東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(大森)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Omori)

教授:
  片桐 由起子
  中田 雅彦
  森田 峰人
准教授:
  小宮山 慎一
  土屋 雄彦
  前村 俊満
講師:
  早田 英二郎
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















片桐 由起子   教授
  2  1          1
(1)
 23
(15)
 1
 4
(3)
 
 
中田 雅彦   教授
  3  3   1       
 24
(16)
 
 2
(1)
 
 
森田 峰人   教授
  2  3          
 33
(23)
 
 5
(3)
 
 
小宮山 慎一   准教授
              
 3
(3)
 
 
 
 
土屋 雄彦   准教授
              1
(1)
 3
(3)
 2
(2)
 3
(1)
 
 
前村 俊満   准教授
  1  1          
 18
(8)
 
 3
(2)
 
 
早田 英二郎   講師
 3 1 2 1  1        3
(2)
 13
(3)
 
 
 
 
上村 有樹   助教
              
 
 
 
 
 
梅村 なほみ   助教
  1  1          1
(1)
 9
(5)
 
 
 
 
大路 斐子   助教
  1  2          3
(1)
 12
(4)
 
 
 
 
鷹野 真由実   助教
   1 2          4
(4)
 11
(4)
 
 
 
 
谷口 智子   助教
              1
(1)
 7
(7)
 
 2
(2)
 
 
玉置 優子   助教
  1            
 9
(7)
 
 2
(1)
 
 
中岡 賢太郎   助教
              
 4
(4)
 
 4
(2)
 
 
長島 克   助教
              2
(2)
 2
(2)
 
 
 
 
林 裕子   助教
 1             2
(2)
 7
(7)
 
 3
(2)
 
 
林 理雅   助教
              2
(1)
 9
(8)
 
 2
(1)
 
 
福田 雄介   助教
  1            1
(1)
 7
(7)
 
 4
(3)
 
 
松江 陽一   助教
              
 
 
 
 
 
吉田 義弘   助教
              
 
 
 
 
