<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(大橋)
 Department of Urology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関戸 哲利   教授
  1     3       3
(2)
 
 
 
 2
 
 0 0  0 0  0  3
(2)
 0
(0)
 2
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














関戸 哲利   教授
         3
(2)
 
 2
 0 0  0 0  0  3
(2)
 0
(0)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 大久保智彦, 勝部良子, 堀田由貴子, 小野澤環, 中村亜里沙, 貫井勇介, 木原英雄, 藤田聡, 関戸哲利, 岩渕聡:  脳卒中における軽症脳梗塞クリニカルパスを用いた退院・転院支援介入における最適なタイミングの検討.  日本クリニカルパス学会誌  26 (2) :71 -75 , 2024
■ 著書
1. 関戸哲利:  過活動膀胱 フラボキサート,エストロゲン膣内投与.  泌尿器科薬物療法2024  234-237.  医学図書出版株式会社,  東京都, 2024
2. 関戸哲利:  神経因性下部尿路機能障害 β₃受容体作動薬.  泌尿器外科薬物療法2024  294-297.  医学図書出版株式会社,  東京都, 2024
3. 関戸哲利:  尿路ストーマ(膀胱癌).  スタンダードケア・シリーズ ストーマケアガイドブック  35-53.  株式会社 照林社,  東京, 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎大川瑞穂, 玉置優子, 若井未央, 主原翠, 長濱佑佳, 竹田麻佑子, 岩本れい美, 清水知, 梅村なほみ, 林裕子, 山辺史人, 三井要造, 小林秀行, 原啓, 氏家真二, 栃木直文, 野澤英雄, 中島耕一, 片桐由起子: 泌尿器がん領域における遺伝カウンセリングの現状.  第30回日本遺伝性腫瘍学会学術集会,  仙台,  2024/05
2. ◎関戸哲利: 看護師が知っておくべき尿路管理法の基礎知識.  第33回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会,  下関市,  2024/05
3. ◎関戸哲利: 高齢者OAB診療のポイントとドビエースの位置付け.  第37回日本老年泌尿器科学会,  和歌山,  2024/05
4. ◎関戸哲利: 神経因性下部尿路機能障害の診療のポイント.  第111回日本泌尿器科学会総会,  横浜,  2024/04
その他
1. ◎関戸哲利: 尿路変向術を要する代表的疾患:膀胱癌の基礎知識を確認しよう.  第33回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会,  下関市,  2024/05
2. ◎関戸哲利: 男性下部尿路症状/前立腺肥大症の治療:今昔物語.  第34回札幌排尿障害研究会,  札幌,  2024/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者