<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 泌尿器科学講座(大橋)
 Department of Urology (Ohashi)

教授:
  関戸 哲利
講師:
  竹内 康晴
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関戸 哲利   教授
 4 1 1 1  1 2       
 2
(1)
 
 
 23
(23)
 
竹内 康晴   講師
       8       1
 2
(1)
 
 
 2
(2)
 
澤田 喜友   助教
              
 1
(1)
 
 
 1
(1)
 
新津 靖雄   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
 4 1  1 0  0  1
(0)
 0
(0)
 26
(26)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Matsukawa Y, Yoshida M, Yamaguchi O, Takai S, Majima T , Funahashi Y, Yono M, Sekido N, Gotoh M:  Clinical characteristics and useful signs to differentiate detrusor underactivity from bladder outlet obstruction in men with non-neurogenic lower urinary tract symptoms.  International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association  まだ (まだ) :1まだ -8 , 2019
2. Masaru Ishida, Yasumasa Miyazaki, Yuichiro Konnai, Kazunori Shojo, Hideshi Kawasaki, Shotaro Watanabe, Hiroaki Kobayashi, Michio Kosugi:  Sutureless technique in robot-assisted partial nephrectomy.  Journal of Endourology  34 (1) :6 -6 , 2020
3. Sekido N, Kida J, Otsuki T, Mashimo H, Matsuya H, Okada H.:  Further characterization of a novel EP2 and EP3 receptor dual agonist, ONO-8055, on lower urinary tract function in normal and lumbar canal stenosis rats.  Lower urinary tract symptoms  まだ (20) :1 -6 , 2019
総説及び解説
1. 関戸哲利:  難治患者.  Pharma Medica  37 (6) :56 -62 , 2019
2. 関戸哲利:  下部尿路閉塞と腎後性腎不全(腎後性腎機能障害).  腎と透析  87 (6) :927 -934 , 2019
3. 関戸哲利(編集もあり):  泌尿器科における尿路カテーテル管理.  泌尿器Care&Cure Uro-Lo  24 (4) :10 -14 , 2019
4. 関戸哲利:  高齢者における前立腺肥大症の治療.  泌尿器外科  32 (5) :453 -459 , 2019
5. 関戸哲利:  低活動膀胱に対する薬物療法・外科的治療.  臨床泌尿器科  74 (2) :144 -149 , 2020
■ 著書
1. 竹内康晴, 澤田喜友, 新津靖雄:  主なカテーテル管理 尿管ステント.  泌尿器Care&Cure URO-LO  229-28.  MCメディカ,  大阪, 2019
2. 関戸哲利:  第18章 下部尿路機能障害【蓄尿・排尿(尿排出)障害】.  ナーシング・グラフィカEX
疾患と看護(8):腎/泌尿器/内分泌・代謝  182-212.  MCメディカ出版,  大阪, 2020
3. 関戸哲利:  排尿困難.  今日の治療指針  1242-1243.  医学書院,  東京, 2020
4. 竹内康晴,関戸哲利:  経直腸超音波検査.  泌尿器科 グリーンノート  109-110.  中外医学社,  東京, 2019
5. 宮崎紘一, 竹内康晴, 関戸哲利:  膀胱鏡.  泌尿器 グリーンノート  111-113.  中外医学社,  東京, 2019
6. 宮崎紘一, 竹内康晴, 関戸哲利:  術前カンファランス.  泌尿器 グリーンノート  15.  中外医学社,  東京, 2019
7. 宮崎紘一, 竹内康晴, 関戸哲利:  尿管ステント留置.  泌尿器 グリーンノート  157-161.  中外医学社,  東京, 2019
8. 宮崎紘一, 竹内康晴, 関戸哲利:  手術記録.  泌尿器 グリーンノート  16-17.  中外医学社,  東京, 2019
9. 宮崎紘一, 竹内康晴, 関戸哲利:  膀胱タンポナーデ.  泌尿器 グリーンノート  162-164.  中外医学社,  東京, 2019
10. 渡邊昌太郎, 竹内康晴, 関戸哲利:  泌尿器超音波検査.  泌尿器科グリーンノート  99-108.  中外医学社,  東京, 2019
