<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(大橋)
 Department of Urology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関戸 哲利   教授
 2 5  1          1
 4
 
 
 4
(1)
 8
竹内 康晴   講師
    1          1
 
 
 
 
 
澤田 喜友   助教
    1          2
 
 
 
 
 
 2 0  0 0  0  4
(0)
 0
(0)
 4
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














関戸 哲利   教授
 2        1
 
 4
(1)
竹内 康晴   講師
         1
 
 
澤田 喜友   助教
         2
 
 
 2 0  0 0  0  4
(0)
 0
(0)
 4
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 渡邊昌太郎, 小杉道男:  大切なのはLSC の経験値か、ロボット手術の経験値か。
 ~RSC 導入で感じたこと~.  Japanese Journal of Endourology  34 (2) :226 -230 , 2021
2. Kinnno K, Sekido N, Takeuchi Y, Sawada Y, Watanabe S, Yoshimura Y:  Association between overactive bladder and pelvic organ mobility as evaluated by dynamic magnetic resonance imaging .  Scientific reports  11 (1) :13276 , 2021
総説及び解説
1. 関戸哲利:  尿流動態検査の実際.  泌尿器uro-LO  26 (4) :33 -45 , 2021
2. 関戸哲利:  こんな時どうする!難治性/共存疾患を有する下部尿路機能障害症例に対する外科的治療.  泌尿器外科  34 (9) :1019 , 2021
3. 関戸哲利:  脊髄損傷における下部尿路機能障害の診療ガイドライン【2019年版】のポイント.  泌尿器外科  (34) :669 -670 , 2021
4. 関戸哲利:  低活動膀胱の定義の変遷.  泌尿器外科  (34) :681 -682 , 2021
5. 関戸哲利:  下部尿路機能障害.  標準泌尿器科学【第10版】  :143 -155 , 2021
6. 関戸哲利:  下部尿路症状の原因疾患に対する治療戦略!治療薬の選び方と使い方.  薬局  72 (7) :55 -61 , 2021
7. 関戸哲利:  躍動するオフィスウロロジー その多様性に迫る!過活動膀胱(OAB).  臨床泌尿器科  75 (6) :382 -386 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎澤田喜友,長濱佑佳,渡邉蔵人,宮崎紘一.渡邊昌太郎,金野紅,新津靖雄,竹内康晴,関戸哲利: 進行性尿路上皮癌患者の化学療法時の腎機能評価(eGFRcysの妥当性の検討).  第59回日本癌治療学会学術集会,  東京, 日本,  2021/10
2. ◎関戸哲利: 夜間頻尿に対する行動療法・薬物療法.  第636回日本泌尿器科学会東京地方会 イブニングセミナー,  東京,  2021/09
3. ◎関戸哲利: 脊髄障害に伴う下部尿路機能障害の診断と治療:脊髄損傷における下部尿路機能障害の診療ガイドライン【2019年版】.  第28回日本排尿機能学会,  松本,  2021/09
4. 関戸哲利: 難治性過活動膀胱に挑む:症例から考える外科的治療.  第86会日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2021/09
5. ◎竹内康晴、長濱佑佳、宮崎紘一、金野紅、渡邉昌太郎、新津靖雄、澤田喜友、関戸哲利: 当院におけるHoLEPの年齢階層別治療成績と合併症について.  第86回日本泌尿器科学会東部総会,  札幌,  2021/09
6. ◎関戸哲利: 夜間多尿の病態と治療.  日本泌尿器科学会 甲信越合同学術大会,  甲府,  2021/06
7. 関戸哲利: プレフレイル・フレイル高齢者における前立腺肥大症の治療戦略.  第34回日本老年泌尿器科学会,  大分,  2021/05
8. ◎澤田喜友,長濱佑佳,渡邉蔵人,宮崎紘一.渡邊昌太郎,金野紅,新津靖雄,竹内康晴,関戸哲利: 尿路上皮癌化学療法時の腎機能評価.  第34回日本老年泌尿器科学会,  東京, 日本,  2021/05
その他
1. ◎関戸哲利: 頸椎不全麻痺による神経因性下部尿路機能障害の問題点.  第56回日本脊髄障害医学会,  東京,  2021/11
2. ◎関戸哲利: 低活動膀胱・排尿筋低活動の診断と治療.  kyorinWEBサロン,  東京,  2021/11
3. ◎関戸哲利: 夜間頻尿診断のポイント:夜間多尿の診断と治療.  トビエース インターネットシンポジウム,  東京,  2021/11
4. ◎関戸哲利: 夜間多尿による夜間頻尿治療.  第2回夜間頻尿を考える会,  船橋,  2021/10
5. ◎関戸哲利: ベタニス発展期 実臨床エビデンスに基づく実績.  ベタニス発売10周年記念講演会,  東京,  2021/09
6. ◎関戸哲利: 泌尿器科専門医向けアルゴリズム2を使うために.  夜間頻尿診療ガイドライン【第2版】,  多摩,  2021/09
7. ◎関戸哲利: 脊髄損傷による下部尿路機能障害に対する清潔間欠導尿の基礎知識.  株式会社メディコン社内勉強会,  東京,  2021/08
8. ◎関戸哲利: 高齢者の下部尿路機能障害の治療戦略.  第15回加齢と下部尿路疾患を考える会,  名古屋,  2021/07
9. ◎関戸哲利: 難治性過活動膀胱に対する診断と治療.  第8回泌尿器科医師保険診療講習会,  東京,  2021/07
10. ◎関戸哲利: 脊髄損傷における下部尿路機能障害の診療ガイドライン【2019年版】のポイント.  栃木・埼玉泌尿器疾患セミナー,  栃木,  2021/07
11. ◎関戸哲利: 脊髄損傷における下部尿路機能障害の診断ガイドライン.  第53回青森県泌尿器科研究会,  青森,  2021/06
12. ◎渡邊昌太郎, 関戸哲利: 腹腔鏡下仙骨膣固定術.  第18回JUICE,  東京,  2021/06
13. 関戸哲利: 座長.  臨床泌尿器セミナーアーリーダ発売2周年記念講演会,  東京,  2021/05
14. ◎関戸哲利: 清潔間欠(自己)導尿の有効性・安全性・継続性の向上.  泌尿器外科誌上(WEB)座談会,  東京,  2021/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者