東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(大橋)
 Department of Urology (Ohashi)

教授:
  関戸 哲利
講師:
  竹内 康晴
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関戸 哲利   教授
 2             
 1
 
 
 12
(12)
 
竹内 康晴   講師
              
 
 
 
 
 
澤田 喜友   助教
              
 
 
 
 
 
新津 靖雄   助教
              
 
 
 
 
 
 2 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 12
(12)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 関戸哲利:  難治患者.  Pharma Medica  37 (6) :56 -62 , 2019
2. 関戸哲利:  高齢者における前立腺肥大症の治療.  泌尿器外科  32 (5) :453 -459 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎山下和美, 岩渕聡, 関戸哲利, 木村由紀, 松尾ゆかり: 意識障害者の排尿自立を目指した排泄ケア ~排尿日誌分析と間欠導尿の継続を通じて~.  第5回日本脳神経看護研究学会関東地方部会,  東京,  2019/07
その他
1. ◎関戸哲利: 病院における排尿自立の取り組みについて:医師の立場から.  第1回日本在宅医療連合学会大会シンポジウム,  東京,  2019/07
2. ◎関戸哲利: 夜間頻尿を伴う過活動膀胱に対する薬物療法のエビデンス.  横須賀市泌尿器科医会講演会,  神奈川県,  2019/07
3. ◎関戸哲利: 過活動膀胱治療:臨床試験から見た狐う抗コリン薬、β3受容体作動薬の特徴.  城西泌尿器セミナー,  東京,  2019/06
4. ◎関戸哲利: 男性における清潔間欠導尿の合併症と予防.  第32回日本泌尿器科学会イブニングセミナー,  旭川市,  2019/06
5. ◎関戸哲利: 低活動膀胱に対する薬物療法を再考する.  第32回日本泌尿器科学会シンポジウム,  旭川市,  2019/06
6. ◎関戸哲利: 医療従事者が知っておくべき尿路管理法のポイント.  第18回沖縄県排尿機能研究会,  沖縄県,  2019/06
7. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  第8回 大橋カルディオロジー,  東京,  2019/06
8. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  第8回カルディオロジー~循環器病診連携の会~,  東京,  2019/06
9. ◎関戸哲利: 下部尿路機能障害のマネジメント.  富山県泌尿器科木曜会,  富山県,  2019/05
10. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  杉並区医師会2組学術講演会,  東京,  2019/05
11. ◎関戸哲利: 過活動膀胱に対する治療のオーバービュー.  JUA2019シンポジウム6,  名古屋,  2019/04
12. ◎関戸哲利: エビデンスから考える~ベタニスの有効性と心拍・心電図所見への影響~.  過活動膀胱(OAB)WEBシンポジウム,  東京,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者