 
 4 3  1 0  0  21
(17)
 3
(2)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Eijiro Hayata, Masahiko Nakata, Mayumi Takano, Nahomi Umemura, Sumito Nagasaki, Ayako Oji, Toshimitsu Maemura, Yukiko Katagiri, Mineto Morita:  Safety of uterine fundal pressure maneuver during second stage of labor in a tertiary perinatal medical center: A retrospective observational study.  Taiwanese journal of obstetrics & gynecology  58 (3) :375 -379 , 2019
総説及び解説
1. 早田英二郎, 中田雅彦:  妊娠・分娩・産褥期の出血~時期別アプローチ~.【産褥期】産褥出血.  ペリネイタルケア  38 (6) :567 -570 , 2019
2. 早田英二郎, 中田雅彦:  周産期の感染症まるわかり病態生理&ケア.梅毒.  ペリネイタルケア  38 (8) :755 -758 , 2019
3. ◎早田英二郎:  妊娠期の症状 重大疾患の落とし穴.腹痛・腹部膨満.  ペリネイタルケア  38 (9) :872 -876 , 2019
症例報告
1. 窪田麻美, 大路斐子, 安部来美, 古守真由子, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 玉置優子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 森田峰人:  子宮下部卵膜に血管走行を認めた臍帯卵膜付着に対して選択的帝王切開を行った1例.  東京産科婦人科学会会誌  68 (2) :206 -210 , 2019
2. Mayumi Takano, Masahiko Nakata, Takayuki Rikitake, Sumito Nagasaki, Eijiro Hayata, Mineto Morita:  Successful use of fetoscopic laser surgery as treatment for a monochorionic‐triamniotic triplet pregnancy complicated by twin‐reversed arterial perfusion sequence and severe selective fetal growth restriction: A case report.  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  in pres :in pres , 2019
3. Eijiro Hayata, Masahiko Nakata, Ayako Oji, Mayumi Takano, Sumito Nagasaki, Mineto Morita:  Sonographic diagnosis of vasa previa using four‐dimensional spatiotemporal image correlation.  Ultrasound in obstetrics & gynecology : the official journal of the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology  53 :701 -702 , 2019
その他
1. 林裕子,片桐由起子,福田雄介,臼井健太郎,森田峰人:  がん生殖医療における卵巣刺激方法の変遷.  日本がん生殖医療学会誌  Vol.2 (NO.1) :31 -35 , 2019
■ 著書
1. 早田英二郎, 中田雅彦:  合併症妊娠の考え方・投薬.  臨床産科学テキスト  202-204.  メディカ出版,  大阪, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎長崎澄人: 胎児心機能と超音波.  第42回日本母体胎児医学会学術集会,  津市 三重県,  2019/08
2. ◎鷹野真由実、中田雅彦、木村ゆりあ、米山雅人、佐久間淳也、長崎澄人、森田峰人: 一絨毛膜双胎における大児・受血児の羊水中NT-proBNP濃度は、他児の循環動態の影響を受けない.  第42回日本母体胎児医学会学術集会,  松本市 長野県,  2019/08
3. ◎若井未央、玉置優子、梅村なほみ、阿部歩美、林裕子、長崎澄人、谷口智子、中田雅彦、竹下直樹、片桐由起子: 当院におけるコンバインド検査の取り組みについて.  第43回日本遺伝カウンセリング学会学術集会,  札幌 北海道,  2019/08
4. ◎林裕子、片桐由起子、福田雄介、中岡賢太郎、林理雅、森田峰人。: 反復着床障害におけるEndometrial receptivity Analysis の有用性に関する検討.  第37回日本受精着床学会,  東京都、日本,  2019/08
5. ◎土屋雄彦、片桐由起子、福田雄介、伊藤歩、林理雅、林裕子、前村俊満、永尾光一、森田峰人: 術前ジェノゲスト療法を施行した子宮鏡下手術の妊娠に関する方針.  第37回日本受精着床学会総会,  東京都 日本,  2019/08
6. ◎林理雅、玉置優子、中岡賢太郎、伊藤歩、片倉雅文、林裕子、福田雄介、中田雅彦、片桐由起子、森田峰人: 当院で管理した双胎妊娠症例における不妊治療内容の検討.  日本受精着床学会総会,  新宿 東京,  2019/08
7. ◎鷹野真由実、中田雅彦、長崎澄人、森田峰人: 「超音波ドプラ法による胎児新機能評価」.  第55回日本周産期・新生児医学会学術集会,  長野県 松本市 日本,  2019/07
8. ◎大路斐子、中田雅彦、窪田麻美、安部、臼井健太郎、鷹野真由実、長崎澄人、梅村なほみ、玉置優子、早田英二郎、前村俊満、片桐由起子、森田峰人: 双極性障害による摂食障害により母体ビタミンK欠乏となり、胎児頭蓋内出血をきたとした1例.  第55回に日本周産期新生児医学界学術集会,  松本 日本,  2019/07
9. ◎佐久間淳也, 中田雅彦, 鷹野真由実, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 上山怜, 早田英二郎, 大路斐子, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人, 日根幸太郎, 與田仁志, 岩垣重紀, 高橋雄一郎: ポッター症候群の救命に向けて―人工羊水注入後の胎児肺低形成の評価と管理について.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
10. ◎早田英二郎, 中田雅彦, 長﨑澄人, 鷹野真由実, 大路斐子, 佐久間淳也, 梅村なほみ, 上山怜, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 帝王切開における回収式自己血輸血は母体の羊水塞栓症リスクを上昇させるか?:前方視的症例対象研究.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
