東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 皮膚科学講座(大森)
 Department of Dermatology (Omori)

教授:
  石河 晃
臨床教授:
  関東 裕美
准教授:
  石井 健
講師:
  橋本 由起
■ 概要
臨床皮膚科学一般
日常診療の中から、特異な症状,検査所見、病因、治療法などの問題点を見出し、検討を加え、積極的に症例報告をおこなっている。
遺伝性皮膚疾患の研究
表皮水疱症をはじめとする遺伝性皮膚疾患の病型診断、遺伝子診断をはじめとする研究を行っており、関東地方での基幹施設となっている。
接触皮膚炎,薬疹
薬剤障害、紫外線障害、各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害などの原因の追及を行っており、各成分について抗原の検討を行っている。
アトピー皮膚炎
スキンケアの重要性をパッチテストなども参考にして指導している。また、生物学的製剤を用いた最新の治療も導入している。
アレルギーの研究
各種外用剤による皮膚障害、香粧品、日用品による皮膚障害、薬剤性皮膚障害、紫外線による皮膚障害などの原因追求を行っているが、各事例について抗原性の研究を生化学的手法を用いて検討している。
皮膚感染症
ウイルス感染症のみならず、褥瘡、糖尿病性壊疽の管理を通じて細菌感染症、真菌感染症の予防、治療について皮膚科的立場からの検討を行っている。
皮膚腫瘍に関する研究
免疫染色、電顕、分子生物学的手法を用いて病理学的な研究が行われている。
乾癬の研究
生物学的製剤の治療効果、使用方法、適応の選択方法やQOL調査など治療学的な研究が行われている。また、私立大学研究ブランディング事業の一環として乾癬の病態、病勢を反映するバイオマーカーの検索、実用化の研究を行っている。
自己免疫水疱症の研究
分子生物学的手法で合成したscFvモノクローナル抗体や皮膚器官培養法を用いて天疱瘡などの自己免疫水疱症の発症機序の研究を行っている。
症例検討会
毎週月曜日午後4時より症例検討会を行い、臨床像、病理組織像、検査所見を検討し治療方針を討論している。毎月第3水曜日午後5時より大橋病院、昭和大学、関東中央病院、虎の門病院、日赤医療センター、NTT東日本関東病院などとの合同症例検討会をNTT東日本関東病院で行っている。
抄読会
毎週月曜午後6時30分より抄読会を行っている。
学会活動
日本皮膚科学会総会、東京・東部・中部・西部支部総会、年6回の東京地方会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本皮膚病理組織学会、皮膚かたち研究学会、日本乾癬学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、水疱症研究会などに参加し、活発な活動を行っている。
特殊外来
接触アレルギー外来(月、水、木曜)、乾癬外来(火曜)
アトピー・ニキビ外来(水曜)、皮膚外科外来(木曜)、爪外来(水曜)、光線外来(月、火、金曜)、美容外来(金曜)、 水疱症外来(金曜)、レーザー外来(金曜)
■ Keywords
遺伝性皮膚疾患、接触皮膚炎、薬疹、皮膚刺激、皮膚感染症、皮膚腫瘍、皮膚病理学、皮膚外科、水疱症、乾癬
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究  分担研究者 石河晃  (研究分担者:ishiko)
 研究補助金:500000円  (分担)
2.  橋渡研究戦略的推進プログラム,
 研究課題:骨髄間葉系幹細胞動員活性に基づく表皮水疱症治療薬開発  分担研究 石河晃  (研究分担者:ishiko)
 研究補助金:200000円  (分担)
3.  厚生労働科学研究費補助金研究課題
 研究課題:健康安全・危機管理対策総合研究事業(研究課題名)エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究  分担研究者 鷲崎久美子  (研究分担者:washizaki)
 研究補助金:0円  (分担)
4.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:抗デスモグレイン1モノクローナル抗体を用いた落葉状天疱瘡の水疱形成機序の解析  研究代表者 石河晃  (研究代表者:ishiko)
 研究補助金:0円  (代表)
5.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:上皮バリア機能の不全により生じる疾患の克服を目指したブランディング事業  分担研究 石河晃  (研究分担者:ishiko)
 研究補助金:2000000円  (分担)
6.  平成28年度科学研費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤C
 研究課題:落葉状天疱瘡モノクロナール抗体による棘融解性水疱形成機序の解明研究   研究代表 石井健  (研究代表者:ichi)
 研究補助金:0円  (代表)
7.  平成28年度科学研費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤C
 研究課題:落葉状天疱瘡モノクロナール抗体による棘融解性水疱形成機序の解明研究  分担研究 石河晃  (研究分担者:ishiko)
 研究補助金:0円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石河 晃   教授
 1 2            1
(1)
 11
(1)
 
 
 
 
関東 裕美   臨床教授
  1            
 2
 
 
 1
(1)
 
石井 健   准教授
              1
 4
 
 
 
 
橋本 由起   講師
 1             
 
 
 
 
 
市村 知佳   助教
              
 
 
 
 
 
伊藤 崇   助教
  1            1
 
 
 