11. 関戸哲利:  神経因性下部尿路機能障害(神経因性膀胱).  腎疾患・透析最新の治療 2020-2022  240-243.  南江堂,  東京都, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎竹内康晴, 渡邉蔵人, 宮崎紘一, 渡邊昌太郎, 金野紅, 新津靖雄, 澤田喜友, 関戸哲利: HoLEPにおける偶発癌症例の臨床検討.  泌尿器内視鏡学会,  京都,  2019/11
2. ◎渡邊昌太郎, 渡邉蔵人, 宮崎紘一, 金野紅, 新津靖雄, 澤田喜友, 竹内康晴, 関戸哲利: 核出重量が20g以下であったHoLEP症例の検討.  日本泌尿器内視鏡学会,  京都,  2019/11
3. ◎竹内康晴, 渡邉蔵人, 宮崎紘一, 渡邊昌太郎, 金野紅, 新津靖雄, 澤田喜友, 関戸哲利: 当院における高齢前立腺がん患者にたいするホルモン治療成績.  泌尿器腫瘍学会,  福岡,  2019/10
4. ◎山下和美, 岩渕聡, 関戸哲利, 木村由紀, 松尾ゆかり: 意識障害者の排尿自立を目指した排泄ケア ~排尿日誌分析と間欠導尿の継続を通じて~.  第5回日本脳神経看護研究学会関東地方部会,  東京,  2019/07
その他
1. ◎竹内康晴: CPPCにおけるエンザルタミドの副作用マネジメント.  第16回Uro-Oncology Meeting,  東京都,  2020/02
2. ◎関戸哲利: プライマリ・ケア医のための下部尿路症状の診断・治療の要点.  排尿障害セミナ,  東京都府中市,  2020/01
3. ◎関戸哲利: 夜間頻尿の薬物療法up-to-date-DDAVPについて.  城南地区ミニリンメルトOD錠50mg,25mg発売記念講演会,  東京,  2020/01
4. ◎関戸哲利: 過活動膀胱治療薬:臨床試験から見た抗コリン薬β3受容体作動薬の興亡史.  特別講演(企業主催),  岡山,  2019/12
5. ◎関戸哲利: 過活動膀胱治療薬ベオーバへの期待.  ベオーバ発売記念講演会,  東京,  2019/11
6. ◎宮﨑紘一: 当院におけるESWLの治療成績.  臨床泌尿器セミナ~アーリーダ発売記念講演会,  東京,  2019/11
7. ◎竹内康晴: HoLEPにおける偶発癌症例の臨床検討.  第33回日本泌尿器内視鏡学会総会,  京都,  2019/11
8. ◎澤田喜友: 泌尿器科疾患に関する研修会.  社内研修会,  東京,  2019/11
9. ◎関戸哲利: ガイドライン改訂の方針と診療アルゴリズムの紹介.  第54回日本精髄障害医学会,  秋田市,  2019/10
10. ◎関戸哲利: 過活動膀胱・前立腺肥大症治療の最近の話題:高齢者に対する薬物療法を中心として.  日本新薬社内研修会,  東京,  2019/10
11. ◎関戸哲利: OAB up to date:ICS2019 Gothenburg.  目黒泌尿器科医会,  東京,  2019/10
12. ◎関戸哲利: 神経因性の排尿筋過活動/過活動膀胱.  第84回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2019/10
13. ◎関戸哲利: 過活動膀胱・前立腺肥大症治療の最近の話題 高齢者に対する薬物療法を中心として.  第80回佐賀県泌尿器科懇話会,  佐賀県,  2019/09
14. ◎関戸哲利: 夜間頻尿診療ガイドライン回転版における「薬物療法」-改訂に向けての注目点ー.  第26回日本排尿機能学会JCS認定医セミナー3,  東京,  2019/09
15. ◎関戸哲利,木村由紀,松尾佳保里,山下和美,東大輝: 高度急性期の私立大学分院における排尿自立指導の実際と課題.  第26回日本排尿機能学会JCS認定セミナー,  東京,  2019/09
16. ◎関戸哲利: 病院における排尿自立の取り組みについて:医師の立場から.  第1回日本在宅医療連合学会大会シンポジウム,  東京,  2019/07
17. ◎関戸哲利: 夜間頻尿を伴う過活動膀胱に対する薬物療法のエビデンス.  横須賀市泌尿器科医会講演会,  神奈川県,  2019/07
18. ◎関戸哲利: 過活動膀胱治療:臨床試験から見た狐う抗コリン薬、β3受容体作動薬の特徴.  城西泌尿器セミナー,  東京,  2019/06
19. ◎関戸哲利: 男性における清潔間欠導尿の合併症と予防.  第32回日本泌尿器科学会イブニングセミナー,  旭川市,  2019/06
20. ◎関戸哲利: 低活動膀胱に対する薬物療法を再考する.  第32回日本泌尿器科学会シンポジウム,  旭川市,  2019/06
21. ◎関戸哲利: 医療従事者が知っておくべき尿路管理法のポイント.  第18回沖縄県排尿機能研究会,  沖縄県,  2019/06
22. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  第8回 大橋カルディオロジー,  東京,  2019/06
23. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  第8回カルディオロジー~循環器病診連携の会~,  東京,  2019/06
24. ◎関戸哲利: 下部尿路機能障害のマネジメント.  富山県泌尿器科木曜会,  富山県,  2019/05
25. ◎関戸哲利: 過活動膀胱の診断と治療.  杉並区医師会2組学術講演会,  東京,  2019/05
26. ◎関戸哲利: 過活動膀胱に対する治療のオーバービュー.  JUA2019シンポジウム6,  名古屋,  2019/04
27. ◎関戸哲利: エビデンスから考える~ベタニスの有効性と心拍・心電図所見への影響~.  過活動膀胱(OAB)WEBシンポジウム,  東京,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者