11. ◎大路斐子, 中田雅彦, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 梅村なほみ, 玉置優子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 双極性障害による摂食障害により母体ビタミンK欠乏となり胎児頭蓋内出血を来した1例.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
12. ◎鷹野真由実、中田雅彦、長崎澄人、佐久間淳也、林理雅、早田英二郎、大路斐子、前村俊満、森田峰人: 双胎輸血症候群の発症予測に向けた受血児の静脈管血流波形の検討.  第55回日本周産期・新生児医学会学術集会,  松本 日本,  2019/07
13. ◎長崎澄人、中田雅彦、鷹野真由実、佐久間淳也、森田峰人: 当院における双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤吻合レーザー凝固術の成績.  第55回日本周産期・新生児医学界学術集会,  松本 日本,  2019/07
14. ◎窪田麻美, 佐久間淳也, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 大路斐子, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 與田仁志, 森田峰人: 胎児腹水を合併したCongenital pulmonary airway malformationに対してステロイド投与が著効した1例.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
15. ◎小瀧曜, 大路斐子, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 玉置優子, 早田英二郎, 前村俊満, 緒方浩平, 片桐由起子, 與田仁志, 中田雅彦, 森田峰人: 妊娠中に母体発熱を認めず分娩後に診断に至った母児リステリア感染症の1例.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
16. ◎林理雅, 中田雅彦, 大路斐子, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 梅村なほみ, 佐久間淳也, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 子宮内感染によるい胎児死亡を来し児娩出後に敗血症ショックに至ったエルシニア感染症の1例.  第55回日本周産期・新生児医学会,  松本, 日本,  2019/07
17. ◎谷口智子、小宮山慎一、長島克、古守真由子、力武崇之、森田峰人: 遠位型深部静脈血栓症を有する卵巣がん患者に対するDOACによる抗凝固療法を併用したベバシズマブ治療の実態.  第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  新潟 日本,  2019/07
18. ◎長島克、三輪尚史、谷口智子、力武崇乏、福田雄介、小宮山慎一、片桐由起子、森田峰人: 肥満女性における子宮内膜上皮細胞のDNAメチル化異常に関する研究.  第61回日本婦人科腫瘍学会,  新潟 日本,  2019/07
19. ◎阿部歩美、谷口智子、梅村なほみ、若井未央、林裕子、玉置優子、村上好恵、竹下直樹、片桐由起子: 当院における家族性腫瘍への取り組みと今後の展望ついて.  第25回日本家族性腫瘍学会学術集会,  コングレスクエア日本橋,  2019/06
20. ◎早田英二郎: 妊娠・分娩関連疾患の経済的負担(Cost of Illness)およびその将来予測に関する研究.  第39回大田地区産婦人科研究会,  東京,  2019/06
21. ◎佐久間淳也,鷹野真由実,林理雅,長崎澄人,大路斐子,早田英二郎, 前村俊満,中田雅彦,森田峰人: 二次性産後出血症例における超音波検査による特徴的な所見についての検討.  第92回日本超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
22. ◎窪田麻美,佐久間淳也,鷹野真由実,長崎澄人,大路斐子,早田英二郎,前村俊満, 中田雅彦,与田仁志,森田峰人: 胎児腹水を合併したCPAMに対して母体ステロイド投与が著効した一例.  第92回日本超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
23. ◎窪田麻美: 胎児腹水を合併したCPAMに対して、母体ステロイド投与が著効した一例.  日本超音波医学会第92回学会集会,  グランドプリンスホテル新高輪,  2019/05
24. ◎鷹野真由実、中田雅彦、長崎澄人、佐久間淳也、林理雅、森田峰人: Dual-gate Dopplerによる胎児心機能評価.  日本超音波医学会第92回学術集会,  東京、日本,  2019/05
25. ◎長崎澄人 鷹野真由実 佐久間淳也 林理雅 中田雅彦 森田峰人: 胎児頭蓋内未熟奇形種の一例.  日本超音波医学会第92回学術集会,  東京、日本,  2019/05
26. ◎吉田隆之, 早田英二郎, 中田雅彦, 大路斐子, 梅村なほみ, 長﨑澄人, 鷹野真由実, 上山怜, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: メチルフェニデート乱用による精神障害を合併した妊婦に対し、多職種連携により周産期管理を行った1例.  第390回東京産科婦人科学会例会,  東京,  2019/05
27. ◎長島克、小宮山慎一、谷口智子、釘宮剛城、力武崇乏、片桐由起子、森田峰人: 若年者の子宮内膜症性囊胞の長期管理中に発生した卵巣明細胞癌の2 症例に関する検討.  第71回日本産科婦人科学会,  名古屋、日本,  2019/04
28. ◎玉置優子、片桐由起子、梅村なほみ、鷹野真由実、林理雅、谷口智子、竹下直樹、中田雅彦、森田峰人: 無侵襲的出産前遺伝学的検査を契機に18pテトラソミーと診断された一例.  第71回日本産科婦人科学会学術講演会,  名古屋、日本,  2019/04
29. ◎林裕子、片桐由起子、福田雄介、中岡賢太郎、林理雅、森田峰人: 胚移植反復不成功症例におけるEndowetrinl Receptivity Analysis の有用性.  第71回日本産科婦人科学会学術講演会,  名古屋市、日本,  2019/04
30. ◎早田英二郎, 中田雅彦, 長﨑澄人, 鷹野真由実, 大路斐子, 佐久間淳也,梅村なほみ、上山怜, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 帝王切開における回収式自己血輸血が母体に及ぼす生理的影響に関する研究(第1報).  第71回日本産科婦人科学会学術集会,  名古屋,  2019/04
31. ◎大路斐子, 中田雅彦, 窪田麻美, 小瀧曜, 鷹野真由実, 長﨑澄人, 早田英二郎, 前村俊満, 片桐由起子, 森田峰人: 切迫早産治療時に発症した重症偽膜性腸炎の1例.  第71回日本産科婦人科学会学術集会,  名古屋,  2019/04
