貴志、野田英一郎、大熊康弘、吉田圭1、藤巻拓郎、松本直、渡邊恵美子: 超低出生体重児における未熟児網膜症 東京都多施設研究 第2 報 合併症.  第70回臨床眼科学会,  京都,  2016/11
17. ◎山口由佳, 権田恭広, 一ノ瀬ルル, 柿栖康二, 岡島行伸, 深澤由里, 本間尚子, 渋谷和俊, 堀裕一: 角膜移植により重度の羞明が改善した金柑型膠様滴状角膜ジストロフィの1例.  第70回日本臨床眼科学会,  京都,  2016/11
18. ◎糸川貴之, 岩下紘子, 柿栖康二, 岡島行伸, 堀 裕一: ソフトコンタクトレンズ装用における眼表面温度変化と涙液層破壊時間の関連について.  第70回日本臨床眼科学会,  グランドプリンス京都、京都市,  2016/11
19. ◎柴 智恵子, 柴 友明, 高橋真生, 松本 直, 堀 裕一: 左心室携帯、拡張機能と視神経乳頭組織領域における血流波形解析項目の関連性について.  第70回日本臨床眼科学会,  国立京都国際会館、京都市,  2016/11
20. ◎森山紗帆, 岡島行伸, 柿栖康二, 青木弘太郎, 石井良和, 舘田一博, 堀 裕一: DSAEK術後の角膜感染症に対し網羅的病原体ゲノム解析を行った1例.  第70回日本臨床眼科学会,  グランドプリンス京都、京都市,  2016/11
21. ◎松本 直,斉藤雄太,糸川貴之,柴 友明,高橋春男,堀 雄一: LSFG-Microを用いた未熟児網膜症モデルラット研究.  第7回眼科レーザースペックル研究会,  東京,  2016/10
22. ◎鈴木佑佳, 後藤聡, 和田弘太, 堀裕一: 耳鼻科と連携を要した鼻涙管閉塞症(狭窄症)の3症例.  大森学術研究会,  大森、東京,  2016/10
23. ◎岡島行伸, 鈴木佑佳, 一ノ瀬ルル, 堀 裕一: 長期間抗菌薬点眼治療のみで軽快せず大量の眼脂を伴った両眼性の涙小管炎の一例.  第5回日本涙道・涙液学会総会,  東京フォーラム、東京都千代田区,  2016/07
24. ○松本 直,糸川貴之,片山雄治,柴 友明,富田匡彦,荒井博子,堀 裕一: LSFG-babyを用いた未熟児網膜症光凝固治療前後の眼血流変化.  第41回日本小児眼科学会総会,  横浜,  2016/06
25. ◎堀 裕一: 診療報酬改定と眼科検査.  第120回日本眼科学会総会,  仙台国際センター、宮城県仙台市,  2016/04
26. ◎堀 裕一: 臨床力向上のための角膜疾患の診断と治療のコツ、ドライアイ.  第120回日本眼科学会総会,  仙台国際センター、宮城県仙台市,  2016/04
27. ◎柴 友明, 高橋真生, 吉田いづみ, 谷口ひかり, 松本 直, 堀 裕一: 滲出型加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬硝子体投与後の動脈硬化進行.  第120回日本眼科学会総会,  仙台国際センター、宮城県仙台市,  2016/04
28. ◎柴智恵子, 柴友明, 権田恭広, 松本直, 高橋真生, 堀裕一: HbA1c値と眼循環の関連について.  第120回日本眼科学会総会,  仙台,  2016/04
国際学会
1. Hori Y: Difference between Two Secretagogue Eye Drops for Treating Dry Eye: Diquafosol and Rebamipide.  The 5th Asia Cornea Society Biennual Scientific Meeting,  Sheraton Grande Walkerhill, Seoul, Korea,  2016/12
2. Okajima Y, Kobayashi T, Hori Y: A Case of the Varicella-Zoster Virus (VZV) Keratitis of the Cornea That Caused Circular Infiltration Similar to the Acanthamoeba Keratitis.  The 5th Asia Cornea Society Biennual Scientific Meeting,  Sheraton Grande Walkerhill, Seoul, Korea,  2016/12
3. ◎Kobayashi T, Okajima Y, Suzuki T, Hori Y: Attempt of Metagenomic Analysis to Detect Pathogen DNA in a Case of Thygeson's Superficial Panctate Keratitis.  The 5th Asia Cornea Society Biennual Scientific Meeting,  Sheraton Grande Walkerhill, Seoul, Korea,  2016/12
4. ◎Shun Kumashiro, Matsumoto tadashi, Tetsushi Arimura, Hori Yuichi: A case of Macular hole in cat scratch disease.  the 10th the Asia-Pacific Vitreo-retina Society,  Bangkok, Thailand,  2016/12