 1
(1)
 
陳 怡如   助教
              
 
 
 
 
 
中村 元泰   助教
              
 3
 
 
 
 
吉田 憲司   助教
              
 2
 
 
 
 
 2 0  0 0  0  3
(1)
 0
(0)
 2
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 鷲崎久美子,関東裕美,伊藤 崇,野村征司,石河 晃:  フェイシャルスキンケアの皮膚に対する影響試験.  日本香商品学会誌  43 (2) :93 -98 , 2019
2. 赤芝知己,関根万里:  デノスマブ投与中の患者に発症した水疱性類天疱瘡の1例.  臨床皮膚科  73 (8) :597 -602 , 2019
総説及び解説
1. 橋本由起:  黄色い爪.  MB Derma  281 :87 -97 , 2019
2. 石河 晃:  新専門医制度における専門医研修管理システム.  最新キーワードで読み解くALL About 皮膚科学.  :218 -219 , 2019
症例報告
1. 布井春佳,漆畑真理,石川裕子,宇山美樹,石河 晃:  病初期にリンパ腫との鑑別を要したジアフェニルスルホンによる薬剤性過敏症症候群の1例.  臨床皮膚科  73 (4) :301 -307 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎大島 宏, 黒住元紀, 関東裕美: 健常皮膚への皮膚常在細菌塗布による皮膚改善効果.  第37回日本美容皮膚科学会総会・学術大会.,  熊本,  2019/07
2. ◎小林麻友子, 吉田憲司,當麻秀信,村岡真季,加藤寿香,石河 晃: 左胸鎖関節部に生じた皮下気管支原生嚢胞の一例.  日本皮膚科学会第885回東京地方会.,  東京,  2019/07
3. ◎菊池 瞳,中村元泰,足立太起,石河 晃: 悪性黒色腫を疑った膝部の3×5mmの色素斑.  第46回皮膚かたち研究学会学術大会,  大阪,  2019/06
4. ◎本村緩奈, 石河 晃, Greg Hillebrand, 道川武紘, 西脇祐司: 日本人高齢者におけるDHEAS血中濃度と皮膚エイジング指標との関連性.  第19回日本抗加齢医学会,  横浜,  2019/06
5. ◎石河 晃: 新専門医制度の戦略と指導医による評価方法.  第118回日本皮膚科学会総会.,  名古屋,  2019/06
6. ◎伊藤 崇,関東裕美,鷲崎久美子,田中博子,石井 健,石河 晃: ブリーチ剤による職業性接触蕁麻疹の1例.  第118回日本皮膚科学会総会.,  名古屋,  2019/06
7. ◎志水陽介,加藤寿香,足立太起,中村元泰,吉田憲司,石河 晃: 左前腕に生じたメルケル細胞癌の1例.  第118回日本皮膚科学会総会.,  名古屋,  2019/06
8. ◎木村理沙,石井 健,河合匡子,菊池 瞳,吉野春香,和田弘太(耳鼻科),石河 晃.: コルヒチンが有効であった後天性表皮水疱症の1例.  第118回日本皮膚科学会総会.,  名古屋,  2019/06
9. ◎足立太起, 志水陽介, 加藤寿香, 馬場加那子, 中村元泰, 石井 健,金田幸恵, 江嶋 梓, 渋谷和俊(東邦大森病理), 河合匡子(池上総合病院), 石河 晃: CD8陽性の原発性皮膚大細胞性リンパ腫の一例.  第35回日本皮膚悪性腫瘍学会,  神戸,  2019/05
10. ◎吉野春香,志水陽介,菊池 瞳,栗川幸子,石河 晃: BCG接種後のバザン硬結性紅斑の1例.  日本皮膚科学会第884回東京地方会,  東京,  2019/05
11. ◎古屋佳織,馬場加那子,加藤寿香,石井 健,石河 晃: 成人発症のtufted angiomaの1例.  日本皮膚科学会第884回東京地方会.,  東京,  2019/05
12. ◎黒沼亜美,臼井真理子,谷川洸成, 鎌田啓祐, 石河 晃: CA-MRSAによる多発皮下膿瘍に敗血症性肺塞栓症を続発したアトピー性皮膚炎患者の一例.  日本皮膚科学会第884回東京地方会.,  東京,  2019/05
13. ◎石井 健,中田 茅,石川 裕子,石河 晃: 四肢・体幹に見られた扁平隆起性の紅褐色局面.  第34回日本皮膚病理組織学会総会・学術大会.,  東京,  2019/04
その他
1. ◎伊藤 崇: 職業・家庭用品:職業性や家庭用品による接触皮膚炎.  2018年パッチテスト・プリックストハンズオンセミナー,  札幌,  2019/05
2. ◎関東裕美: 化粧品:製品の貼布方法について.  2018年パッチテスト・プリックストハンズオンセミナー,  札幌,  2019/05
3. ◎鷲崎久美子: 金属:意外と難しい判定とそれを活かした食事・生活指導について.  2018年パッチテスト・プリックストハンズオンセミナー,  札幌,  2019/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者