32. ◎中岡賢太郎、土屋雄彦、片倉雅文、谷口智子、福田雄介、前村俊満、片桐由起子、森田峰人: 安心、安全な腹腔鏡下子宮全摘出を行うための子宮トランスイルミネーターの有用性の検討.  第71回日本産婦人科学会学術講演会,  名古屋 日本,  2019/04
33. ◎片桐由起子、福田雄介、玉置優子、林裕子、森田峰人: 当院におけるがん生殖の取り込み.  第71回日本産科婦人科学会学術講演会,  名古屋 日本,  2019/04
34. ◎Junya Sakuma, Mayumi Takano, Sumito Nagasaki, Rei Ueyama, Ayako Oji, Eijiro Hayata, Toshimitsu Maemura, Yukiko Katagiri, Masahiko Nakata, Mineto Morita: The utility of fetal lung intensity on MRI for the screening of neonatal functional pulmonary hypoplasia.  第71回日本産科婦人科学会学術集会,  名古屋,  2019/04
35. ◎Yusuke hukuda,Yukiko Katagiri,Mayuko Komori,Kentaro Nakaoka,Rika Hayashi,Ayumu Ito,Yuko Hayashi,Yuko Tamaki,Takehiko Tsuchiya,Masahiko Nakata,Mineto Morita: Comparison of clinical results between progesterone primed ovarian stimulation and GnRH antagonist stimulation method.  第70回日本産科婦人科学会,  名古屋,  2019/04
36. ◎片倉雅文、土屋雄彦、中岡賢太郎、林裕子、長島克、谷口智子、前村俊満、中田雅彦、片桐由紀子、森田峰人: Efficacy and safety of contained power morcellation for laparoscpic myomectomy within an isolation bag.  第71回日本産科婦人科学会学術講演,  名古屋、日本,  2019/04
37. ◎Sumito Nagasaki,Mayumi Takano,Sakuma Junya,Masahiko Nakata,Mineto Morita: Fetal demise after laser surgery for monochromic twin occur in recipient twin of TTTS or smaller twin of sIUGR.  第71回日本産科婦人科学会学術講演会,  Nagoya Japan,  2019/04
38. ◎Mayumi Takano, Masahiko Nakata, Sumito Nagasaki, Junya Sakuma, Eijiro Hayata, Ayako Oji, Toshimitsu Maemura, Mineto Morita: The prediction of twin-twin transfusion syndrome using velocity-time integrals of ductus venous flow.  第71回日本産科婦人科学会学術集会,  名古屋,  2019/04
国際学会
1. ◎Takehiko Tsuchiya, Yukiko Katagiri,Tomoko Sakamoto-Taniguchi,Masafumi katakura,Kentaro Namaoka,Yuko Hayashi,Yuusuke Fukuda,Toshomitsu Maemura,Mineto Morita: A retrospective study of 62 cases that had ectopic pregnancy with intraperitoneal hemorrhage exceeding 1000ml and necessitated blood transfusion.  ASPIFRE 2019,  Hong Kong ,China,  2019/05
2. ◎Yusuke fukuda,Yukiko Katagiri,Kento Usui,Mayuko Komori,Kentaro Nakaoka,Rika Hayashi,Ayumu Iro,Yuko Hayashi,Yuko Tamaki,Takehiko Tuchiya,Masahiko Nakata,koichi Nagao,Mineto Morita: Comparison of clinical results between GnRH antagonist stimulation method and progestin primed ovarian stimulation method.  The 9th Congress of Asia Pasific Initiative on Reproduction (ASPIRE 2019),  hong Kong ,China,  2019/05
3. ◎Yukiko Katagiri, Ayumu Ito, Yusuke Fukuda, Rika Hayashi, Kentarou Nakaoka, Yuko Hayashi, Yuko Tamaki, Akiko Takashima, Takehiko Tsuchiya, Mineto Morita: COMPARISON OF SERUM CHORIONIC GONADOTROPIN LEVELS AT EARLY PREGNANCY WITH ASSISTED REPRODUCTIVE TECHNOLOGY AND WITHOUT ASSISTED REPRODUCTIVE TECHNOLOGY.  The 30th Asia-Pacific Endocrine Conference,  Taipei, Taiwan,  2019/04
4. Rikitake T, Tsuchiya T, Katakura M, Nakaoka K, Maemura T, Katagiri Y, Nakata M, Morita M: Laparoscopic cystectomy of ovarian teratoma with minimally invasive 3.5 mm trocars complicated with anti-NMDA-receptor antibody negative encephalitis.  71th JSOG,  Nagoya,  2019/04
5. ◎Tkahiko Tsuchiya, Yukiko Katagiri,Masafumi Katakura,Kentarou Nakaoka,Yusuke Fukuda,Tomoko Taniguchi Sakamoto,Toshimitsu Maemura,Mineto Morita: Retrospective study of hemorrhagic in laparoscopic myomectomy.  The 71st Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology,  Nagoya,Japan,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者