5. ◎Matsumoto T, Itokawa T, Shiba T, Hori Y: Change in ocular circulation after intravitreal bevacizumab for a retinopathy of prematurity patient.  NUH EYE INTERNATIONAL CONGRESS 2016,  singapore,  2016/11
6. ◎Hori Y: Comparison of two mucin secretagogues for the treatment of dry eye: Diquafosol tetrasodium and Rebamipide.  XXII Biennial Meeting of the International Society for Eye Research,  京王プラザホテル、東京都新宿区,  2016/09
7. ◎Tadashi Matsumoto, Yuta Saito, Takashi Itokawa, Tomoaki Shiba, Haruo Takahashi, Yuichi Hori: Retinal HIF-1 alpha and VEGF levels correlate with ocular circulation measured by Laser Speckle-Micro in the oxygen-induced retinopathy rat model.  ISER 2016,  Tokyo,  2016/09
8. ◎Hori Y: Comparison of Short-term effects of Diquafosol and Rebamipide on Mucn 5AC Expression on the Rabbit Ocular Surface.  9th Joint Meeting of Chinese-Japanese-Kerean Ophthalmologists,  Suzhou International Expo Center, Suzhou, China,  2016/09
9. ◎Hori Y: Dacryoendoscopy: My technique.  9th APSOPRS and 4th JSOPRS,  大阪国際交流センター、大阪市,  2016/08
10. ◎Oohata A, Uxhida K, Hori Y: General importance of the wettability of tear films on ocular surface which is magnified by mucin molecules involved in tear liquids as a main constituent: Evidence of surface activation property of mucin solutions.  ARVO 2016,  Washington State Convention Center, Seattle, WA, USA,  2016/05
11. ◎Ushida K, Oohata A, Kawamura G, Hori Y: Mucin (Qniumucin) extracted from jellyfish can be applied to ophthalmologic researches and/or diagnoses as a substituting material of human mucin: A study on contact lenses.  ARVO 2016,  Washington State Convention Center, Seattle, WA, USA,  2016/05
12. ◎Matsumoto T, Saito Y, Itokawa T, Shiba T, Takahashi H, Hori Y: A study of ocular blood flow in oxygen-induced ischemic retinopathy model rats using Laser Speckle Flowgraphy-Micro.  ARVO 2016,  Washington State Convention Center, Seattle, WA, USA,  2016/05
その他
1. ◎小林達彦, 岡島行伸, 堀 裕一: 東邦大学医療センター大森病院における羊膜移植術について.  第70回東邦医学会総会,  東邦大学医学部大森臨床講堂、東京都大田区,  2016/11
2. ◎堀 裕一, 糸川貴之, 岩下紘子: オキュラーサーフェスとドライアイ.  第38回バイオトライボロジ研究会,  帝人アカデミー富士、静岡県裾野市,  2016/08
3. ◎有村 哲: 東邦大学医療センター大森病院における糖尿病黄斑浮腫の治療.  大森学術研究会,  東京、日本,  2016/06
4. ◎小松哲也, 岡部智子, 堀 裕一: 網膜ぶどう膜炎に対してインフリキシマブが著効した1例.  第148回東邦医学会,  東邦大学医療センター大森病院、東京都大田区,  2016/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者